菅田将暉 変わる魅力と、変わらないこと

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

菅田将暉くんの活躍が止まらない。
2016年に入り、すでに公開された映画2本のほかに、7本の出演映画が決定。
テレビドラマでは、福山雅治4月スタートの「ラブソング」にヒロインに思いを寄せる幼なじみ役、CMではあの鬼ちゃん役以外にも、ゲーム会社や下着メーカーなど、幅広く出演が決まっています。

変わる魅力、変わらないこと

菅田くんは、第21回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」ファイナリスト。このコンテストで、現在の事務所に所属することが決まりました。
その後、2009年「仮面ライダーW」で桐山漣とW主演決定。最年少ライダーとして一躍注目を集めます。

映画配給会社の担当によると、 菅田くんは、デビュー当時から今も変わらず「特別な理由がない限り、仕事は断らないことをモットーとしている」。 また、マネージャーの意見を取り入れ、撮影現場のスタッフを大切にすることは今も心がけているとのこと。
仮面ライダー役の俳優は、一年間ライダー役を忠実に演じることで、表現力・役作りの方法はもちろんのこと、スタッフとのやりとり・現場での立ち振る舞いまで教え込まれます。 出演作が増えたからといって、態度を変えることなく、真摯に役に取り組むという菅田くんの考え方は、仮面ライダー時代に教え込まれたことだそう。

変わらないモットーとは反対に、菅田くんの魅力の一つは「役柄によって変わること」。狂気的な役も演じることができるし、ごく普通の高校生を演じることができる。髪型・髪色の変化もいとわない。同年代の俳優の中でも、ここまで「役柄によって変わること」のできる振れ幅の広い俳優はいないのでは?と感じます。作品ごとに違う菅田くんが見れることは楽しみです。

ここから先は、魅力いっぱいの菅田くんが出演する、これから公開の映画を紹介します!

菅田くん出演 今後の公開作品

『暗殺教室 ~卒業~』(3月25日公開)
コミックス累計発行部数1800万部超、「週刊少年ジャンプ」にて連載中の人気マンガの実写映画『暗殺教室』の続編。前作は、2015年度邦画興行収入ランキング10位と大ヒットしました。
地球破壊を宣言する“殺せんせー”の暗殺を政府から託された3年E組の生徒たちは、地球を救い、無事卒業できるのか!?
前作に引き続き、菅田くんは、頭の回転が速く、騙し討ちが得意な赤髪の赤羽業(あかばねかるま)役を演じます。 暗殺教室菅田将暉

『ディストラクション・ベイビーズ』(5月21日公開)
喧嘩の果てになにがあるのか。若者の狂気と欲望を圧倒的な強度と密度で描いた日本映画史上もっとも過激な衝撃作。
菅田君は、 主人公・泰良(柳楽優弥)に興味を持ち、声をかけ、一緒に行動する北原裕也役を演じます。
その他の出演者は、泰良の弟・将太役に村上虹郎くん、強奪した車に乗り合わせた少女・那奈役に小松菜奈ちゃん、池松壮亮くん、北村匠海くんなど、注目の若手俳優が出演します。

『二重生活』(6月25日公開)
見す?知らす?の他人を尾行し、 いつしか禁断の行為にはまっていく新感覚の心理エンターテインメント 菅田君は、尾行にはまってしまう大学院生・珠(門脇麦ちゃん)と同棲中の彼氏役。『ディストラクション・ベイビーズ』とうってかわって、癒し系のビジュアル。二重生活菅田将暉

『セトウツミ』(7月2日公開)
関西の男子高校生2人。放課後に「喋る」だけ。ほぼ全編が瀬戸と内海の関西弁による掛け合いという究極の会話劇。 菅田くん演じる瀬戸は、天然な元サッカー部員、池松壮亮くん演じる内海は、クールな塾通い。 見た人がみんな「菅田くんってこういう高校生だったのかも」と思うくらい自然な演技です。セトウツミ菅田将暉

『何者』(10月15日公開)
就活の情報交換のために一つの部屋に集まった、5人の22歳。
海外ボランティアの経験、サークル活動、手作り名刺、SNS、業界の人脈…。様々なツールを駆使して戦っていく就活生たち。
企業に入れば「何者」かになれるのか、自分は「何者」なりたいのか―。
菅田くんが演じるのは天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎役。
その他、拓人役に佐藤健くん、瑞月役に有村架純ちゃん、理香役に二階堂ふみちゃん、隆良役に岡田将生くんが出演します。

『デスノート 2016』(10月29日公開)
デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。
菅田くんが演じるのは、サイバーテロリスト紫苑優輝(しえんゆうき)。狂気の天才・紫苑優輝をどう演じるのか気になります。

『溺れるナイフ』(秋公開)
まだ何者でもなく、何者にでもなれると感じる「10代の一瞬間(=全能感)」の謳歌、挫折、そして再生を、夏芽とコウを通して、激しくも儚く、そして美しく描かれる壮大なラブストーリー。
恋愛映画としては<初>主演となり、小松菜奈ちゃんとのW主演となります。 溺れるナイフ菅田将暉

どこにでも居そうな高校生から、狂気的な役、繊細なイケメン役まで、幅広く演じることができる菅田くんから、まだまだ目が離せそうにありません。ファンとしては、年齢相応な胸キュンラブストーリーを演じて、菅田くんの素な部分も少し見てみたい気もしますが…、これからも活躍が楽しみです。

『暗殺教室 ~卒業編~』
2016年3月25日全国東宝系にてロードショー
©2016 フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT
©松井優征/集英社

『ディストラクション・ベイビーズ』( R-15)
©2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

『二重生活』(R-15)
6月25日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー!
©2015『二重生活』フィルムパートナーズ

『セトウツミ』
7月2日(土)新宿ピカデリーほか全国公開
©此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013  
©2016映画「セトウツミ」製作委員会

『溺れるナイフ』
2016年 秋 全国ロードショー
© ジョージ朝倉/講談社 © 2016「溺れるナイフ」製作委員会

この記事で紹介している作品

暗殺教室 ~卒業~
ディストラクション・ベイビーズ
二重生活
セトウツミ
デスノート 2016
溺れるナイフ

記事制作 : dmenu映画