ファンタジーなのにリアル。小泉今日子が演じる“母親像”のすごさ

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

前から不思議でした。キョンキョンが演じる母親像は、どうしてこんなにも胸を打つのだろう…と。きっと、一番馴染み深いのは、NHKの朝の連続テレビドラマ『あまちゃん』に登場した“アキちゃんのママ”こと、天野春子役ですよね。でも、女優・小泉今日子の演じる母親像のすごさを堪能できるのは、『あまちゃん』だけじゃないんです。

■自らのトラウマと向き合い脱皮する『空中庭園』の母・絵里子

誰もが認める“アイドルの象徴”であるキョンキョンが、子どもの心配をしたり、夫への不満を抱えていたりする姿に、果たして違和感を覚えないでいられるのだろうか。そんな不安を見事に覆したのが、角田光代原作の映画『空中庭園』で演じた主人公の絵里子でした。実の母親との確執に悩みながら、「隠しごとは一切しない」という特殊なルールを掲げ、良き母・良き妻として、自ら築き上げた「家族の幸せ」を必死で守ろうとする、心の奥底に深い闇を抱えた女性・絵里子。そんな複雑なキャラクターさえ、見事に演じきれてしまえるのは、芸能界の荒波をくぐり抜けてきたキョンキョンだからこそ。ホラー映画さらながらのベランダの絶叫シーンは必見です。

■一見平凡。でも実は崖っぷちの『トウキョウソナタ』の主婦・恵

パッと見た限りではどこにでもいそうな平凡な家族が、互いにすれ違い、静かに崩壊していくさまを描いた『トウキョウソナタ』。閉塞感に押しつぶされそうになりながらも、「家族」という枠組みのなかで与えられた、母や妻といった役割をきちんと果たそうと努める主婦・恵を、キョンキョンは実にリアルに体現しています。ところが、後半みるみるうちに思いもよらない方向へと物語が加速していき、主婦の中にも女優のような激しい一面が隠されていることを思い知らされることに…。また、同じ黒沢清監督作品ということで紹介すると、WOWOWの連続ドラマ『贖罪』でキョンキョンが演じた、小学生の娘を何者かに殺された母・麻子役も、それまでとは全く異なるイメージで、鬼気迫るほど強烈な存在感を醸し出しています。

■リアル元・旦那にやさしく寄り添う『毎日かあさん』の大黒柱・リエコ

漫画家の西原理恵子が戦場カメラマンだった夫と子どもたちとの日々をもとに描いた人気コミックを、実生活で元夫婦だった小泉今日子と永瀬正敏の共演で実写化した『毎日かあさん』。キョンキョン扮する肝っ玉かあさん・リエコの繊細さと逞しさが、無邪気な子どもたちと、病にむしばまれていく夫をやさしく包み込み、なんでもない日常のかけがえのなさを教えてくれます。もちろん原作の世界観がしっかり前提としてあるのですが、元夫婦だったからこそ作り出せる空気感というのもそこには確かにあって、まさに二人の役者魂が画面の隅々まで染み渡っています。

■18年前に死んだはずが、突然姿を現す『ふきげんな過去』の伯母・未来子

そして、最後に紹介するのが、6月25日(土)から公開となる新作映画『ふきげんな過去』でキョンキョンが演じる謎の女・未来子です。退屈を持て余した果子(二階堂ふみ)のもとに、18年前に死んだはずの伯母・未来子(小泉今日子)がある日突然現れて、果子たち一家を翻弄するという物語。「爆弾事件を起こした前科持ちで、死んだことになっているので戸籍もない…」という、突拍子もない役柄にも関わらず、酸いも甘いも噛分けた50歳のキョンキョンが演じることによって、未来子は肝の据わった妙に説得力のある人物として成立しています。自分が本当の母親であると話す未来子に対し、飛びかかって髪の毛を引っ張り合ったりしながらも、どうしようもなく惹かれてしまう果子。この作品の中で描かれるキョンキョンの母親像は、もはや、普通の母・娘という枠組みすら軽々と超えて、それでも母として娘に「見えない何か」を伝えずにはいられない、という新たな境地までたどり着いています。

過去に発表した書評のなかで「やり残したことがあるとしたら、自分の子供を持つことだ」と綴って反響を呼んだキョンキョンですが、たとえ実生活では子どもを持たない人生であったとしても、常に時代の先端を走り続ける小泉今日子が演じる母親像は、スクリーンや舞台の上のファンタジーであるにも関わらず、いつだってリアルで鮮烈な輝きを放ちつづけているのです。

(映画ライター・渡邊玲子@HEW)

キョンキョンの映画もPVも見たいなら!

dbook

記事制作 : dmenu映画