マニアックな恋愛妄想が止まらない映画特集

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

header

映画に登場するイケメンたちと、あんなコトやこんなコトをしてみたい! そんな萌え萌えの妄想目線で新作をクローズアップ。さわやかなスポーツマン系から危険なハードボイルド系まで、いろんなタイプのイケメン相手に、胸キュン妄想しちゃいます!

【運命の恋キタ!陰のある美青年系男子】

『四月は君の嘘』

01

(C) 2016映画「四月は君の嘘」製作委員会 (C) 新川直司/講談社

<見どころ解説>
月刊少年マガジン掲載の新川直司の感涙コミックを、広瀬すずと山崎賢人のダブル主演で実写化し、映画『清く柔く きよくやわく』など恋愛映画の名手こと新城毅彦監督がメガホンを取った青春純愛ストーリー。天真爛漫(らんまん)なバイオリニストの宮園かをり(広瀬)と、“神童”と称されたピアニストの有馬公生(山崎)が、音楽を通して理解し成長していく姿を描く。反発しながらも、次第にお互いの才能を認め、惹かれ合う二人の切ない恋愛模様に涙する。

02

(C) 2016映画「四月は君の嘘」製作委員会 (C) 新川直司/講談社

<妄想が暴走ポイント>
メガネ男子の公生は、よく見るとキレイな顔立ちで物腰は優雅な芸術家気質。それに母親の死を何年たっても嘆く優しいハートの持ち主。そんな陰のある繊細な美少年って、姉御肌の女子は放っておけなくなっちゃう。過去のトラウマのせいでピアノを弾かなくなった彼の心を癒やしたい。そして再びピアノが弾けるようになったとき、「立ち直れたのは、君のおかげ」って言われたら、本望。彼の一番の理解者はこの世界で私だけ。そんな二人の関係に、運命を感じちゃう!

<マニアックな胸キュン仕草はここ!>
あるトラウマのせいで、ピアノの音色が聞こえなくなってしまった公生。そんなあなたを守れるのは私だけ!

【青春ド直球!さわやかスポーツマン系男子】

『青空エール』

Basic RGB

(C) 2016映画「青空エール」製作委員会 (C) 河原和音/集英社

<見どころ解説>
映画『orange-オレンジ-』の土屋太鳳と、『仮面ライダードライブ』シリーズなどの竹内涼真が共演を果たし、河原和音の人気コミックを映画化した青春ドラマ。青春ものに定評がある『アオハライド』などの三木孝浩監督がメガホンを取り、名門吹奏楽部で必死に頑張るヒロインと、野球部で甲子園を目指す同級生が、お互いを高め合いながら共に成長していく姿を描く。仲間と共に笑い、泣き、汗と涙を流しながらまっすぐに夢に向かって青春を駆け抜ける彼らの姿が胸に響く。

04

(C) 2016映画「青空エール」製作委員会 (C) 河原和音/集英社

<妄想が暴走ポイント>
寝ても覚めても野球一筋で、あと少しのところで念願の甲子園行きを逃して悔しい思いをしている彼を、思いっきりぎゅーっと抱きしめてあげたい! 野球でいっぱいの彼の頭の中にほんの一瞬だけでも入り込み、ヨシヨシと優しくなぐさめてあげられたらいいのに……。傷を負いながらも必死にリハビリに励み、悔し涙を流す彼のキラキラ輝く100万ボルトの笑顔を取り戻すためなら、なんだってしてア・ゲ・ル。体育会系さわやか好青年との恋のスタートラインは、目標に向かってひたすら頑張る同志として認めてもらうこと! まずはお友達として握手から始めましょう。

<マニアックな胸キュン仕草はここ!>
<長身の彼との身長差ハグは守られている感たっぷりで、ドキドキのお姫様気分!

【恋愛初心者!青春キラキラ純粋系男子】

『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』

プリント

(c)2016「バニラボーイ」製作委員会

<見どころ解説>
ジャニーズJr.内のグループ、SixTONESのメンバーであるジェシー、松村北斗、田中樹が映画初主演を飾って放つ異色SF青春ドラマ。ジェシーふんする男子高校生が平穏な日々を過ごすことにより、世界の平和が保たれるという特殊能力を持つ男子高校生が恋に落ちてしまった瞬間から始まる、米国国家安全保障局やテロリストたちを巻き込んだ珍騒動を映し出す。イケメンボーイズたちによる共演はもとより、小ネタやギャグやアクションてんこ盛りの内容に胸がスカッとする。

<妄想が暴走ポイント>
好きな女の子を前にすると、まるで乙女のようにハート型の瞳をウルウルさせながら、恥じらいつつ赤面する主人公。今時天然記念物もののウブさにハートがキュン! 丘サーフィン部のユニフォーム&サーフボード片手に、恋する彼女の後を追いかける姿はストーカー? 何をしようがイケメンだからとりあえずはすべて許す! 女性に慣れていない彼と恋するなら、まずは軽いトークでリラックスさせ、そっと手に触れてそれから……とすべて手取り足取り教えてあげたくなっちゃう!

<マニアックな胸キュン仕草はここ!>
恋する彼女の写真を隠し撮りし、その写真にチューしようとする小学生並みの初々しさが新鮮!

【手近キャラ?年下のイケメン系男子】

『だれかの木琴』

一命_本ポス_C+

(C) 2016『だれかの木琴』製作委員会

<見どころ解説>
美容院からの営業メールをきっかけに、専業主婦が美容師に対してストーカー的な好意を寄せる。『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』などのベテラン監督・東陽一のもと、常盤貴子と池松壮亮が共演。仕事人間の夫と手の掛からなくなった中学生の娘を家族に持つ、平凡な主婦が抱える孤独に焦点を合わせる。衝撃的でありながら誰にでも起こり得る物語。ヒロインの奇怪な行動を怖いと感じるか、はたまた共感できるか、意見が真っ二つに分かれそう。

07

(C) 2016『だれかの木琴』製作委員会

<妄想が暴走ポイント>
小夜子(常盤貴子)は美容院で若い美容師の海斗(池松壮亮)に担当してもらい、海斗からの営業メールに思わず返信してしまう。引っ越してきたばかりで近所に知り合いもなく、日中をひとりで過ごす専業主婦の小夜子は、ときには白昼にあらぬ妄想をすることも。そんな小夜子のような寂しい女性にとっては、単なる営業メールすら胸が高鳴る一大事!? 海斗へのアプローチをエスカレートさせていく小夜子は痛くて切ない。けれど、年下男子ってかわいいし、老若男女と接する仕事柄ゆえ振る舞いが自然で話し上手。こんな年下男子がいたら誰だって狂ってしまうかも!?

<マニアックな胸キュン仕草はここ!>
髪に触れるときの白い指や指の節がそこはかとなく色っぽい。手が首筋に触れるか触れないかの距離に焦らされる!

【火傷しそう!アングラなハードボイルド系男子】

『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』

08

(C) リチャード・ウー、すぎむらしんいち・講談社/映画「ディアスポリス」製作委員会

<見どころ解説>
リチャード・ウーとすぎむらしんいちのコミックをもとに、松田翔太が秘密組織“裏都庁”のたった一人の警察官を体当たりで演じたテレビドラマの劇場版。世界から見放された東京在住の密入国者たちを救うため、己の信念に従い孤軍奮闘する裏ケーサツが、ある女性の誘拐殺人事件をきっかけに、暴力団や得体の知れないアジア系犯罪組織とサバイバル戦を繰り広げる様子を描く。アンダーグラウンドな世界でうごめく、ダークでパワフルな人々のむき出しの喜怒哀楽が胸を突く。

09

(C) リチャード・ウー、すぎむらしんいち・講談社/映画「ディアスポリス」製作委員会

<妄想が暴走ポイント>
松田ふんする国籍や年齢は一切不明で、中国語や英語など多言語を自在に操る裏ケーサツの警察官は、そのミステリアスなたたずまいがたまらない。抜群の運動神経と野生動物のような目力、そして裏社会のすべてを知り尽くした明晰な頭脳を併せ持ち、オールマイティな大人の男が醸し出すフェロモンにメロメロ! つい彼のためなら地獄の果てまで……とばかりに、身も心も捧げてしまいそう。さまざまな人種が集まるカオスのような裏社会に潜り込み、汚れても、踏みにじられても側に置いて欲しいと思わせるカリスマ男の奴隷になりた~い。

<マニアックな胸キュン仕草はここ!>
パーティでハジけて踊りまくり、豪快に酒を飲み干すワイルドさと反比例する細い喉元がセクシー!

【人種不問!頼りになる救世主系男子】

『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』

10

(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

<見どころ解説>
人気ヒーローシリーズ映画『ミュータント・タートルズ』の続編。ニューヨークの町を密かに守る忍者のカメ4兄弟の前に、新たな強敵が立ちはだかる! 高層ビル群を縦横無尽に駆け巡るアクロバティックなアクション、異次元世界にまでフィールドを広げたド迫力の映像、すべての要素が前作からスケールアップ。イノシシ姿&サイ姿のちょっとマヌケな悪役ミュータントコンビも登場し、パワフルかつポップな「ニンジャ・タートルズ」ワールドが展開する。

11

(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

<妄想が暴走ポイント>
ニューヨークの下水道に潜み、人目を避けて隠密行動を続けるタートルズ。驚異的な身体能力を持つ彼らとのお忍びデートは、大きな甲羅に乗せてもらって深夜の街を飛び回るなど、かなりアクティブでスリリングなものになりそう。ときにはNBAの試合会場に忍び込み、天井裏の特等席からピザを食べつつ観戦するという、人間の彼氏ではあり得ないスペシャルデートで盛り上がるのもオツ。もちろん、悪い奴らがいきなり襲ってきたとしても、タートルズなら一網打尽。彼らとの恋愛なら、“正義のヒーローに守られるヒロイン”の気分が存分に味わえちゃう!

<マニアックな胸キュン仕草はここ!>
ゴワゴワした緑色の肌、ツルツルの丸い頭、硬くて逞しい甲羅……。人とは違うボディの質感にゾクゾクしそう!

【要応援!がむしゃらに頑張る系男子】

『超高速!参勤交代 リターンズ』

12

(C) 2016「超高速!参勤交代 リターンズ」製作委員会

<見どころ解説>
アッパレな知恵とチームワークで超高速な参勤を成し遂げた弱小貧乏藩・湯長谷藩。その活躍を描いた『超高速!参勤交代』の続編となる本作は、無事に「参勤」を終えて故郷に帰る「交代」の途中で、とんでもないハプニングが勃発。またもや幕府の陰謀の的にされ、絶体絶命のピンチに見舞われてしまう彼らの秘策とは? 湯長谷藩の藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)と、飯盛り女のお咲(深田恭子)との恋の行方にも注目だ!

13

(C) 2016「超高速!参勤交代 リターンズ」製作委員会

<妄想が暴走ポイント>
普段は穏やかで慎ましやかなお人好しだが、藩が窮地に陥ったとあればキリッとビシッと有能なお殿様に変貌する政醇。何事にも全身全霊で臨む彼は、恋愛にだって全力投球。身分違いのお咲を何ら臆することなく愛そうとする様子は、江戸版『プリティ・ウーマン』のリチャード・ギアとでも呼ぶべき男っぷり。ギアと違って「愛してる」なんて言ってくれないシャイな日本男児だけど、その分、態度と誠意で気持ちを伝えようとするところがたまらなくステキ。民たちの農作業を優しく見守る政醇様の後ろを、三歩下がってついていけたら最高にシアワセ!

<マニアックな胸キュン仕草はここ!>
敵に襲撃され、お咲を背後に庇って刃を交える政醇は、まるで姫を守る騎士のよう。凛々しいお姿にドキドキが止まりません!

【料理上手!女性が苦手な絶食系男子】

『にがくてあまい』

14

(C) 2016映画「にがくてあまい」製作委員会
<見どころ解説>

女性にいっさい興味がないベジタリアンのゲイと、野菜が苦手なキャリアウーマンの同居生活をコミカルに描いた同名コミックを映画化。性格も食の好みも、恋愛対象もまったく異なるふたりが、日々の美味しい料理を通じて打ち解け合い、苦手なことや苦い想い出を克服していく。主演は、『好きっていいなよ。』の川口春奈と『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』の林遣都。王道の青春ラブストーリーとは一線を画する、一筋縄ではいかない恋の行方が気になる!

15

(C) 2016映画「にがくてあまい」製作委員会

<妄想が暴走ポイント>
野菜ぎらいなマキ(川口春奈)は偶然出会った渚(林遣都)のつくった野菜スープの美味しさにときめくものの、女性にまったく興味がないと言われ一瞬にして撃沈。ところがひょんなことから渚の家に住まわせてもらうことに。同居にOKしてくれたうえに、こんなに美味しい料理を毎日食べさせてくれるなんて、自分にもチャンスがあるかもとマキが色めき立つのも当然。「残さず食え」ってSっ気たっぷりの発言すら、気の置けなさを感じさせる。渚みたいな男子がいたら、彼を振り向かせたい、だけど理解してあげたい……そんな究極の願望がせめぎあいそう。

<マニアックな胸キュン仕草はここ!>
仕事で落ち込んでしまい、逆床ドンでしがみついてきたマキに頭ポンポン。その優しさ、勘違いしちゃうかも。

【ビバ熟男!激渋な枯れ線系男子】

『後妻業の女』

16

(C) 2016「後妻業の女」製作委員会

<見どころ解説>
金持ち老人の遺産を狙って結婚する“後妻業”をテーマに、大竹しのぶが「この役には彼女しかいない」という熱演を見せる社会派エンターテインメント。主人公が9番目(!)の夫の全財産を相続すると宣言、前妻の娘たちが彼女の過去を調べると恐ろしい事実が発覚する。大竹をはじめ豊川悦司、笑福亭鶴瓶、津川雅彦など豪華キャストが、愛とお金をめぐる男女の生々しいやり取りを怪演。大竹と前妻の娘を演じる尾野真千子による壮絶なキャットファイトは迫力満点で必見。

17

(C) 2016「後妻業の女」製作委員会

<妄想が暴走ポイント>
シニア世代の婚活をサポートする結婚相談所所長の柏木亨(豊川悦司)は、一見すると気さくなお人好しの中年男。ところがその裏の顔は、小夜子(大竹しのぶ)と“後妻業”に手を染めているコワモテの悪人。表の顔と裏の顔がまるっきり異なるギャップは魅力的。しかも、キャバクラ嬢、新米ホステス、秘書に後妻業の相棒・小夜子とただならぬ雰囲気で、女性の扱いも手慣れたもの。悪人だとわかってはいるけれど、こんな危険な香りがプンプン漂う柏木と交際したらきっと退屈しないはず。ジェットコースターのようなスリリングな人生も悪くない!?

<マニアックな胸キュン仕草はここ!>
悪事を企みながら葉巻をくゆらす姿はザ・ダンディ! 大人の男が振りまく、だだ漏れのエロスにのみ込まれちゃう。

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)