“秒速で1億円稼ぐ男”に騙され借金地獄へ! 『闇金ウシジマくん Part3』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

main_500
(C)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん3」製作委員会

すごくお金持ちらしいけれど、具体的に何でそんなに稼いでいるのか、わからない有名人っていますよね? ○○とか××とか。そんな有名人がうら若い美女たちを集めて東京のどこかで夜な夜なゴージャスなパーティーを繰り広げている……。映画『闇金ウシジマくん Part3』(9月22日公開)では、そんなうさんくさ~い業界を舞台にマネーゲームを繰り広げます。

高額セミナーに通うフリーター

ウシジマ(山田孝之)が営む闇金融「カウカウファイナンス」をめぐる債務者たちの悲喜こもごもを描いてきた人気シリーズも、そろそろ終わりに向けてカウントダウン。この『Part3』の後は、10月22日公開の『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』で実写シリーズはついに幕となります。『ザ・ファイナル』では、これまで狂言回し的な存在だったウシジマ自身にスポットライトが当たるということで、債務者たちの人生模様という『ウシジマくん』らしい『ウシジマくん』が見たい人なら『Part3』は必見!でしょう。

本作で軸となるのは、原作の「フリーエージェントくん編」と「中年会社員くん編」のエピソード。秒速で何億も稼ぐ(どこかで聞いたようなフレーズ……)という怪しげな男に憧れて高額セミナーに通い出すフリーター・沢村真司(本郷奏多)の物語と、女遊びに溺れる既婚者サラリーマン・加茂守(藤森慎吾)の物語が並行して描かれます。

2時間ちょっとの上映時間、あまりに“エグい”内容に「もうやめてあげてよォ!」と言いたくなる瞬間もしばしば。とくに沢村がセミナー内で地位を得ようと、どんどん高額教材を買ってのめり込んでいく姿は、「沢村くんは馬鹿だな……。でも根は悪い奴じゃないからより辛いな……」とキリキリすること間違いなし。だからこそ彼がやっと成功を収めたときは、「よかったね!」と心から祝福してしまいました。まぁ、同時に破滅の予感もどんどん強まっているわけですが……。

え、加茂? 加茂は自業自得です!

浜野謙太は本作を代表作にしては!?

それにしてもキャスティングの妙が光る作品です。女遊びがやめられないクズをオリラジ藤森が演じるというのも秀逸ですが、なにより浜野謙太! 沢村が通う高額セミナーの講師である、怪しげなお金持ち・天生翔役が超ハマり役で、本作を彼の代表作のひとつにしてもいいのでは?と思うくらい。信者からするとカリスマかもしれないけれど、外野から見ると完全にうさんくさい変人というキャラクターを絶妙に演じています。彼がピキーン!とキメる“天生ポーズ”は真似したくなる力があります……!

あとは高額セミナーで沢村と競う、自称“ネットの有名人”しんこch.役の前野朋哉も、一言話すだけでも「こいつは何か変」という説得力がありますし、「カウカウファイナンス」受付嬢のモネ役の最上もがも、比較的常識人ではあるけど、どこかトボけた雰囲気がかわい。沢村の恋人でモデルのりな役の白石麻衣には「よくぞここまで頑張った」と表彰状を贈りたい!

山田孝之に本郷奏多、綾野剛たち実力派が中心を固めているからこそ、こういった大胆なキャスティングが可能になるのでしょう。

思わず笑ってしまうシーンも

優れた絶叫マシーンやホラー映画は“緩急”のつけ方が巧みです。ふっと緊張が解ける瞬間があるからこそ、その後の恐怖が引き立つのです。

それでいうと本作も、「債務者たちが破滅に向かうのを見たくない……」と震える合間に、なんともいえないユーモアを織り交ぜてきて(債務者への“罰ゲーム”シーンには試写会場でも笑いが起こっていました!)、まさに“ジェットコースター・ムービー”という表現がピッタリ。鑑賞後はお金の大切さをしみじみ感じることでしょう……。

(文/原田イチボ@HEW)

『闇金ウシジマくん Part3』を先行予約☆

movieticket2

記事制作 : HEW