【映画の料理作ってみたら vol.17】ゲイ男子が作るおいしいベジタリアン料理『にがくてあまい』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=金田裕美子/Avanti Press

レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、ジャレット・レト、トビー・マグワイア、アンソニー・ホプキンス、ケイシー・アフレック、ウディ・ハレルソン、スカーレット・ヨハンソン、ナタリー・ポートマン、ケイト・ウィンスレット、グウィネス・パルトロー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス。これらのスターに共通することは?

「ハリウッドに君臨するスター」のリストのようにも見えますが、実は、この方たち全員ベジタリアン。ま、一時期そういう食生活を送っていたけどやめたとか、役作りのためにお肉を食べたとか、それぞれ事情はあるので、全員が今も厳格な菜食生活を続けているかどうかはわかりませんが、それにしてもこのそうそうたる顔ぶれ。やっぱり一流の人々は美容と健康に気を使ってるのね……と思ったら、欧米では健康よりも動物愛護の観点からベジタリアンになる人が多いそうです。いずれにしても体に良さそうなことに変わりはありません。今回はこれらのスターにちょっとでも近づくべく(?)ベジタリアン・メニューを作ってみます。

VM_Titanic
このお二人もベジタリアン。『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット
© Beitia Archives Digital Press Photos/Newscom/Zeta Image

ひと口にベジタリアンと言っても、さまざまな種類があるようです。肉や魚は食べないけど卵や乳製品は食べるラクト・オボ・ベジタリアン、肉・魚・卵は食べないけど乳製品はOKのラクト・ベジタリアン、肉・魚・乳製品は食べないけど卵はOKのオボ・ベジタリアン、肉・魚・卵・乳製品、蜂蜜NGの完全菜食であるヴィーガン、さらには果実・種子・ナッツのみを食べるフルータリアンなんてのもあります。ジュリア・ロバーツとヒュー・グラントが共演した『ノッティングヒルの恋人』には、フルータリアンの女性が登場して、「フルーツや野菜にも感情があるのに料理するなんて残酷。だから私たちは枝から落ちた物しか食べないの。それならもうすでに死んでるから」「じゃあ、このにんじんは……」「そう、殺されたのよ」なんてやりとりをするシーンがありました。

ベジタリアンの人って普段何を食べてるの?
の問いにも答える映画『にがくてあまい』

お肉も魚も大好き! 不健康食歓迎! なわたくしですが、「菜食にしてから体調がいい」「体質が変わった」などという話を聞くと、短期間なら試してみてもいいかな、という気にはなります。でも、ただ野菜を食べていればいいというものではなく、タンパク質やらビタミンやら、ちゃんと栄養バランスを考えないとかえって健康に悪そう。ちまたにはベジタリアン・レストランも数多くありますが、ベジタリアンの人たちって普段何を食べてるの?

そんな疑問に答えてくれるような映画がありました。9月10日公開の『にがくてあまい』です。原作は2009年から2016年5月までWEB配信された同名コミック。「“食と愛”をテーマにしたベジタリアンフード・コミックがいよいよ映画化!」と紹介されているだけあって、映画の中でベジタリアン・メニューとその作り方がふんだんに紹介されています。ベジタリアン超初心者のわたくしは、さっそくこの映画を参考に作ってみます。

この映画の主人公、広告代理店に勤めるマキ(川口春菜)は、部屋は散らかり放題、大の野菜嫌いで食べ物にはまったく無関心、お昼も栄養補給ゼリーで済ませてしまうようなズボラ女。そんな彼女が、ひょんなことからイケメンの男子校教師・渚(林遣都)と同居することになります。厳格な菜食主義、ヴィーガンである渚の作るプロはだしの料理に感動して野菜が食べられるようになり、ついでにぶっきらぼうながら優しい一面を見せる渚に恋してしまうマキ。でも、渚は女にはまったく興味のないゲイだったのです!

VM_NA01
『にがくてあまい』9月10日より全国ロードショー
©2016映画「にがくてあまい」製作委員会 ©小林ユミヲ/マッグガーデン

渚が二日酔いのマキのために作るスープや、会社に持たせてくれる玄米おにぎりとベジタリアン・ハンバーグのお弁当、夕飯のキーマカレー、きのこのシチュー、若いタレントにCM出演を依頼する際に持っていく豆乳の冷製茶碗蒸し、マキの実家で作る野菜と油揚げの餃子、どれもこれもマキとその他の登場人物たちは「おいしーい!」と喜んで食べています。しかしその昔、ニューヨークのベジタリアン・レストランでものすごく不味いもの(何だったかすら忘れました)を食べてしまった想い出のある私は、どうも疑ってしまいます。ホントなのか。肉も魚も卵もバターもかつおだし(魚だからNG)も使わないで、そんなに美味しくてお腹も満足する食事ができるのか。これは実際にやってみるしかありません。

ヴィーガン料理フルコース、行ってみます!

今回は、渚が作っていた料理の中から、ハンバーグ、キーマカレー、冷製茶碗蒸しのフルコースを作ることにしました。

VM_NA02
料理上手なイケメン渚『にがくてあまい』9月10日より全国ロードショー
©2016映画「にがくてあまい」製作委員会 ©小林ユミヲ/マッグガーデン

ハンバーグとキーマカレーの材料に使われているのはもちろんお肉ではなく、「高きび」という穀物。大豆から作った「大豆ミート」とならび、どうやらこれはベジタリアン食におけるお肉的な存在らしい。「きび」というだけあって、桃太郎がお腰につけていたきび団子のきびや、砂糖きび、とうもろこしの仲間です。戦時中はお米の代用品として食べられていたそうですが、鉄分や食物繊維、ビタミンB1、B2、各種ミネラル、ポリフェノールも豊富なスーパー食品。中国ではコーリャンと呼ばれています。

コーリャンと聞いて映画ファンが思い出すのは、世界的に活躍する中国の大女優コン・リーのデビュー作であり、チャン・イーモウ監督のデビュー作でもあるベルリン映画祭金熊賞受賞作、『紅いコーリャン』でしょう。造り酒屋に嫁いだ女の波乱万丈の人生が力強く描かれるこの作品には、コーリャン畑が第二の主役といっていいほど全編にわたり印象的に登場します。夫亡き後、彼女が継いだ造り酒屋が作っているのもコーリャン酒。通常日本で手に入るコーリャン酒はかなり度数の高い蒸留酒ですが、彼女のところで作っているのは発酵させただけで蒸留はしていない醸造酒らしく、赤い色をしています。

まずはこの高きびを炊きます。『にがくてあまい』に登場する料理のレシピは、原作はもちろん、ネットの料理サイトなどでも紹介されているので、そちらもご参考にしてみて下さい。高きびは軽く洗って一晩水につけ、同量の水とともに鍋に入れて、火にかけます。『紅いコーリャン』のコーリャン酒と同じく水が真っ赤になります。沸騰したら弱火にして、時々かき混ぜます。水分がなくなったら蓋をして10分ほど蒸らします。これで高きびの下ごしらえは完成。一度にたくさん炊いて、冷凍保存などしておくといろんな料理に使えて便利です。炊いた高きびは、赤というか茶色というか微妙な色のつぶつぶで、見た目は挽き肉みたい。食べてみると、食感もなにやら挽き肉に似ています。味は、ほんのり苦味のある香ばしい穀物、という感じ。料理するとこれがどんな感じになるのか、興味津々です。

VM001
こちらが高きび。同量の水で炊きます

高きびハンバーグ

最初のメニューは、この高きびを使ったハンバーグ。玉ねぎをみじん切りにして塩少々を加え、しんなりするまで炒めます。にんじん、れんこんは皮つきのまますりおろします。渚が言っていたように、「一物全体(いちぶつぜんたい)」、食べ物はできるだけまるごと食するのが一番いいとされています。だからここでも皮つきのまま。もちろん先によーく洗ってください。れんこんはでんぷんが多いので、つなぎの役目を果たします。お麩もすりおろします。これはハンバーグをふんわりさせるパン粉の代わりのようなものでしょうか。

IMGP0807
れんこんもお麩もすりおろします

これらをボウルに入れて高きびを混ぜ、丸めてハンバーグのように形を整え、オリーブオイルを多めに入れたフライパンで両面を焼きます。

VM11
細かくした素材を全部混ぜ合わせます

次に野菜あん。鍋に昆布だしとしょうゆ、みりんを入れ、にんじん、玉ねぎ、しいたけの千切りを加えます。野菜が煮えて柔らかくなったら水溶き片栗粉でとろみをつけます。焼き上がったハンバーグにあんをかければ高きびハンバーグの出来上がり。

VM15
高きびハンバーグは見た目も美味しそうだけど、食べてもとってもボリューミー

おー。見た目は完全にハンバーグです。お味は……さすがにお肉の味はしませんが、これはこれで香ばしくて美味しい。菜食にこだわらず挽き肉と高きびを混ぜて作れば、お肉も味わえて繊維や鉄分など高きびの豊富な栄養も摂れて、一挙両得なんじゃ……とやっぱりお肉の呪縛から逃れられないわたくしなのでした。

高きびキーマカレー

次はキーマカレーに挑戦です。

VM07
キーマカレーの材料一式

これも、通常挽き肉を使うところに高きびを使います。鍋にオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたにんにくとしょうがを加えて弱火で炒めます。香りが立ってきたら、みじん切りの玉ねぎを加えてよく炒め、すりおろしたにんじん、高きびを加えてさらに炒めます。こうやって炒めていると、本当に挽き肉にしか見えません。

VM10
素材はみじん切りにしたり、すりおろしたり。そして本当に挽き肉みたいな高きび

ここにトマトの水煮と昆布だしを加えてじっくり煮込みます。とろっとしてきたらココアパウダーとカレー粉を加えます。え、ココア? と思いますが、ほんのーりデミグラスソースのような、深いコクが出ます。これ、ベジタリアンじゃなく普通のカレーでも、入れるとうまみが一段と増すおすすめの隠し味。最後に塩で味を調えれば出来上がり。玄米ご飯にルーをかけ、パセリを散らしていただきます。

VM142
肉が入っていないことを忘れそう。かなり美味しいです!

穀物に穀物のルーをかけるってどうなのよ、と思いましたが、これがなかなか味わい深くてイケル。高きびのプチプチ食感は「挽き肉です」と言われれば「そうですか」と納得しそうです。何も言わなければ、動物性の食材を一切使っていないことに気づかない人も多いかもしれません。

ゴーヤの冷製茶碗蒸し

最後はゴーヤの冷製茶碗蒸し。茶碗蒸しといえば通常卵とだし汁を使いますが、ヴィーガン的に卵はNG。代わりに豆乳で作ります。ゴーヤを縦半分に切ってわたと種をスプーンで取り除き、薄切りに。塩でもんで水気をとり、さらに砂糖をもみ込みます。これでかなりゴーヤの苦みが軽減されるようです。

VM03
ゴーヤを苦くしない方法は塩、そして砂糖でよくもむこと

器にゴーヤと、もどした干ししいたけの薄切りを入れます。無調整豆乳(甘いのはダメ!)に薄口しょうゆと粉末の昆布だしをごく少量のお湯で溶かしたものを加え(そのまま入れると溶けずに底に残る可能性アリ)、にがりを加えて混ぜ合わせ、そっと器に注ぎます。

VM05
豆乳だけど茶碗蒸し感満載

これを蒸し器で蒸すこと7~8分。冷めたらさらに冷蔵庫で冷やし、食べる時にゴーヤと梅肉を飾ります。

VM06
蒸します

卵とだし汁を蒸し固めて冷やしたものを卵豆腐と呼びますが、こちらはだし入りのお豆腐で、名前は茶碗蒸し。なんだかこんがらがりそう。でも、食べてみるとこれは美味しい! 具はゴーヤでなくても何でも合うし、卵液を漉したり合わせるだし汁の分量を計ったりする必要がない分、茶碗蒸しより簡単でお手軽かもしれません。豆乳で茶碗蒸し、これは発見です。今回は蒸し器を使いましたが、茶碗蒸しと同じく電子レンジでもできるので、ぜひお試しください。熱いうちに食べても美味しいです。

VM13
冷たくしても温かいままでもイケます

さて、本当は「(お肉の代用品みたいなもの使うならお肉食べればいいじゃん……)」と思いながらちょっと嫌々挑戦したベジタリアン・メニュー。3種類作ってみたら、少々疑っていた味もボリュームも、かなり満足のいくものができました。普段やらないことを試してみると、いろいろな発見があるものです。暗示にかかりやすいので、1回食べたくらいで何となく体調がいいような気さえします。たまにはこういう食事もいいな、しばらく続けてみるのも面白いかも、と思ったくらい(実際にやるかどうかは別)、人間的に大きな成長を遂げた(?)ベジタリアン・メニューでした!

VM17
ベジタリアン料理、かなりよいかもしれません!

◆材料◆
【高きびハンバーグ】
高きび、玉ねぎ、にんじん、れんこん、麩、塩、オリーブオイル
《あんかけ》玉ねぎ、にんじん、しいたけ、昆布だし、しょうゆ、みりん、片栗粉
【高きびキーマカレー】
高きび、にんにく、しょうが、玉ねぎ、にんじん、オリーブオイル、トマト水煮缶、昆布だし、ココア、カレー粉、塩、パセリ
【ゴーヤの冷製茶碗蒸し】
ゴーヤ、塩、砂糖、干ししいたけ、無調整豆乳、にがり(豆乳200ccにつき大さじ1)、薄口しょうゆ、粉末昆布だし、梅肉
【映画っぽい雰囲気を盛り上げる小道具】
木製のお弁当箱、有機野菜、古い一軒家

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)

シリーズ