「初脱ぎ」披露したnon-noモデル遠藤新菜インタビュー 映画『無伴奏』にかけた熱量

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

激動の1970年前後を舞台に、秘密の恋に揺れ動く男女の切なく耽美なラブストーリーを描いた映画『無伴奏』が、3月26日(土)から公開されました。

成海璃子、池松壮亮、斎藤工など、若手実力派俳優たちの体当たり演技が注目される本作で、斎藤工扮する祐之介の恋人エマを演じ、 “初脱ぎ”を披露した遠藤新菜さんにお話を伺ってきました。
遠藤さんは、雑誌「non-no」の専属モデルとしても活躍中です。

無伴奏遠藤新菜01衣装協力:MIDDLA(ミドラ)

Q:出演が決まったときの感想を教えてください。

遠藤さん:

決定の報告は、マネージャーから電話で受けました。
「出演が決まったよ!」と言われて、びっくりしてしまい「本当ですか?本当?」と何回も聞いちゃいました。
うれしくて、「ぜひやりたいです!」と、すぐに返事しました。

Q:矢崎監督とは、役作りについてどのようなお話をしましたか?

遠藤さん:

監督から、「こうしましょう。」という具体的な指示はありませんでした。
基本的には、私の自由にやらせていただいていましたが、演技で煮詰まりそうになると、必ず監督が来てくれて、「このシーンはこういう意味のシーンなんだよ。」と、情景的な説明をしてくださいました。
そのときは、私からも気になったことをその場で質問して、役作りをしていました。
さぐりさぐりではありましたが…、一生懸命演じました。

Q:遠藤さんとエマの共通点は?

遠藤さん:

立ち振る舞いという部分では、私自身とエマは、そこまで遠く離れていないかもしれないです。
エマほど、初対面の人に踏み込めないですけど、私もたまに「変わってるね。」って言われる方なので(笑)。そこまでエマの立ち振る舞いに対して驚かなかったです。
エマは、祐之介のことを一番に考えていて、他のことはどうでもいいところもあるんですけど、意外と気をつかう子でもあるんじゃないかなと思います。
気をつかっちゃうところは、私と似ているなって思いますね。

Q:本作での“初脱ぎ”披露が話題になっていますが。

遠藤さん:

ラブシーンがあることは、出演が決まったタイミングとほぼ同時に聞きました。
まだ、出演決定について驚いている状態だったので、そのときは脱ぐことについて何とも思っていなかったんです。撮影が近づくにつれて、ちょっとずつ意識しました。
撮影予定の日、他のシーンの撮影が長引いてしまい、撮影が延期になっちゃって…。
かなり意気込んではいたんですけど、延期になったことで吹っ切れて、撮影当日は力が入り過ぎない演技ができたと思います。

無伴奏04

私の中では、濡れ場っていう印象はあまりなかったですね。
ただただ愛を深めるというよりは、響子と渉に向けたメッセージ性のあるラブシーンなので、祐之介さんに酔いしれているだけじゃだめだと、考えながら演技をしていました。
撮影現場より、出来上がった映像を見たときの方が、恥ずかしかったですね。

無伴奏05

Q:成海璃子さん、池松壮亮さん、斎藤工さんとの共演はいかがでしたか?

遠藤さん:

撮影中は、いつも4人でいました。
自分の恋愛観や、どういう人が好きとか、青春!という感じの話から、小学生レベルの他愛のない話まで、いろんな話をしました。
楽しい現場だったんですけど、みなさん撮影に入ると、瞬間的に変わるんです。スイッチが入るというか、役に入り込む感じがすごくて…。
自然に切り替えているのを見て、とても勉強になりました。
特に、池松さんと斎藤さんは、体力的に消耗するシーンが多かったんですけど、スイッチを切り替えて、常に集中していたので、すごいなって思って見ていました。

Q:「non-no」の専属モデルと女優のお仕事の違いは?

遠藤さん:

見られるという点では共通しているんですけど、演技の方が精神力を使うというか…。
モデルの仕事も、夏の暑い時期に厚着をしたり、冬にタンクトップ1枚になったり、大変なことも多いんですけど、演技は、ずっと頭をつかい、セリフを話して…消費する熱量は違いますね。
演技の場合は、かっこ悪い自分を見せることを怖いと思っていたら、いい演技はできないと思います。
まだ、モデルの仕事と演技の仕事を同時進行していると、てんやわんやしちゃいますが、全然違う2つのことをやらせていただけるのは、幸せだなぁって思っています。

Q:お仕事に対してのモットーは?

遠藤さん:

仕事については、変なこだわりを持たないように心がけています。
濡れ場もそうですけど、恥ずかしいからなど、その場の感情で決めないようにしています。
せっかくのチャンスを無駄にするのは、もったいないので、客観的に考えるようにして、いろんな事にチャレンジしていきたいです。

無伴奏遠藤新菜03衣装協力:MIDDLA(ミドラ)

『無伴奏』
R15+
2016年3月26日、新宿シネマカリテほか全国ロードショー
©2015 「無伴奏」製作委員会

記事制作 : CinemaGene(外部サイト)

関連映画