“リアルお嬢様”河北麻友子!「3代目・白鳥麗子」はハマリ役だった

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

KPC『白鳥麗子でございます!』/講談社

累計1700万部を超える大ヒットコミック『白鳥麗子でございます!』が2016年に20年ぶりにドラマ&映画化されました。実に3代目となる主役の白鳥麗子を演じたのは、河北麻友子。実は彼女、コミックの登場人物の“白鳥麗子”顔負けのニューヨーク育ちの生粋のお嬢様でした!

■破格のお嬢様エピソード

河北麻友子の芸能界デビューは、2003年「第9回全日本国民美少女コンテスト」でグランプリとマルチメディア賞をW受賞したことから始まります。当時、まだニューヨークに住んでいた河北が本格的に日本で芸能活動を始めたのは2008年から。2010年にバラエティ番組に出演した際には、「ニューヨークの実家の隣に歌手のビヨンセが住んでいる」「近所には俳優のロバート・デ・ニーロが住んでいる」と明かし、共演者や視聴者を「正真正銘の超お嬢様に違いない…」を驚愕させました。

2013年に行われた「ユニクロ」のイベントでは、154種類あるワンピースの中からどれを買うか迷った時には「全部買っちゃえ!」と、豪快なアドバイスをお客さんに送っています。「私も迷った時は全部買って、怒られる」と、お嬢様の河北じゃないとなかなかできないようなリアルなアドバイスだったようです。「この商品を全部ください!」という台詞、お店で一度は言ってみたいものです……。

■2人のイケメンの間で揺れ動く劇場版

2016年1月から始まった『白鳥麗子でございます!』では、自他共に認める美貌と高すぎるプライド、ちょっと世間知らずで恋する時はピュアな白鳥麗子のキャラが、まさにハマリ役の河北。劇場版では、ドラマに引き続いて哲也役の水野勝が登場し、原作にはないオリジナルキャラクターとして、クールな大手企業の御曹司・桐生希一役の小林豊も登場します。

仲良く同棲生活を送っている哲也と麗子が、2人の故郷・下田に帰省し、哲也の家族に会うことに。「とうとう夢見ていたプロポーズ!?」と、麗子は期待に胸を膨らませますが、地元のリゾート開発問題や桐生希一との政略結婚の話なども浮上。さらに哲也と親しい幼なじみの女の子・留美も登場するなど、予想外の展開が待ち受けています。

哲也と麗子の生まれ故郷を舞台に、麗子は子供の頃から一途に思いを寄せる哲也とついにゴールインするのか? 別の相手を選ぶのか? 天真爛漫なお嬢様を地で行く河北のかわいらしさ全開の『白鳥麗子でございます! THE MOVIE』を見て、ぜひ確かめてみてくださいね。

(文/岩木理恵@HEW)

記事制作 : dmenu映画

関連映画