『少女』本田翼&山本美月 インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

オタク女子同士で意気投合!

1

映画『少女』は10月8日全国公開

湊かなえのミステリー小説を映画化した『少女』で、「人の死が知りたい」という思いにとらわれてしまった親友同士の女子高生、由紀と敦子を熱演した本田翼と山本美月。ポジティブなイメージとは真逆のキャラクターに挑んだ2人が、撮影裏話やプライベートを語り合った。

悩んで考え抜いて役をつくり上げた

Q:心に闇を抱えた女子高生、由紀(本田)と敦子(山本)。かなり難しい役どころだったのでは?

本田翼(以下、本田):すごく悩みました。由紀は常にフラストレーションを抱えていて、ほとんど笑うことがない女の子。初めは何に怒っているか、何がそんなに不満なのか、よくわからなかったんです。でも、自分が高校生だったときのことを振り返ったら、確かに「はっきりとは説明できない不満感」がわたしの中にもあったなと思いました。そこが理解できてからは、役に入り込んでいくことができました。

山本美月(以下、山本):わたしは今まで、明るくてキャピキャピした役が多かったんですけど、今回の敦子のような人間味のある女の子のほうが共感はできました。ただ、わたし自身は敦子のように感情の起伏が激しいタイプではないので、監督に相談しながら現場で考えて役をつくっていった感じです。すごく重いシーンが多くて、心が壊れそうになることもありましたけど、こんないい作品に出させてもらえたのだから、何が何でも演じ切ろうと思っていました。

Q:演出が『繕い裁つ人』などの三島有紀子監督だけに、ダークで抒情的な作品になりましたね。

本田:三島監督が女性の心理にきちんと心を向けてくださっていたんです。女性の監督だったから、繊細でリアルなのだと思います。

山本:わたしもそれは感じます。衣装のフィッティングのときも、こんなフリフリの服着るの? って思うことがあったりして(苦笑)。三島監督は衣装合わせにも時間をかけて、細部にこだわってくださいました。

ベタベタしないタイプの信頼感

2

Q:ドラマ「恋仲」など、お二人はこれまで何度か共演しているんですよね?

山本:ここまできっちりと向き合う役は初めてなんです。ただ、お互いの空気感は知っていたので、敦子と由紀の関係性は作りやすかったです。

本田:逆に、すごく仲が良くなる前でよかった気がする。親友なんだけど距離ができてしまう由紀と敦子の関係が、うまく表せたような気がします。

山本:プライベートでごはんに行くようなべったりな感じではなくて、連絡とかしなくても絶対イヤな感じにはならないだろうなって思えます。

本田:しばらく連絡取っていなくても、わたしと美月ちゃんなら大丈夫だよね。信頼感があるから。

Q:お二人とも漫画・アニメやゲームがお好きとのことなので、共通の話題も多いんじゃないですか?

山本:好きなジャンルがちょっと違うんです。わたしは萌えアニメとかが好きですけど、翼ちゃんは男っぽいジャンル。

本田:漫画だったらジャンプ系。ゲームも男の子が好きそうなものが好きなんです。美月ちゃんとは逆(笑)。

山本:わたし、次にどこに行けばいいのか矢印で教えてくれるような親切なゲームが好きなんです。ヒロインがどこかに行っちゃうと、もう捜せない(笑)。

本田:わたしは村人に話を聞いて捜すのが好き(笑)。

山本:でも、好きなゲームが被らないほうがいいんですよ。被るとライバルになっちゃったりするから(笑)。

本田:わたしのほうが好き! とか(笑)。

悩んだときは誰かに相談する?しない?

3

Q:自分の本当の気持ちをなかなか相手に伝えられない由紀と敦子。お二人は何かで悩んだとき、誰かに相談するタイプですか?

山本:わたしは相談するタイプです。溜め込むのが無理なんですよ。全部言っちゃいます。自分が悪かったことも脚色せずに全部話して、悪い点と悪くない点を全部客観的に言ってもらって、自分の意見を決めて、それで悩みのもとになっている相手にすべて話しますね。言わないとモヤモヤするんです。

本田:エライ! わたしは何も言えない。モヤモヤするけど、人に相談して、その人のアドバイスの通りにやってみたら、うまくいかなかったことがあったんです。そのとき、なんとなくその人のせいにしちゃった自分がいて、それがイヤだったんです。自分が決めたほうにすれば、その人のせいにすることもなかった。だから、悩みごとは自分で考えて解決したほうがいいと思ったんですよね。

山本:誰かに話しても話さなくても、最終的に決めるのは自分だよね。

Q:多感な少女たちの内面を鮮烈に描いた本作。いよいよ公開となる今のお気持ちは?

本田:自分にとって新しい一歩、新しい一面を見せられた作品です。完成版を観たとき、心臓の鼓動がどんどん速くなるような感じがして、あっという間に終わってしまいました。よくよく観ることでミステリーの部分を楽しむことができますし、青春、友情、家族などいろんなものが詰まっていて、誰もが共感できるところがあると思うので、ぜひ楽しんでほしいです。

山本:映像がとてもキレイなんです。ゾッとするところもあるけど、監督やスタッフさんたちが丁寧に愛情を込めてつくってくださった作品だと思います。カットされたシーンもいっぱいあったけど(笑)。

本田:わたし、お婆ちゃんに首を絞められていたんですよ! 本当に、顔が真っ赤になったくらい苦しかったんです。なのに「カットかい!」みたいな(笑)。

山本:まあ、それはいつか未公開シーンとしてDVDに入れていただければ(笑)。

取材・文:斉藤由紀子 写真: 奥山智明

akinotokusyu

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

関連映画