朝ドラ「べっぴんさん」ヒロイン芳根の“奇行”って!?「私のカラダの80%は…」

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

unnamed-500

いよいよ10月3日よりスタートしたNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』。ヒロインに抜擢された芳根京子は、昭和の神戸に生まれ、終戦後の苦難を乗り越えて子供服ブランドを立ち上げていく坂東すみれ役を演じています。

これまで数々のオーディションで役を獲得してきた功績から“オーディション荒らし”とも呼ばれた芳根。さぞかし勝ち気な人物なのか……? と、これまでのブログを辿ってみると、ほのぼのと可愛らしい写真が並ぶ中に、「ん?」と二度見してしまうような、ちょっとおかしな写真もちらほら。もしかしてこの人、結構お茶目なキャラなのでは? 番組のタイトルが持つダブルミーニングの如く、芳根の「別嬪」な中に出現する「別品」な写真に注目してみました!

基本「何かを被りたい」という衝動あり?

ブログを遡っていくと、突如、被り物をした芳根の写真に出会うことがあります。特に2014年~2015年にかけてはディズニーの馬や恐竜のキャラクター、花冠など、よく何かを被っているのですが、注目すべきはその表情。狙ったキメ顔ではなく、無表情か僅かな微笑みを湛える程度で、どこかシュールな佇まいなのです。「念願の被り物!!」と、青いラッコのキャラクター・ぼのぼのを被った丸いシルエットなんかは、かなり独特のオーラを醸し出しています。普通の帽子スタイルの写真も多いのですが、基本は何かを被っていたい不思議な生態の持ち主なのかもしれません。

「私のカラダの80%は…」

フジテレビ系ドラマ『ラスト♡シンデレラ』で女優デビューしたばかりの2013年5月には、スーパーのミニトマト盛り放題を見つけて溢れんばかりにカップに詰め込むオフショットが。当時16歳の微笑ましいエピソードの1つかも、なんて思っていたら、今年の9月にはもらいもののトマトに嬉々とする様子がアップされています。外装箱のダンボールを早速被ってしまっている様子はさておき、ブログでは大量のトマトに囲まれた画像がよく登場しています。

10月の「週刊女性PRIME」のインタビュー時には「私の身体の80%はトマトでできている」、「小さいときからトマトを食べて生きてきた(笑)」と語っています。スベスベ肌の持ち主である芳根は、ベッピンさんである前に、トマトの恩恵を受けたリコピンさんだったんですね?

共演者とは仲睦まじい?逆壁ドンに、渾身のカウントダウン

過去のインスタグラムやインタビュー時には、映画『先輩と彼女』で共演した若手俳優の志尊淳を芳根が“逆壁ドン“した写真が披露されていました。これは、劇中での志尊による“窓ドン”にちなんでパロディ的に写したもののよう。ちなみに映画撮影中は、芳根は“ドン”されてもドキドキするどころか爆笑してしまっていたとか。その理由を完成披露上映会で問われ、「あまりに自然だったので、日常生活でやってるんじゃないかと…」と説明し、「やってない!」と慌てふためく志尊に冷静に切り込んでいました。

9月23日からはブログで毎日、『べっぴんさん』放送開始までのカウントダウンを告知。アップされた写真には、姉役の蓮佛美沙子とともに身体を使ってあと10日の「10」、カメラアプリを使って自分の分身と合成させた「九」、鉄板の上のそばめしで形作った「8」…と、ユーモアたっぷりに数字を表現。共演者や現場スタッフとも和やかに撮影を進めている様子が窺えます。

『べっぴんさん』での大ブレイクで、2016年下半期以降はバラエティやトーク番組に出演する機会も増えるのでしょうか?「別嬪」なだけじゃない、シュール可愛い芳根のユーモアセンスが、どこかの番組で発揮されるのを期待したいですね。

(文/藤岡千夏@H14)

deathnote

記事制作 : H14

関連映画