AKB48総選挙でジャンプアップ!「誰?」とは言ってられない注目メンバー

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

「第8回AKB48選抜総選挙」の開票が6月18日に行われ、8月31日にリリースされる45枚目シングルの選抜メンバー16人が決定しました。ですが、なかには見慣れない顔も。AKB48グループのファン以外にはまだ馴染みのないメンバーも続々選抜入りして、“AKB48・第2章”を感じさせた今回の総選挙。今のうちにチェックしておきたいメンバーは…。

■SKE48・須田亜香里(7位)

女性向けファッション誌などでも引っ張りだこのAKB48・島崎遥香を抑えて、初めて“神7”入りした須田。2013年から16位、10位、18位とランクインしている人気メンバーですが、まだまだファン以外は「須田亜香里」と聞いても「ハテナ?」なのではないでしょうか。

ただ“柔軟女王”といえば、「あの子か!」となる人も多そうです。クラシックバレエを特技とする須田はとにかく体が柔らかく、それを武器にテレビ朝日系「関ジャニの仕分け∞」の企画「柔軟女王決定戦」など数々のバラエティに出演。今年3月にはCS放送・TBSチャンネル1「SKE48 ZERO POSITION」で、須田が中国雑技に挑戦するドキュメンタリーも放送されました。今回決定した選抜メンバーで番組出演した際は、お得意の“軟体芸”を披露してくれそうです。

■HKT48・兒玉遥(9位)

HKT48といえば今年6位の宮脇咲良の活躍が目立ちますが、猛烈な勢いで追ってきているのが“はるっぴ”こと兒玉遥です。HKT48のシングルではセンターポジションを何度も担当する、同グループのエース。滑舌の悪さでも知られており、2013年の総選挙スピーチでの「先輩方を“ちゅぶし”にいく気持ちで……」という発言はファンの間で今でもイジられています。

■AKB48・武藤十夢(10位)

名前を上から読んでも下から読んでも「むとうとむ」。昨年16位で初の選抜メンバー入りし、今年は10位にジャンプアップしました。お天気キャスターを目指していて、気象予報士の勉強中。ちょっとエキゾチックな雰囲気のあるキレイ系の顔立ちは、女性受けもよさそう。グループのビジュアル担当として、小嶋陽菜が抜ける穴を埋めることになるか?

■AKB48・向井地美音(13位)

子役出身で、過去にはドラマ「アンフェア」シリーズに篠原涼子が演じる主人公の娘役で出演していました。大島優子が卒業した際に「ヘビーローテーション」のセンターに直々に指名されたメンバーとしても有名。“ポスト大島優子”とささやかれています。44枚目シングル「翼はいらない」で初センターを務め、これからのAKB48で重要なポジションを担う存在になると期待されています。

■AKB48・岡田奈々(14位)

岡田は5月28日より体調不良で活動休養。なんとか開票に間に合い復帰を果たし、総選挙スピーチで、機能性低血糖症からくる摂食障害を起こしていたことを告白しました。岡田は同じグループ14期生の小嶋真子、西野未姫とともに“三銃士”と期待をかけられたものの、なかなか芽が出なかった時期もありました。しかし病と闘い、今年見事に選抜入りを果たしたのでした。

■AKB48・高橋朱里(15位)

AKB48チーム4のキャプテンで、若手メンバーたちを中心となって引っ張るしっかり者。雑誌インタビューなどでも、グループの今後を意識した熱い発言が目立ちます。そのため将来は横山由依の跡を継ぎ、3代目総監督となるメンバーではないかとみられています。ちなみに現在は女優として活躍する川栄李奈とは親友同士。高橋が選抜入りを果たしてメディア露出が増えることで、川栄との共演も実現しそうです。

■指原莉乃だって昔は…

史上初の連覇を果たし、いまやグループ屈指の知名度を誇るHKT48・指原莉乃だって、かつては知る人ぞ知る…的な存在でした。一般知名度はまだこれからなこの6人も、数年後にはわかりませんよ?

(文/原田美紗@HEW)

須田亜香里が所属するSKE48の最新曲「チキンLINE」をチェック!
須田は表題曲「チキンLINE」の他、カップリング曲の
「望遠鏡のない天文台」、「Is that your secret?」、「旅の途中」に参加。

ドコモポイントも使える「dミュージック」は、約350万曲をそろえた国内最大級の音楽配信サービス!

記事制作 : dmenu映画