水も滴るイイ男&イイ女 映画特集

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

今年もじめじめした梅雨の季節が到来。アウトドアで遊べなくなるこの時期は、インドアの映画鑑賞で気晴らしなどいかが? 今回は、梅雨の雨に濡れても絵になっちゃう、水も滴るイイ男&イイ女が登場する映画を紹介します。

【イイ男が大集結】

(C) 此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 (C) 2016映画「セトウツミ」製作委員会

『セトウツミ』
<見どころ解説> 
若手実力派俳優の池松壮亮と菅田将暉をダブル主演に迎え、此元和津也の人気漫画を原作に描く脱力系青春ドラマ。関西を舞台に、まったく正反対のタイプながらも妙に気の合う男子高校生の内海(池松)と瀬戸(菅田)が、放課後に川辺でダラダラとしゃべり倒すだけのゆるい日常を映し出す。暑い日も寒い日も、うれしい時も落ち込んだ時も、変わることなく恋バナや飼い猫の話、即興の言葉遊びなどに興じる二人の男子高校生。あうんの呼吸で次々と繰り出す、くだらなくも軽快なテンポの会話にハマる。

(C) 此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 (C) 2016映画「セトウツミ」製作委員会

<こんなにイイ男!>
外見も中身もまったく対極にある、超マイペースなインテリメガネ男子・内海VSツンツン頭でキメたスーパー元気な体育会系天然男子・瀬戸。女心とはまったく無縁の世界で生きてきて、ただひたすらウブな乙女のような純粋さで学園のマドンナに恋い焦がれる瀬戸のひたむきさとは裏腹に、女心をつかむコツは「アメとムチ」だと豪語する内海の世慣れたクールさも捨て難い。男のダンディズムを感じさせる陰のある知性派の内海か、はたまた子犬のように尻尾を振ってまとわりつく明るさが売りの肉体派の瀬戸か……!? 川面に映る二人の対照的な男子高校生の二者択一が悩ましい。

(C) 劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会 (C) 惣領冬実/講談社

『MARS~ただ、君を愛してる~』
<見どころ解説> 
90年代に絶大な人気を集めた少女漫画を、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔と窪田正孝のダブル主演で実写化。クラスのスター的存在でありながら、どこか陰のある高校生・樫野零(藤ヶ谷)と、内向的な美少女・麻生キラ(飯豊まりえ)。共にトラウマを持つ二人は運命の恋に落ちるのだが、零のかつての級友・桐島牧生(窪田)の策略によって引き裂かれそうになってしまう……。虐待、自殺、殺人未遂など、スイートな少女漫画とは一線を画すディープな内容の衝撃作だ。

(C) 劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会 (C) 惣領冬実/講談社

<こんなにイイ男!>
怒ると手が付けられなくなる凶暴性を秘め、後先考えない日々を送っていた零は、キラとの出会いによって誠実な男に生まれ変わる。「俺が守ってやるから」とばかりに優しくキラを抱き締める彼は、まさに“乙女が夢見る王子様”そのもの。一方、零の強さに歪んだ愛情を抱き、邪魔なキラを排除しようとする牧生は、“邪気に染まった黒イケメン”といったところ。対照的な二人の美男を演じる藤ヶ谷と窪田の、甲乙付け難いセクシーさにクラクラしっぱなし!

(C) 2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

『日本で一番悪い奴ら』
<見どころ解説>
『凶悪』の白石和彌監督が、2002年に北海道警察で発覚し「日本警察史上最大の不祥事」とされた「稲葉事件」をモチーフにした問題作。綾野剛が演じる北海道警の刑事・諸星要一が、裏社会のスパイと共に悪事に手を染めていく様子を、とことんリアルかつダイナミックに描く。警察ぐるみの「おとり捜査」や「銃刀法違反偽証」の中心人物で、悪徳刑事とまで呼ばれるようになる諸星の、真っすぐ過ぎる正義感が胸に残る。

(C) 2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

<こんなにイイ男!>
大学時代に鍛えた柔道の腕前を買われて道警の刑事となり、先輩刑事に教えられた通りに、捜査協力者であるスパイの「S」たちと組んで銃や違法薬物の摘発にいそしむ諸星。マジメで熱血漢の彼は、Sであるヤクザの幹部(中村獅童)や麻薬の運び人(YOUNG DAIS)らを信頼し、もっと大きな手柄を立てたいと意気込んで危険な勝負に出てしまう。それぞれが悪い奴らだけど、肩書を超えた男同士の絆が青春映画のアツい若者たちのようでもあり、妙にイイ男たちに見えてくるから不思議だ。

【イイ女対決】


(C) 2016「嫌な女」製作委員会

『嫌な女』
<見どころ解説>
テレビドラマ化でも評判となった桂望実の人気小説を映画化。テレビ版で主演を務めた黒木瞳が初監督に挑み、対照的な女性二人の切っても切れない縁を描く。堅物の女性弁護士、徹子の前に突然現われた従姉の夏子。結婚詐欺をしながら生活している奔放な彼女に振り回されながら、徹子は感情を押し殺してきた自分の生き方を見直すことに……。本作が映画初主演作となった徹子役の吉田羊と、夏子にふんする木村佳乃との火花散る共演も見どころ。


(C) 2016「嫌な女」製作委員会

<イイ女がこれで対決!>
徹子は真面目な性格だが、周囲と距離を置き、傷つくことを避けながら生きてきた。対する従姉の夏子は自己中心的な女詐欺師で、無邪気さを武器に男たちの間を渡り歩いてきた。そんな夏子の弁護を徹子が引き受けたことで、まったく性格の異なる彼女たちは心と心をぶつけ合う。実直な仕事人間と、天真爛漫(らんまん)なトラブルメーカー。どっちがイイ女? どっちが嫌な女? 女同士が本音でぶつかり合ったとき、その答えが見えてくる!


(C) 2016「ふきげんな過去」製作委員会

『ふきげんな過去』
<見どころ解説> 
小泉今日子と二階堂ふみが母娘役で競演、劇団「五反田団」を主宰し三島由紀夫賞や向田邦子賞などを受賞した気鋭の劇作家・前田司郎がメガホンを取った注目作。小泉演じる18年ぶりに戻ってきた前科持ちの女が、二階堂ふんする毎日を退屈だと思っている18歳の女子高生のひと夏をかき乱す。小泉と二階堂をはじめとする登場人物の何げないやりとりが、時に毒々しくも親密で、笑わされたり納得させられたりと、独特の世界観にハマってしまう。


(C) 2016「ふきげんな過去」製作委員会

<イイ女がこれで対決!>
唯一無二の存在の小泉今日子と若手実力派ナンバーワンの二階堂ふみ。二人が演じるわけあり母娘が行動力で対決! 退屈な毎日にイライラを感じながら日々を過ごす娘の果子。一方の母だと名乗るの未来子は10代のころに、爆弾を作り行方をくらましたという大胆な過去の持ち主。果子と未来子が「過去と未来」を思わせる意味深な役名だけに、果子にもぶっ飛んだ未来が待っていたりしてなんて想像を巡らせてしまう。高良健吾演じる謎の男をめぐる母娘のライバル関係(?)にも注目。

(C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
<見どころ解説> 
「不思議の国のアリス」のその後を映画化した大ヒットファンタジーの続編。不思議の国の仲間マッドハッターを助けるため、大人になったアリスは再びワンダーランドへ。時間をさかのぼり、マッドハッターの過去を変えようとするが、そんな彼女の前に宿敵・赤の女王が立ちはだかる。ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップら前作でおなじみのキャストが再結集し、さらなる冒険を熱演。カラフルで目がくらむほどの映像美もパワーアップ!

(C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

<イイ女がこれで対決!>
本シリーズの魅力は、何といっても色彩豊かでマジカルなビジュアル。中でも衣装は本作を語るうえで、大きなチャームポイントとなる。アリスは航海用の男装からカラフルな清朝中国風ドレスへと装いを変え、型破りな女性像をアピール。一方の赤の女王は深紅と黒の凝ったデザインのドレスで、風貌ともどもすごみを発揮。また、白の女王は透き通るような美貌に合った清楚なドレス姿で観る者の目を奪う。甲乙付け難い、きらびやかなファッション対決に注目だ!

【恋するイイ男&イイ女】

(C) 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
<見どころ解説>
宮藤官九郎が脚本と監督を務めた最新作。修学旅行中に交通事故でこの世を去り、なぜか地獄行きになってしまったダサい高校生の大助を神木隆之介が好演。現世に未練タラタラの大助に、地獄のイロハを指導する地獄専属ロックバンド「地獄図(ヘルズ)」のボーカル&ギター・キラーKを、長瀬智也がハイテンションに演じている。桐谷健太、清野菜名らが演じるバンドのメンバーや、古田新太ふんする閻魔(えんま)大王など、奇天烈キャラが大集結!

(C) 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

<こんな恋がしたい!> 
大好きなクラスメートのひろ美ちゃん(森川葵)とキスもしないまま地獄に落ちた大助は、人間に生まれ変わって彼女と再会するべく、地獄での責め苦を耐え忍ぶ。しかし、いざ輪廻(りんね)転生のチャンスを手にしても、人間以外のモノになってしまって地獄に戻るハメに。過ぎ行く時の中で転生を繰り返し、いとしい相手を追い求める大助のひたむきさが切ない。やがて迎えるエモーショナルな恋の結末に、こんな純愛っていいよね! と誰もが思うはず。

(C) 鈴木由美子/講談社 (C) 2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会

『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』
<見どころ解説> 
モデル、女優、そしてバラエティー番組でも活躍する河北麻友子が3代目となる白鳥麗子にふんし、キュートなコメディエンヌぶりで人気のドラマが劇場版になって登場。麗子と哲也(水野勝)が同居をはじめて1年、順調に愛を育んでいたところに、麗子の父の会社が推し進めるリゾート開発の計画に漁業を営む哲也の一家が反対。「ロミオとジュリエット」よろしく、家同士の対立によって若い恋人が引き裂かれてしまう。麗子と哲也の恋の成り行きにハラハラしながらも、白鳥麗子らしいハートフルな展開にほっこり。

(C) 鈴木由美子/講談社 (C) 2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会

<こんな恋がしたい!>
愛する哲也のために苦手な料理に挑んだり、仲を引き裂かれ悲劇のヒロインになったりと、天真爛漫(らんまん)で時に妄想が暴走気味な麗子。「世界の白鳥麗子」と自称するような桁外れのお嬢様とはいえ、好きな人にいちずな姿に世の女性も思わず自己投影してしまい、「麗子のように真っ直ぐに恋をしたい」と思わせる。哲也はそんな麗子に振り回されているように見えて実はリードし、わがままな麗子を包み込む。身分を超えてピュアに思い合う二人がほほ笑ましく、うらやましい!

(C) 2016「全員、片想い」製作委員会

『全員、片想い』
<見どころ解説>
加藤雅也がFMヨコハマで担当する「BANG BANG BANG!」という番組内での片想いをテーマにしたトークを基に小説投稿サイトのE★エブリスタと、FMヨコハマの共同企画により、それぞれ異なる8パターンの恋愛模様が展開する。中川大志、桜田通、広瀬アリス、斎藤工、知英、佐津川愛美、千葉雄大、清水富美加、横浜流星ら豪華俳優陣14名が全員主演を務め、「片想い」を題材に描く切ないラブストーリー集。年齢や立場は違っても、好きな相手を思う心に変わりはなく、不器用だったり、ぎこちなかったりするさまざまな恋愛模様に心を動かされる。

(C) 2016「全員、片想い」製作委員会

<こんな恋がしたい!>
幼なじみ同士、会社の上司と部下、あるいは同じ職場の仲間たちや、疎遠だった親戚など、誰かを好きになるのに理由は要らない。恋に落ちるあの電気ショックのような体験こそ、もしかしたら人生最高のエクスタシーかも!? そして一度恋に落ちたが最後、決して相手が振り向いてくれないと頭ではわかっているものの、その人を好きという気持ちは自分ではコントロールできないのが悩ましい。ロマンチックな港町横浜から発信される、かなわぬ思いにもんもんとしながら、恋という魔法にかかった男女が織りなす夢うつつの日々に魅せられる。

【夢に真っすぐなイイ男&イイ女】

(C) 2016「夏美のホタル」製作委員会

『夏美のホタル』
<見どころ解説>
『ストロボ・エッジ』の有村架純と廣木隆一監督が再びタッグを組み、森沢明夫の小説を映画化した心に染みる人間ドラマ。写真家になる夢を必死で追いかけながらも、恋人との将来を思い悩む主人公が、幼い頃の思い出の場所を訪れ、そこで偶然出会った人々とのひと夏の触れ合いを通じて、少しずつ成長していく姿を温かく描く。吉行和子、光石研、小林薫らが豪華共演を果たし、何げない日常や豊かな食卓、大自然の美しさや人と人のつながりが描かれ、どこか懐かしい日本の原風景を思い起こさせる。

(C) 2016「夏美のホタル」製作委員会

<ここが真っすぐ!>
写真学校に通って恋人と共に写真家を志しながらも、将来への漠然とした不安や、愛する人と自分の夢の間で揺れ動くヒロイン・夏美。もやもやした気分を振り払い、自分なりの答えを出すため、たった一人でバイクに乗って旅に出るあたりのフットワークの軽さと行動力はお見事。田舎町で小さな商店を営むおばあさんとその息子と出会い、彼らの素朴な笑顔に夢中でシャッターを切り続けるヒロインの熱心さと、ひたむきで真っすぐな態度に心が洗われる。そして、ある出来事をきっかけに、なりふり構わずがむしゃらに突き進む夏美の決断が男前過ぎる!

(C) サブイボマスク製作委員会

『サブイボマスク』
<見どころ解説> 
俳優としても着実にキャリアを重ねる人気歌手、ファンキー加藤と、平愛梨の共演による痛快コメディー。主人公は寂れたシャッター商店街を盛り上げようと孤軍奮闘する、田舎の青年団員。覆面レスラーだった亡き父のマスクをかぶり、商店街の粗末なステージで熱く歌い続ける彼の姿は、やがてある奇跡を呼び起こす。愚鈍な主人公のバカさかげんで笑わせつつ、どこまでも真っすぐなその姿に胸が熱くなる。

(C) サブイボマスク製作委員会

<ここが真っすぐ!>
寂れた故郷をよみがえらせたい主人公はその夢を追い続け、マスク姿で謎のシンガーとなることを決意。彼の姿ははっきり言ってダサいけれど、町の人々を笑顔と感動で包みたいといういちずな思いが伝わってくる。そんな愚直さに刺激され、出戻りのヒロインも彼をサポートし、都会で築いた人脈や動画サイトを駆使し、覆面歌手を世間にアピール。町おこしだけでなく田舎の絶望した住人をも立ち上がらせる、そんな姿がアツくすがすがしい気持ちにさせる。

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)