『青空エール』土屋太鳳 インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

トランペットと寝る時も一緒

1-500
映画『青空エール』は8月20日より全国公開

『高校デビュー』『俺物語!!』の原作者・河原和音の人気コミックを映画化した『青空エール』。吹奏楽部員として、野球部員の大介を応援するヒロインのつばさを演じた土屋太鳳が、本作の“胸キュン”ポイントを紹介する!

トランペットで思いを伝えるために

Q:大ヒットした『orange−オレンジ−』に続き、人気コミックの映画化で主演を務めることについて、どう思いましたか?

『orange−オレンジ−』の撮影中に、このお話をいただいたんですが、野球と吹奏楽に青春を懸ける高校生のお話だと聞いて、とてもうれしかったです。私は小さい頃から野球が好きで、弟も野球をしていましたし、姉も大学の応援団にてチアをしていました。応援の一体感やそれによって試合の展開が変わっていく感じがスゴくすてきです。それにピアノを弾くのも好きなので。野球と音楽という好きなものが一緒になった映画は、なかなかないと思います。

Q:吹奏楽部に入部するつばさを演じる際、多忙な中でトランペットの練習する覚悟はいかがでしたか?

トランペット経験者の方が見ると、きちんと吹けていなかったり、指先がおかしかったりするとすぐに分かってしまいます。なので、トランペットを練習することがつばさちゃんの役づくりだと思いました。練習期間は4か月ぐらいです。原作と同じように、トランペットを“ニコちゃん”と名付けて、毎日持ち歩いてできるだけ触ったり、寝るときも一緒に寝たりなど、とにかく愛情を注ぎました。練習中に家でテレビを付けると、たまたま高校野球の決勝戦が放送されていました。そこで「智弁ファンファーレ」が流れていたので、私も合わせて吹いてみたのですが、応援する気持ちが先走って、指が全然追いつきませんでした。気持ちを込めて演奏するには、もっと練習しなければいけないと思い、より練習に打ち込みました。

Q:劇中では、高校1年と3年生のつばさを演じましたが、トランペット演奏ではどのような違いを出しましたか?

つばさちゃんが1年生のときの演技としては、「大介くんに届け!」という気持ちはありますが、やっぱり吹くことで精いっぱいなんです。でも、3年生になったときの演技としては、吹くことに関してどこか余裕があって、ちゃんと演奏を通して、「大介くん頑張れ!」という気持ちもしっかり伝えることができている。その違いを出したつもりです。

やらなきゃいけないときは必ずある

2-500
映画『青空エール』は8月20日より全国公開

Q:個人的に胸キュンしてしまったポイントは?

大介くんが運動靴に書いたニコちゃんマークをつばさちゃんが見るシーンは、キュンとしますね。落ち込むとすぐに足元を見てしまうクセがあるつばさちゃんに、「そのクセ直しなよ」と言うのではなくて、「下を見ても、このおまじないがあるから大丈夫」というメッセージが込められていますからね。そんなことを言ってくれる大介って、本当に素敵な人だと思いました!

Q:そんな大介は野球を優先するため、つばさからの愛の告白を断りますが、彼のように恋愛より、自身の夢を選ぶ男性をどのように思いますか? また、土屋さんだったらどうしますか?

何かに必死にならなければいけないときは、誰にでもあると思うんです。そのときはそこに集中した方がいいので、夢を選ぶのは素敵なことだと思います。私もあまり器用ではないので、大介に似ているかな? とも思います(笑)。つばさちゃんはうつむくことが多いけれど、自分のコンプレックスに対して、正直というか、自分の弱さを知っている子だと思うんです。きちんと自分の気持ちを伝えられる、実は強い子という点は私と異なるかもしれません。

Q:白翔高校吹奏楽部には「一心不乱」の標語が掲げられていますが、土屋さんが一心不乱になった事はありますか?

NHKの連続テレビ小説「まれ」のときは、一心不乱でないとやり通せなかったというか、自分のできなさを実感して、日々勉強の期間だったと思います。大変なことだけではなく、楽しいことも、感謝することもたくさんありましたし、とにかくひとつひとつのシーンに必死でした。そんな中で、共演した草笛光子さんに「これからも頑張ってね」と応援の言葉をかけていただいたときは、とてもうれしかったです。お仕事に対しては、今も一心不乱ですね。体育会系なので、負けず嫌いなんです(笑)。

体育会系だった青春時代の想い出

3-500
映画『青空エール』は8月20日より全国公開

Q:そんな体育会系な土屋さんにとっての青春を教えてください。

体育祭も文化祭も、ファミレスで友達とテスト勉強をしたこともあります、それが青春ですね。部活も中学のときはバスケ、高校のときは創作ダンスをやっていました。ダンスは練習風景を見た瞬間、「ここに入部したい!」と思ったぐらい、ちょっと運命的な出会いでした。まるで白翔の吹奏楽部のように礼儀に厳しく、仕事との両立でいろいろ悩んだこともありました。そのとき、顧問の先生に「弱気になるな! そのままの太鳳でいいんだから、思ったことは言いなさい!」と励まされたこともあります。そういう時期があって、今の私がいるんだと思います。

Q:つばさを演じていて、そんな青春の懐かしさを感じましたか?

ダンスでは全国大会にも出場したんですが、今回コンクールの舞台裏で、みんなで手を繋いで出番を待っている感じとか、結果発表の瞬間とか、懐かしい思い出がよみがえりました。あと、誰かが退部してしまったり、顧問の先生が怒ってしまったり、部内が上手くいっていないときに流れる空気感とかも、とてもリアルに感じました。

Q:撮影時の印象に残ったエピソードがあれば教えてください。

多くのエキストラの方が参加してくださった野球場のシーンは印象的でしたね。長い拘束時間の上、暑かったり寒かったりしましたが、みなさんのおかげで緊張感のある映像になりましたし、私もつばさちゃんとして大介くんに、音という名の言葉の気持ちをしっかり伝えることができたと思います。

Q:個人的には『るろうに剣心』で披露したアクションがまた見たいですが、抜群の身体能力を生かした役に挑戦したいですか?

私は体を動かすことが好きで恋愛には疎い性格なので、ラブストーリーなどに出演していいのかな? と思ったこともありますが、今いただける仕事を一生懸命することで、次の仕事に繋がることも多いと思います。未来を作るのは今だと思っているので、お仕事にもプライベートにも意欲的に向き合って今を大事にしていきたいと思います。実はいつアクション映画のお話が来てもいいように、常に腹筋と背筋は鍛えています!

取材・文:くれい響 写真:高野広美

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)