ジョニー・デップ夫妻スピード離婚!ふたりの愛の軌跡をプレイバック

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

2016年2月15日第58回グラミー賞に出席するジョニー・デップと女優のアンバー・ハード(GettyImages)2016年2月15日第58回グラミー賞に出席するジョニー・デップと女優のアンバー・ハード(GettyImages)

ジョニー・デップ52歳と、アンバー・ハード30歳が、ついにというか、やっぱりというか、スピード離婚してしまいましたね。アンバー側が「和解しがたい性格の不一致」を理由に離婚申請し、慰謝料とは別に、月々の配偶者扶養手当を要求していて、これをジョニー側は却下するよう裁判所に請求中だそうです。ふたりはアメリカのセレブなら当然するプレナップ(離婚した場合の財産分与などを決める婚前契約)を交わしていなかったことが明らかになっていて、ジョニーにとって約4億ドルの資産の半分がもしかしたらアンバーのもとにいってしまうかもという危機に。ふたりとも離婚問題ではやり手と言われている弁護士を雇ったそうですが、泥沼の展開となる可能性は高い!?

■2011年、燃え上がるようにその恋は始まった

1998年頃から、一目ボレしたヴァネッサ・パラディを口説き落とし、ふたりの子どもをもうけて事実婚状態だったジョニー・デップ。インタビューでも「ヴァネッサは素晴らしい女性だよ」「子どもたちは僕に新しい世界を見せてくれた」などとノロケつつ、10年以上続いたこの関係は、2011年、『ラム・ダイアリー』で共演者アンバー・ハードと出会って一変。もともとホレっぽく、好きになったら一直線のジョニーは自立していてミステリアスなアンバーに急速に惹かれていき、ヴァネッサと別れることを決意。

■1度破局するもジョニーの猛烈アタックで復縁

こうして交際が始まったふたりだったけれど、ほどなくして破局。バイセクシャルを公言しているアンバーは元恋人の女性モデルと復縁していたけれど、諦めきれなかったジョニーが毎週のようにバラの花束を贈り続けたり、バハマに所有するプライベートビーチに彼女の名前をつけたりと情熱的にラブコール。その甲斐あってアンバーが戻ってくると、何万ドルもするカスタムメイドのジュエリーをプレゼントするなど、そのメロメロぶりが伝えられてきました。けれど、お互い激しい性格のためにケンカが絶えないと定期的に不仲説が報道されていて、実際は、最初の復縁後も、破局と復縁を繰り返していたと言われています。

■好きになったら婚約・結婚したいジョニー

ジョニーは歴代の恋人たちと必ずと言っていいほど婚約する、いわゆる“婚約魔”なので、アンバーとももちろん婚約します。バイセクシャルで若いこともあってアンバーは結婚には乗り気じゃなかったらしいけれど、ジョニーのふたりの子どもたちとも仲良くなり、婚約から1年後の2015年にLAのジョニーの自宅で挙式。晴れて正式に夫婦になったのでした。

■結婚直後から不穏な噂が続々

けれど結婚から2か月後、早速、「離婚秒読み!?」と報道されてしまいます。アンバーが友人に「もう何日もジョニーから連絡がない。電話にもメールにも返事がない。やっぱり結婚は無理だったんだわ」と不安を訴えているという内容で、さらにジョニーが禁酒を約束したのに、飲酒を止めないことにも辟易しているとか。そういえばジョニーは、アンバーと交際後の2014年頃から、映画祭のスピーチで泥酔状態で意味不明なことを口走ったり、激太りして周囲を唖然とさせたり、映画撮影中にエージェントやスタッフに何も告げずに突然失踪したり、日本での記者会見をすっぽかしたり、奇行が目立つようになっていました。

■そして結婚から15か月後…

結婚から15か月後の2016年5月23日、アンバーの方から申請された離婚。実はこの前々日にジョニーの母親が亡くなっているのですが、アンバーは義母と確執があったと言われているので、タイミングもあったのかもしれません。当のジョニーは、23日は新作映画のLAプレミアに出席しており、結婚指輪もつけたまま、普段と何ら変わらず楽しそうに過ごしていたのだそう。もしかしたらジョニーにとっても、離婚申請は寝耳に水なんてこともあったのかも? ジョニーは代理人を通じて「この問題が早く解決することを願っています」と淡々としたコメントを発表していますが、お金が絡むとなかなか早期解決とはいかないのが悩ましいところ。それにしても、「自立している」はずのアンバーが配偶者扶養手当を求めているのはちょっぴり意外な気も。愛の終わり方は予測不可能ですね。

(文・熊谷真由子)

記事制作 : iSM

シリーズ