神木隆之介も当てはまるの!?クドカンが描く“こじらせ男子”映画

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

自分に自信がなく、後ろ向きに考えがちだったり、行動が空回りしたり…。俗に言う“こじらせ男子”を描かせたらNO.1のストーリーテラー宮藤官九郎監督。最新作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』でも、恋愛ベタな“こじらせ男子”高校生を面白おかしく描いています。
今回は、長瀬智也さんや神木隆之介くんなど出演の、完全オリジナル作品『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』をご紹介したいと思います!
TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ01

神木隆之介くんは●●したい一心で…。

主人公は、同級生のひろ美ちゃんのことが大好きなフツーの高校生・大助。
修学旅行中に不慮の事故に遭ってしまいます。目覚めるとそこは、人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!なんで俺だけ死んじゃうの?このまま死ぬには若すぎる!!未経験だったあることのために大助は、赤鬼のキラーKの“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた、大助の地獄めぐりが幕を明けるー―。
TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ02

フツーの高校生・大助役を演じるのは神木隆之介くん。今までのイケメンイメージから一転、地獄で四苦八苦する残念な高校生役を演じます。「大好きなクラスメイトにキスしたい!」というバカバカしい(笑)理由で生き返った大助。地獄からの生還を目指し大奮闘します。
そんな大助に地獄の仕組みを教える地獄の赤鬼キラーKを演じるのは、長瀬智也さん。大助の生還を導いてくれる重要な役柄を熱演しています。
TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ03

生きているときは、夜這い未遂をしたり、風呂を覗いたり…、行動が空回りしてしまう“こじらせ男子”大助ですが、大好きな女の子に思いを告げたいという真っすぐな恋心から、友情、バンド、そして人間的にも成長していきます。そんな主人公の姿に共感必至・好感度大間違いなし!

果たして大助は生き返り、キスすることができるのか!
宮藤監督曰く、「死ぬのが怖くなくなる映画を作りたかった。」。
クドカンワールド経験者も、未経験者も、笑いどころ満載の本作で劇場で大爆笑してみては?

クドカン作品、過去にはこんな“こじらせ男子”が…。

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(2003年公開)
クドカンは脚本を担当。
木更津の草野球チーム「木更津キャッツアイ」のメンバーが巻き起こす、ドタバタな日常とやや非合法な活動を描いた作品。
岡田准一くん演じる「(寿命は)あと半年」のぶっさんほか、個性的な登場人物の中で最も“こじらせ男子”と言われたのは、櫻井翔が演じたバンビ(中込フトシ)。ミスター木更津に2年連続で選ばれるほどのイケメンなのに、奥手で一途な性格故にモテなく「フツー」な残念な男子。「フツー」が残念というクドカンの視点に納得しちゃうこと間違いなしです。

『ゼブラーマン』(2004年公開)
クドカンは脚本を担当。
ひょんなことから憧れの「ゼブラーマン」に扮しその宇宙人と戦うことになった小学校教師・市川新市(哀川翔)を描いた作品。
生徒からも家族からも疎まれ“こじらせ男子”になってしまった主人公・市川新市の、哀愁漂う姿は見逃せません。

クドカンワールド、笑いすぎに要注意です!

(文=小宮洋子/CinemaGene)

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
6月25日(土) 全国ロードショー!!
? 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

この記事で紹介している作品

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ
木更津キャッツアイ・日本シリーズ
ゼブラーマン

記事制作 : CinemaGene(外部サイト)