「私を1位と認めて」「今AKBはピンチ」…AKB48選抜総選挙、今年の名スピーチ

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

AKB48選抜総選挙といえば、ランクインしたメンバーによるスピーチも大きな見どころのひとつ。6月18日に開票された今年の「第8回AKB48選抜総選挙」でも、印象的なスピーチがいろいろありました。

HKT48・指原莉乃「私を1位と認めてください」

史上初の連覇を果たした指原は、「私を1位と認めてください」と客席に呼びかけました。その言葉は、自身のファンへの感謝から出たもの。「私の1位は当たり前じゃありません。ファンの皆が無理に無理に無理を重ねての1位」と真摯に語りました。とはいってもバラエティスキルの高さで知られる彼女。自身を「スキャンダル成金」「叩けばホコリしか出ない」とユニークに表現して、きっちり笑いもとりました。

AKB48・渡辺麻友「正直に言って今AKBはピンチです」

速報1位だったものの、残念ながら指原に敗れ2位。第一声は「いやー!悔しい!」という素直な感想で、「あの壁はすごく高い。誰も超えられない」と指原の力を称賛しました。また、「正直に言って今AKBはピンチです」と主張。「先輩方が卒業して、今のメンバーだけではカバーできない部分もある」と率直に指摘した上で、グループを終わらせないよう皆で頑張ろうと呼びかけました。

“にゃんにゃん仮面”ことAKB48・小嶋陽菜「やっと卒業します!」

にゃんにゃん仮面は、正体が小嶋陽菜であることをあっさりバラしました。そして「皆さん、『えー!?』という準備はできていますか? 私、小嶋陽菜はAKB48をやっと卒業します!」と発表。「『えー!?』が小さい! たくさんの『えー!?』ありがとうございます!」と笑顔で続けました。卒業時期は未定だそうで、「たかみなみたいな風にはならないようにしたい」と語り、観客はまた一笑い。さすがのトーク術をみせました。

NMB48・山本彩「皆さんは私にとって“アモーレ”」

平愛梨と長友佑都選手の熱愛報道に引っかけて、話題の言葉“アモーレ”を使ってファンに感謝を述べた山本。ちょっと照れ臭そうに「絶対誰かアモーレって言うやろなって思ったけど、出なかったので言わせていただきました」と続けました。ファンにお返しとして、「関西人らしく必死のパッチ(関西で使われる、“一生懸命”を意味する表現)で頑張っていく」と語っています。

AKB48・峯岸みなみ「生まれ変わってもAKBで」

今年がラスト総選挙として選抜入りを目標に掲げていましたが、結果は17位。わずか60票の差でアンダーガールズに留まりました。それでも峯岸の表情は晴れやかで、「私の総選挙は終わりですが、生まれ変わってもまたAKBに入って1位を目指したい。それくらいAKBが大好きです」と語りました。卒業も近いとみられている峯岸は、「アイドルとしては劣等生だけど、最後まで私らしくがんばりたい」と宣言しています。

スピーチはアピールのチャンス

他には、一時は共演NGと話題になった徳光和夫アナウンサーとくだけた会話を繰り広げたAKB48・島崎遥香や、機能性低血糖症から摂食障害を起こしていたことを告白したAKB48・岡田奈々たちのスピーチが話題になりました。

かつて小嶋陽菜はスポーツ紙のインタビューの中で、若手メンバーに向けて、総選挙スピーチは「エンターテインメント」だとして、内容をしっかり練るように苦言を呈していました。
確かに総選挙スピーチは、ファンに感謝を述べる場であると同時に、“自分だけ”の時間が数分持てるという大チャンスでもあります。かつてHKT48・宮脇咲良が「ライバルはさっしー」発言で一気に注目を集めたように、スピーチから世間の目に留まる可能性は十分にあるのです。

来年はどんなスピーチが生まれ、そしてそこから人気者となるメンバーは現れるのか。今から楽しみです。

(文/原田美紗@HEW)

AKB48の最新曲「翼はいらない」はフォーク調が魅力
センターの向井地美音は13位にランクインした。

ドコモポイントも使える「dミュージック」は、約350万曲をラインアップ。

記事制作 : dmenu映画