“信仰なき日本人”にこそ刺さる! スリル満点の『沈黙-サイレンス-』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=轟夕起夫/Avanti Press

25.jpg
ロドリゴ役のアンドリュー・ガーフィールドを演出するマーティン・スコセッシ監督
(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

任務遂行のスリルを描いた「ミッション」ものの系譜

遠藤周作原作、巨匠マーティン・スコセッシ監督の宿願の映画、『沈黙-サイレンス-』がついに日本公開された。のだが! 「なんか宗教の話らしいけど、眠たそうじゃん。俺とは関係なくね?」とか、「それって隠れキリシタンが弾圧されるんでしょ? わたし、そもそもキリスト教徒じゃないしぃ〜」と観る前から敬遠している方々も案外多いのではないか。

いやいや、ちょっとお待ちを。

この映画は「眠たくもない」し、「敬虔なキリスト教徒だけのもの」でもなく、われわれ煩悩に満ちた人間にこそ“刺さる作品”なのであった。まず構造としてこれは、ぶっちゃけ観る者をハラハラドキドキさせる一種の「ミッション」ものの系譜にある。すなわち17世紀江戸初期、ポルトガル人のイエズス会士ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライバー)が密航して長崎へと秘密裏に侵入するところから、ハラハラドキドキは始まるのだ。彼らの命がけの「使命」「任務」は、激しいキリシタン弾圧によって棄教したらしい師フェレイラ(リーアム・ニーソン)の真偽を確かめること。見つかったら万事休す。なので言葉もわからぬ異国の地に潜伏して、情報を集めていく。

35.jpg
フェレイラ(リーアム・ニーソン)の棄教を確かめるというミッション
(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

と同時に、指導者フェレイラがどこかに消えて、絶望する村の隠れキリシタンたちの心の支えにもならなくては。もとより「ミッション」という言葉には「伝道」の意味が備わっていて、語源はラテン語で「投げる、送る、知らせる」などを意味する動詞 “mittere”。つまりは「神の言葉を送り届ける」のが「使命」であり「任務」の根幹なのであった。

しかし、そうした「ミッション」がことごとく妨げられていき、彼らはとてつもない受苦を味わうことになる。隠れキリシタンを厳しく取り締まる長崎奉行によって、これでもかと拷問が行われ、身を潜めたロドリゴとガルペはといえば何も出来ず、目の前の信仰に殉じていく村人たちを見殺しにするしかなく、ひたすら自分の無力を痛感させられる。のちに2人も役人の手に落ち、「棄教しなければ信者たちを処刑する」と迫られ、ダブルバインド(二重拘束)状態に置かれていっそう苦しむことに。「ミッション」失敗の流れの中で、どーする? どーなる? ハラハラドキドキが募ってゆく。

スコセッシが強く魅せられた“裏切り者”キチジロー

16.jpg
愚かで弱いキチジローを窪塚洋介が熱演
(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

ここでキーになるのが、マカオから彼らを案内してきたのがキチジロー(窪塚洋介)だ。キチジローは愚かで弱い存在。キリシタンではあるけれども、何度も背信しては(ロドリゴを通して神に)赦しを求める。原作者・遠藤周作の分身的キャラクターだが、スコセッシ監督もこのキャラクターに強く魅せられ、本作をつくったことが分かる。司祭になろうと思いたち、14歳のときに神学校に入学したものの、女の子とロックン・ロールに夢中になり過ぎ、あえなく放校処分に。そんなスコセッシ少年がカトリックの小学校時代、若い司祭に映画館へと連れて行かれ、フェイバリットな一本となったのがエリア・カザン監督の(神父も重要な役割を果たす)『波止場』(1954年)である。マーロン・ブランド扮する心迷える港湾労働者が、正義と地元を牛耳るマフィアとの板挟み(まさにダブルバインド状態!)になる苦いドラマ。どれくらいフェイバリットかというと、かの『レイジング・ブル』(1980年)に劇中のセリフを引用しているほどなのだ(ちなみにエリア・カザン監督も、“赤狩り”の密告者として板挟み人生を送ったひとり)。

そう、裏切りや罪の意識に苛まれ、心迷える者こそがスコセッシ映画の主人公にふさわしい! 崇高な「ミッション」を担って、初めは毅然としていた宣教師2人、特にロドリゴがハラハラドキドキさせながら、次第にキチジロー化してゆくところが『沈黙-サイレンス-』の肝の部分。ロドリゴの写し鏡がキチジローであり、演じるアンドリュー・ガーフィールドはどんどん窪塚洋介に容姿が近づいていく。「この世の中において、弱き者が生きられる場所はあるのか?」とロドリゴに問いかけるキチジローの配役はとりわけ難航したそうだが、これは窪塚洋介でなければならなかったのだ。

最後にダメ押しでもう一度。

本作は「眠たくもない」し、「敬虔なキリスト教徒だけのもの」でもない。大いに心迷える、われわれ煩悩に満ちた人間にこそ“刺さる映画”なのである。

43.jpg
『沈黙−サイレンス』は現在上映中
(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

poinco_tori

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
公開日情報なし
公開日情報なし