いい大人だからそろそろ克服したいこと

1

映画『ファインディング・ドリー』は全国公開中

大ヒットを記録した『ファインディング・ニモ』の続編となる本作。ニモの親友のナンヨウハギのドリーが繰り広げる冒険で、重要な役割を果たすタコのハンクとジンベエザメのデスティニー。それぞれの日本語吹き替え版キャストを務めた上川隆也と中村アンが、アフレコ体験を振り返り、ディズニー/ピクサー作品への愛を語った。

声の工夫が裏目に出てNGに!?

Q:ディズニー/ピクサーの最新作に出演が決まったときのお気持ちは?

上川隆也(以下、上川):初めはオーディションとしてお話をいただいたんです。通るかはわからないけど、オーディションを受けられるだけでうれしかったです。この作品のキャスト候補にしていただいただけでも光栄でした。

中村アン(以下、中村):わたしは、ディズニーが大好きだということをずっと周りのスタッフに話していたんです。オーディションというチャンスをいただけて、本当に緊張したんですけど、とにかくその好きという思いをぶつけたという感じでした。決まったときは、めちゃくちゃうれしかったです!

Q:ミステリアスだけど頼りになるタコのハンク、お茶目で泳ぎが苦手なジンベエザメのデスティニー、アフレコの際に工夫した点は?

上川:本国でハンクを演じられた声優の方が低いハスキーボイスだったので、初めはその声に寄せようとしたんですけど、何回やってもOKが出なかったんです。だんだん地声に近づくにつれ、OKをいただける確率が上がっていきました。工夫しようとしたことによって、むしろ時間がかかる結果になってしまったというわけです(笑)。

中村:わたしは初心者だったので、とにかく明るく元気に、思い切り声を出すことだけで精一杯でした。一番難しかったのが、クジラ語でしゃべるシーン。「アーッ」って高い裏声を出したり、「オーッ」と低い声を出したり、まるでジェットコースターのように変化をつけながらしゃべるので、恥じらいをなくさないとできないんです。収録の後半をクジラ語のシーンにしてもらって、アフレコに慣れたころにやらせてもらいました。

上川:映画を観ていると、デスティニーが中村さんの声だって忘れられるんですよね。吹き替えの仕事って、それが大きな醍醐味(だいごみ)だと思うんです。本編中では誰の声かまったくわからずに、あとで知って驚くくらいが楽しい。それを中村さんのお芝居で感じることができたので、素晴らしいと思いました。

中村:ありがとうございます。上川さんのお芝居は、さすがだと思いました。ハンクの登場シーンの声がすごくカッコイイんです!

ドリーとハンクは友情?それとも恋?

2

Q:今回、特に印象に残っているシーンと言えば?

中村:八代亜紀さんの声!

上川:素敵でした。

中村:詳しくは言えないんですけど、音の使い方とか、面白いシーンがたくさんあるんです。新しいキャラクターたちもすごくカワイイ。ただ、試写では自分の声を気にしながら観てしまったので、映画館でもう一度観直したいです。

上川:ハンク絡みですと、ドリーとハンクが初めて寄り添うシーンがあります。それまで、どこかギクシャクした関係だったドリーとハンクに、そうではなくなる瞬間が訪れる。そこが印象深いです。誰かが誰かを大切に思う気持ちが伝わってくる作品だなと。映像的なことだと、前作は海中の生き物たちの冒険として設定されていましたが、今回はそれを踏襲しつつ、さらに海以外の場所で冒険させてみようという試みがあります。そのために登場させたのがハンクとも言えます。擬態能力があるタコの習性を巧みに使って、冒険のフィールドを広げてみせたのが本当にうまい。作品観になじんでおられた方も、ちゃんと裏切ってもらえると思います。

Q:ドリーとハンクの関係性は、友情を超えた部分があるような気がしました。

上川:ドリー役の室井(滋)さんは、「ドリーはハンクが好き」っておっしゃっていました。でも、どうなんでしょう……?

中村:わたしもそれは感じました。お互いに好きじゃなかったら、あんなに密着できないと思うんです! ニモとマーリン以外であんなに密着している魚たち、いないですから(笑)。

上川:なるほど、そこは女子ならではの視線ですね(笑)。

いい大人だからそろそろ克服したい

3

Q:海が好きではないハンク、デスティニーは泳ぎが苦手と、それぞれ克服すべきハードルを抱えていますが、お二人は克服したいと思っていること、過去に克服してきたことはありますか?

上川:僕は小学生の夏休みの宿題から綿々と「締め切り効果」にだけ頼って乗り切ってきた感があります。やらなければいけないことを、やらなければいけないギリギリになるまでやらない(笑)。

中村:意外! 上川さんは宿題とかも3日前には終わっていそう(笑)。

上川:イヤ全然。「明日がある」と思ってしまうタチなんです。あらかじめ行動ができるようになりたいですね。いい大人なんだから(笑)。

中村:わたしは、昔はすごい人見知りでした。

上川:えっ、本当に!?

中村:はい。もともと、人に対する関心度が低かったような気がするんです。あと、お仕事で立場が上の方に話し掛けるのが恥ずかしかったです。なんか、自分をアピールするようで嫌だな、とか。でも、社会人になってからの人見知りって、言い訳のような気がしてきたんですよね。だから、なるべく自分の気持ちを伝えるようにしました。例えばファッション雑誌の編集長に、「いつか表紙がやれたらいいんですけどねー(笑)」みたいな感じで。そんなこともあって、人見知りを克服できたんです。

上川:ちゃんと気持ちを伝えることが大事なんですね。

中村:今回の声優も、わたしの「ディズニーが好き」という気持ちが伝わった結果なのかもしれません(笑)。

取材・文:斉藤由紀子 写真:奥山智明