財布に優しい! セレブ好みのLAファッション・テク

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=ロサンゼルス在住ライター 町田雪

アカデミー賞などのレッドカーペットでは、有名デザイナーの特注ドレスと高価なジュエリーで着飾るセレブリティたちだが、街歩きやジム通い、デートの私服はいたってカジュアル。そして、年間通してラフ&リラックス・ファッションが主流のロサンゼルスでは、“超”がつくほど経済的に、セレブも好む流行ファッションを楽しむことができる。

ターゲット
LAローカル・デザイナーや「マリメッコ」とのコラボを行うターゲット

まず、欠かせないのは、大手量販店のデザイナー・コラボレーション・シリーズ。特に全米に1700店以上を誇る「ターゲット」のファッション・コラボには定評がある。ターゲットは、広い店内に日用雑貨から食料品、薬、子供用品、家具、洋服、靴にいたるまで、生活に必要なすべてのモノが詰まっているスーパーマーケット。ファション展開にも積極的で、トイレットペーパーを買いに来ただけなのに、ついつい数時間も服選びをしてしまった、というケースも多い。過去には、レディー・ガガやリアーナらも愛着する「アレキサンダー・マックィーン」や「プロエンザ・スクーラー」、「ジョセフ・アルチュザラ」などのコラボ・シリーズもわずか数十ドルで販売されている。

また「1足買うたびに、子どもたちに1足寄付」のチャリティで知られる人気靴ブランド「TOMS」、歌手グウェン・ステファニーが原宿ファッションに着想を得た「ハラジュク・ミニ」ライン、映画『アニー』の衣装デザイナーなどとのコラボもあった。今は、フィンランドのファッション・ブランド、「マリメッコ」とのコラボによる水着やワンピースを展開中だ。

ファッション・ディストリクト
ジム&ヨガ用レギンスや子ども用ドレスも充実のファッション・ディストリクト

ジムやヨガ用のウェアが充実しているのは、ダウンタウンの問屋街、ファッション・ディストリクト。レギンスやトップスが3枚20ドル(約2200円)程度で売られている。また、パーティ用のドレスや小物の掘り出しものを見つけるにも最適だ。一度ぐらいしか着ない(使わない)のなら、質や素材は妥協しても、デザインで遊んでみたいもの。以前、5ドル(約550円)で購入した赤のビーズのハンドバッグが、結婚式でおしゃれ女子の視線を独り占めしたことがあったが、ブランド物でほかの人とかぶるより、問屋街の掘り出し物で目立つのもありなのだ。

サンプルセール
毎月一度のサンプルセールに向かう人々/「TOMS」サングラスから「TKEES」のビーチサンダルまで合わせて計35ドル(約3800円)!

そのファッション・ディストリクトで行われているサンプルセールも狙いどころ。各ブランドのショールームに使われているファッション・ビルが、毎月一回、一般向けに開放され、各ブランドがサンプル品のセールを行う。LAのローカル・ブランド服はもちろん、「UGG」のブーツや、マイリー・サイラスやブレイク・ライブリーらも愛用する「TKEES」のビーチサンダルなどが、定価の10分の1ほどの値段で売られていたりする。サンプル品なので、汚れや縫製のほつれがあったりするものの、50ドル(約5500円)で全身コーデができるなら万々歳!

最後に、LAやニューヨークを中心に話題となっている“ファッション・トラック”にも注目。ファッションを学ぶ学生や新人デザイナー、スタイリストらが移動体トラック内で、服や小物を販売するものだ。狭い空間なのでアイテムは厳選されるが、リーズナブルな価格、オーナーとの親近感が魅力。車社会で広いLAでは特に、フードトラックのようにさらなるブームとなりそうだ。 * 1ドル=109円で換算

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)