『シビル・ウォー』公開間近!「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」徹底解剖!

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る
closeup_0415main

マーベルコミックスの人気キャラクターであるキャプテン・アメリカとアイアンマンの対立、そしてアベンジャーズの分裂を描く『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が4月29日に全国公開されます。いまや映画界を席巻する「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」ですが、「そもそもMCUって?」と思いつつも、いまさら聞けないという人にMCUがなぜヒットしたのか、そして今後の展望までをお教えします!

まずは基本編!

1.「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」って何?

MCUとは、マーベルコミックスを原作に、マーベル・スタジオが製作するスーパーヒーロー映画・テレビシリーズが共有する架空の世界。アメコミ(アメリカン・コミックス)では、同一の世界観を共有し、キャラクターやストーリーがクロスオーバーするのはよくあることですが、それを映画でやってしまおうというのがMCUの発想。

2.ちなみにマーベルコミックスって?


マーベルコミックス本! - Mario Tama / Getty Images

マーベルコミックスとは、「スパイダーマン」「X-メン」「ファンタスティック・フォー」「ハルク」「アイアンマン」などといった人気アメコミを生み出してきた出版社。「スーパーマン」や「バットマン」を抱えるDCコミックと並ぶ二大アメコミ出版社の一つとして知られています。1997年に倒産した後、「マーベル・エンターテインメント」として再出発するも悪戦苦闘。2009年にウォルト・ディズニー・カンパニーの傘下に入ります。

3.今まで公開されたMCU映画作品って?

【フェーズ1】

  • 1.『アイアンマン』(2008)
  • 2.『インクレディブル・ハルク』(2008)
  • 3.『アイアンマン2』(2010)
  • 4.『マイティ・ソー』(2011)
  • 5.『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)
  • 6.『アベンジャーズ』(2012)

【フェーズ2】

  • 7.『アイアンマン3』(2013)
  • 8.『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)
  • 9.『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)
  • 10.『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)
  • 11.『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)
  • 12.『アントマン』(2015)

これまでに公開されたMCUの映画作品は12本!「どの順番で観ればいいの?」と悩まれる方は、まず公開順に観ることをおすすめします。ちなみに時間軸の順番でいくと1940年代が舞台の『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』が最初。

ちなみにテレビシリーズも続々と誕生しています。

02
Netflixで配信中のデアデビル! - (C) Netflix. All Rights Reserved.

「エージェント・オブ・シールド」
「エージェント・カーター」
「Marvel デアデビル」
「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」などなど

4.どうしてマーベルコミックス原作の映画である『X-MEN』シリーズや『スパイダーマン』シリーズはMCUに含まれていないの?

実はマーベルが業績不振だった時期に、一部コミックスを映画化する権利を20世紀フォックスやソニー・ピクチャーズ エンタテインメントに譲っており、『X-MEN』シリーズや『スパイダーマン』シリーズは、マーベル・スタジオが手掛けているわけではないので、MCUとは世界観を共有していないのです。

図式化すると……

20世紀フォックス

『X-MEN』シリーズ、『ファンタスティック・フォー』、『デッドプール』など


どちらも新作、『X-MEN:アポカリプス』(8月全国公開)と『デッドプール』(6月1日全国公開)より -
(C) 2016 MARVEL & Subs. (C) 2016 Twentieth Century Fox(左) (C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.(右)

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『スパイダーマン』シリーズ、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなど

04
トビー・マグワイア主演版『スパイダーマン』とアンドリュー・ガーフィールド主演版『アメイジング・スパイダーマン』より -
Sony / Photofest / ゲッティ イメージズ(左)Columbia Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ(右)

(ちなみにDC作品を手掛けているのはワーナー・ブラザース)


ワンダーウーマンかっこいい!現在公開中の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』より-
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

こうなると、いろいろな不都合も生じるわけです……例えば、原作のコミックでは、「X-MEN」シリーズでおなじみのマグニートーの子であるクイックシルバーというキャラクターは『X-MEN:フューチャー&パスト』にも『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』にも登場しますが、全く別の俳優が演じていますし、20世紀フォックスが「X-MEN」シリーズの映画化権利を持っているので、マーベル・スタジオは原作の設定を用いることができない部分も多いのです。

しかし! 新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では、製作・配給の垣根を越えて、新スパイダーマンが登場するという、まさにアメコミ映画史上、いや映画史上で語り継がれるであろう、夢のような出来事が起こるわけです。

06
新スパイダーマンの姿!『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』より- (C) 2016 Marvel.

ここで、マーベルファンのあなたはすでにお気づきに違いありません。スパイダーマンより早く、スタジオの垣根を越えて、マーベルコミックス原作の映像作品に頻出している、ある意味“ヒーロー”のような人物がいることを……!


スタン・リー様(93歳)この人なしではアメコミを語れません!- (C) Jason Merritt / Getty Images

それこそが、マーベルコミックスで「スパイダーマン」や「X-MEN」などを生み出したアメコミ界の巨匠、スタン・リーです。20世紀フォックスの『デアデビル』や『X-MEN』シリーズにも、ソニーの『スパイダーマン』や『アメイジング・スパイダーマン』にも、そしてもちろんMCUの作品にも幾度となくカメオ出演しています。

MCUが成功したワケ編


アベンジャーズ!- Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

1.王道のあえて逆をいく大胆さ!

MCUが成功した最大の理由はその大胆な構成と言えるでしょう。フェーズ(段階)という区切りを設けていることからもわかるように、全体の見通しを立てて映画化しています。アイアンマン、ハルク、ソー、キャプテン・アメリカとそれぞれのキャラクター単体映画でスタートし、全員主役級のキャラクターがヒーローチーム「アベンジャーズ」として一堂に会することに。まさに夢の競演となるわけです。20世紀フォックスが『X-MEN』シリーズを手掛け、後に『ウルヴァリン』シリーズをスピンオフ作品として始めたように、最近ではワーナー・ブラザースがDCコミックスの二大ヒーローを戦わせる『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を皮切りに一大プロジェクトを始動させたように、普通ならスーパーヒーローが集合する映画からスタートさせがちなところを、マーベルはあえて逆をいったわけです。

2.パズルのような感覚……おまけ映像が面白い!


S.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリー!- Bobby Bank / WireImage / Getty Images

そして何よりもMCUの映画作品を面白くしているのはポストクレジットシーン。エンドロールが流れた後に映し出されるおまけのような映像のことです。これこそが次回作以降の布石になっていたりするわけで、ファンは「!!」と衝撃を受けたり、「こうなるのかな……」と作品を観た直後から、その後の展開についてあれこれ思いを巡らせてしまうわけです。例えば、『アイアンマン』のおまけ映像にはS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーが登場します。本編には出てこないので、「この人誰?」と思わずにはいられず、さらにはそれを演じているのがサミュエル・L・ジャクソンとなると明らかな大物感が漂い、わくわくせずにはいられない……。

そしておまけ映像に限らず、本編でも会話や小道具で世界観が一緒であることが確認できたり、何気ない会話だと思っていたものも、改めて観なおすと実は伏線になっていた……ということがあったり、観るたびに新しい発見があるのもMCUならでは。MCUという壮大な世界観に対して、1作ごとにパズルのピースをはめていくような感覚がクセになります。

3.変化球で新境地開拓!

Guardians of the Galaxy (2014) Directed by James Gunn Shown: Poster Art
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー! - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ファンを飽きさせないような工夫もたくさん。ヒーロー単体映画をひとしきり公開すると、いきなり今度は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で、犯罪歴のあるメンバーによって構成された異色のヒーロー集団ものをぶつけてくるところもさすが。もちろん世界観はつながっていますが、単体ヒーローが登場して比較的すぐに「アベンジャーズ」入りするのと違って、彼らが急にアベンジャーズと結びつくような気配は感じられず、MCUの中でアベンジャーズとは違う可能性を押し広げてくれそうな期待感が高まります。(アベンジャーズはエリートの集まりですし……)

Ant-Man (2015) Directed by Peyton Reed Shown: Paul Rudd (as Scott Lang/Ant-Man)
アントマン! - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

そしてこれだけヒーローものが続くと、ヒーロー単体映画にもなにか変化がほしい……。そんなときに公開されたのが、体長1.5センチになれる特殊スーツを着用し、娘のためだけに戦う『アントマン』。アントマンの設定自体がほかのヒーローと違い、かなり親近感の沸くものになっていると同時に、作風をファミリーコメディーに振り切っているのが功を奏します。結局のところ、マーベル・スタジオは原作がマーベルコミックスの限り何を作っても、ヒーロー映画。これを逆手にとって、ヒーロー映画が好きでない人も楽しめる“ヒーローものコメディー”を作り上げてきたあたりにマーベル・スタジオの並々ならぬ決意を感じ取れます。実際、アベンジャーズに興味のなかった人たちが『アントマン』をきっかけにMCUにはまったという声も耳にしますし、“ヒーローものホラー”“ヒーローものミステリー”なんていうのもいつか製作してほしいなーと期待をあおります。

4.キャスティングが巧妙!マーベル流ギャンブルの極意

Iron Man 2 (2010) Directed by Jon Favreau Shown: Robert Downey Jr.
トニー・スタークことアイアンマンで大ブレイク!ロバート・ダウニー・Jr - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

アイアンマンことトニー・スタークとして一躍ハリウッドのトップスターとなったロバート・ダウニー・Jrをはじめ、マーベルヒーローを務め、その名を知られるようになった俳優は数知れず。それも安全策を取らず、攻めの姿勢で好成績を残しているのがMCU。例えば、ヒットが必要不可欠だった第1作『アイアンマン』で、トム・クルーズがアイアンマン役に興味を示していたことは知られていますが、すでに地位を確立したトムではなく、麻薬の不法所持などで幾度となく逮捕され、刑務所へ1年間入所していた過去があり、当時あまりイメージが良いとは言えなかったロバートを抜てき。同作のジョン・ファヴロー監督は「ロバートの人生自体がトニー・スタークそのものだ」と感じたことがその決め手だったと USA TODAY のインタビューで語っています。まさしくファヴロー監督の言葉を証明するかのように、ロバートはアイアンマン役で完全復活し、『アイアンマン』はヒットを記録。

5.悪役が魅力的!ロキ様万歳

13
ロキ様! - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

『スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーや、『ダークナイト』シリーズのジョーカーのように、悪役が魅力的だと物語にも深みが出ます。MCUで言えば、『マイティ・ソー』シリーズの主人公である雷神・ソーの弟ロキはかなりの立役者。良き弟から一変、『アベンジャーズ』でアベンジャーズが結集する理由を作るまでの悪役に。俳優トム・ヒドルストンはハリウッドでほとんど無名に近かったものの、ロキ役で大ブレイク。ロキの人気ぶりはとどまることを知らず、ロキのスピンオフ作品を熱望するファンも多い……。

また、興行的にも批評的にも優れていた『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』は、なんといっても暗殺者ウィンター・ソルジャーの正体がキャプテン・アメリカにとって忘れることのできない人物だった……という点がその評判の良さにかなり貢献しているように思えます。そして、そんなウィンター・ソルジャーも登場する『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ではなんとアベンジャーズが分裂し、まさかのヒーロー同士がぶつかり合うという構図。そうやって、続々誕生するヒーロー映画での悪役不足を補っていくわけですね。どちらのチームを応援するかで、印象が変わる作品になりそう。

ちなみにそれぞれのチームのメンバー構成は……

【キャプテン・アメリカチーム】

  • キャプテン・アメリカ
  • ファルコン
  • スカーレット・ウィッチ
  • ウィンター・ソルジャー
  • ホークアイ
  • アントマン

14
キャプテン・アメリカチーム!※アントマン&ファルコンは写っていません - (C) 2016 Marvel

【アイアンマンチーム】

  • アイアンマン
  • ブラック・ウィドウ
  • ウォーマシン
  • ヴィジョン
  • ブラックパンサー
  • スパイダーマン

15
アイアンマンチーム!※スパイダーマンは写っていません - (C) 2016 Marvel

6.“マーベル女子”台頭!

かつて、ジョージ・ルーカスが『スター・ウォーズ』のマーチャンダイジングの権利(商品化権利)を20世紀フォックスから認めてもらい、その関連グッズでかなり儲けたという逸話がありますが、MCUの関連グッズの豊富さは『スター・ウォーズ』を彷彿させます。そしてここは、お互いディズニー傘下ということもあって、男性だけをターゲットにするのではなく、ファミリーと女性もターゲットにしたマーケティングが巧みです。その成果ともいうべく、昨年に引き続きトレンドになっているのが“マーベル女子”。これはマーベルのロゴやキャラクターがデザインとなったファッションアイテムなどを身につけている女の子たちのことです。

MCUの今後編

16
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を皮切りに始まるフェーズ3! - (C) 2016 Marvel

現在、タイトルが決定している今後の作品は以下の通り。

【フェーズ3】

  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(4月29日全国公開)
  • 『ドクター・ストレンジ(原題) / Doctor Strange』(12月全国公開予定)
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol. 2(原題) / Guardians of the Galaxy Vol. 2』(2017年5月5日全米公開)
  • 『スパイダーマン:ホームカミング(原題) / Spider-Man: Homecoming』(2017年7月7日全米公開、ソニーと共同製作)
  • 『ソー:ラグナロク(原題) / Thor: Ragnarok』(2017年11月3日全米公開)
  • 『ブラックパンサー(原題) / Black Panther』(2018年2月16日全米公開)
  • 『アベンジャーズ:インフィニティー・ウォー・パート1(原題) / Avengers: Infinity War -Part1』(2018年5月4日全米公開)
  • 『アントマン・アンド・ザ・ワスプ(原題) / Ant-Man and the Wasp』(2018年7月6日全米公開)
  • 『キャプテン・マーベル(原題) / Captain Marvel』(2019年3月8日全米公開)
  • 『アベンジャーズ:インフィニティー・ウォー・パート2(原題) / Avengers: Infinity War -Part2』(2019年5月3日全米公開)
  • 『インヒューマンズ(原題) / Inhumans』(2019年7月12日全米公開)

ここで紹介したいのがフェーズ3で登場する新マーベルヒーローたち。

『ドクター・ストレンジ(原題)』

17
ドクター・ストレンジ! - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ドクター・ストレンジを演じるのは、人気俳優ベネディクト・カンバーバッチ。不慮の事故に遭い、医学の道を閉ざされてしまった天才外科医のドクター・ストレンジが、魔術を習得し、ヒーローとして悪と闘う姿を描きます。悪役に“デンマークの至宝”という異名を持つマッツ・ミケルセン、そのほかにもキウェテル・イジョフォー(『それでも夜は明ける』)、ティルダ・スウィントン(『ナルニア国物語』シリーズ)、レイチェル・マクアダムス(『きみに読む物語』)、マイケル・スタールバーグ(『スティーブ・ジョブズ』)とハリウッド第一線で活躍している俳優陣が集結。

Celebrity Sightings in New York City - April 3, 2016
ベネディクト・カンバーバッチが流血アクション!共演のキウェテル・イジョフォーと - Michael Stewart / GC Images / Getty Images

どちらかというと「SHERLOCK(シャーロック)」などで冷静沈着なイメージの強いカンバーバッチが、どこまで熱いアクションを繰り広げてくれるのかに期待が高まります。

『ブラックパンサー(原題)』

Premiere Of Walt Disney Pictures And Lucasfilm's "Star Wars: The Force Awakens" - Arrivals
チャドウィック・ボーズマン - Jason Merritt / Getty Images

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にも登場することが明らかになっているブラックパンサー。単体映画でスタートを切らない初めてのマーベルヒーローです。そんなブラックパンサーにふんするのは、『42~世界を変えた男~』『ドラフト・デイ』のチャドウィック・ボーズマン。アフリカの小国ワカンダの国王ティチャラが、ブラックパンサーとして活躍する姿を描く。ティチャラ/ブラックパンサーは、国での責務を果たしながら、人並みはずれた身体能力の高さを利用して、アベンジャーズの一員としても戦います。

『キャプテン・マーベル(原題)』

スーパーヒロインであるキャプテン・マーベルことミズ・マーベル(キャロル・ダンバース)は、マーベル初の女性単独主人公映画になります。原作での設定が少々ややこしいのですが、キャロル・ダンバースはもともと、キャプテン・マーベル(マー・ベル)という男性ヒーローの恋人でした。ある事故がきっかけで彼女にも彼の力が宿ります。そしてミズ・マーベルとして活躍することになり、恋人キャプテン・マーベルと、彼の息子で同じ名前を受け継いだキャプテン・マーベルが亡くなったことなどを受けて、その名を踏襲することに。こうして女性のキャプテン・マーベルが誕生するわけです。(紛らわしいことにDCコミックにもキャプテン・マーベルというキャラクターがいますが……全くの別人です)映画版での詳細はベールに包まれています。

『インヒューマンズ(原題)』

インヒューマンズは超人的な能力を持つ種族。原作では、何億年も昔にクリー族(宇宙列強種族のひとつ。ちなみに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のロナンがクリー族)によって誕生した存在で、インヒューマンズは成人を迎えると「テリジェンミスト」と呼ばれる突然変異原を浴び、超人的な能力を手にします。各個人によってその能力も違うそうで、X-MENのミュータントに近いと言えるかもしれません。また、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でグルートの声を担当した俳優ヴィン・ディーゼルがインヒューマンズの代表ブラックボルト役を務めるのではとうわさされており、本人も海外メディアのインタビューで幾度となく好意的なコメントを残しています。ドラマ「エージェント・オブ・シールド」で、すでにインヒューマンズの存在が明かされています。

MCUに対して、白人男性を主役にしすぎとの批判も一部あがっていますが、今後の作品ではアフリカ系アメリカ人(ブラックパンサー)や女性(キャプテン・マーベル)が主演を務めるということからわかるように、昨今ハリウッドで問題になっている多様性の欠如にもMCUは取り組んでいくようですね。これからも拡大を続けていくMCUからしばらく目が離せそうにありません!

文・構成:シネマトゥデイ編集部 石神恵美子

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)