幸せな恋愛を描いたドラマや漫画より、結ばれないままの“片想い”のストーリーの方が、人はより魅せられるもの。“片想い”にまつわる物語は、“片想い”の数だけドラマチック。
そんな“片想い”のあるあると、“片想い”を描いた最新作『全員、片想い』を紹介したいと思います。

みんな一度は経験あり!?“片想い”あるある

➀気のないそぶりをしてしまう。
うれしいくせに、テレ隠しで冷たくしちゃうんです。

②好きな人のひと言で浮かれてしまう。
何気ないひと言も生きるパワーにつながります。

➂見栄を張って嘘をついてしまう。
いいところを見せたくてつい…大きな問題にならないといいですけど。

④ほかの異性と仲良くしていると不安になる。
「もしかして好きなの?」悪い想像しか思い浮かびません。

⑤好きな人の変化なら小さなものでも気が付く。
良い変化も悪い変化も、何もかもが気になって仕方ないです。

⑥泣く回数が増える。
想いが募りすぎて、いつでもいっぱいいっぱい。感情がすぐ溢れちゃいます。

⑦明日こそ、気持を伝えようと思う。
今の関係が壊したくなくて勇気はでないけど、チャンスはうかがっています。

そんな“片想い”あるあるが詰まった 映画『全員、片想い』とは?

kataomoi_i

本作は、FMヨコハマ「BANG BANG BANG!」でパーソナリティー加藤雅也氏の発信により、スマホ小説投稿サイトで募集した片想いのエピソードが原案のオムニバス映画。
かつて人気ボーカリストだったが、今は落ち目の三崎透(加藤雅也)。彼が担当するラジオ番組でリスナーから募った“片想い”のエピソードを7週連続で紹介するという特別企画「全員、片想い」がスタートします。
リスナーから寄せられた切ない“片想い”の物語を紹介していく三崎だったが、彼自身も片想いをしており、特集企画終了と同時にある決断を下すのですが…。

伊藤沙莉&中川大志出演「MY NICKNAME is BUTATCHI」
ノムラ(伊藤沙莉)と、サタケ(中川大志)は幼馴染。幼い頃、泣き虫だったサタケをいつも助けていたのはノムラだった。どんなサタケにノムラは密かに想いを寄せていたが…

森絵梨佳&桜田通出演:「僕のサボテン」
仕事に対して興味の薄い新人社員・木下透(桜田通)は、いつも失敗ばかりで、上司の今井咲(森絵梨佳)から怒られてばかり。ある日木下は、苦手なタイプだった彼女の意外な一面を知って、彼女に惹かれていくのだが…

広瀬アリス&斎藤工:「サムシングブルー」
主人公の希美(広瀬アリス)は、内気で不器用な女の子。勇気を出して訪れた美容室で、自分を綺麗にしてくれた美容師・慎一に恋心を抱くのだが…

知英出演:「片想いスパイラル」
韓国からお留学生ソヨン(知英)はシェアハウスで暮らす“イケメン女子”。ルームメイトのユキ(佐津川愛美)のことを好きなのに、男友達の一との仲を取り持とうとするが…

新川優愛&志尊淳出演:「嘘つきの恋」
「彼氏いるんだよね」と嘘をつきながら、後腐れのない関係を楽しんでいたマナ(新川優愛)。新しく知りあったマコトにもいつものように嘘をつくのだが、純粋でまっすぐな瞳の彼に恋をして…

清水富美加&千葉雄大出演:「あさはんのゆげ」
夏の間だけ、従兄の要(千葉雄大)との生活を強いられた風花(清水富美加)。食べないと言っているのに朝ごはんを作り続ける要にイライラするが、次第に打ち解け、頑なだった心に変化が見え始める…

橋本マナミ&横浜流星出演:「イブの贈り物」
介護施設で働く美里(橋本マナミ)の元に、介護士見習いの穣(横浜流星)がやってきた。穣は気難しいと言われている老婦人からも信頼され、美里が妬いてしまうほど親密になっていくのだが…

心に芽生えた気持ちにときめいたり、葛藤しながら片想いをしている8つの物語の主人公たち。 そんな彼らの“切なさ”に共感し、恋がしたいと思わせること間違いなしの『全員、片想い』は、7月2日(土)から公開です。
中川大志くんや、清水富美加ちゃんなど、出演者は今をトキメク旬なキャストばかり!彼らが演じる“片想い”の切なさに胸キュンしてみては?

(文=小宮洋子/CinemaGene)

©2016「全員、片想い」製作委員会

この記事で紹介している作品

全員、片想い