宮﨑あおい、夏帆…“過激”な姿を演じた「清純派女優」たち

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

 

2016年9月17日に公開した『怒り』は、惨殺な未解決事件の犯人を巡るミステリー映画。2010年公開した『悪人』で映画賞を総ナメにした吉田修一原作・李相日監督による新作です。「身近なこの人が犯人なのでは」と疑いが生まれたとき、人はどうするのか? 目の前の相手を本当に信じて良いのか? ……最初から最後まで緊迫した空気の続く作品となっています。映画には前歴不詳の3人の男が登場しますが、その一人と親密な関係になるのが、宮崎あおい演じる「愛子」です。なんとこの作品で宮崎あおいが演じる役は、清純派のイメージと正反対の、風俗嬢。さすが女優、と言わざるを得ない圧巻の演技です。そこで今回は、これまでのイメージと正反対の役を演じたことのある清純派女優と、その作品のあらすじをご紹介します。

1:宮﨑あおい 映画『怒り』

千葉の漁港で暮らしていた洋平(渡辺謙)と娘の愛子。しかし愛子は家出をし、なんとそこで風俗嬢になってしまったのです。その後、漁港に引き戻された愛子のもとに突然、田代(松山ケンイチ)という男が現れます。……それは凄惨な殺人事件の犯人が逃亡してから一年がたった頃。田代は前歴が不詳な上、なんと指名手配されている犯人と非常によく似た容姿だったのです。次第に周囲も異変に気が付き、急に漁港にやって住み始めた田代が殺人犯なのではないかと疑い始めます。しかし、そんななかでも愛子は田代に惹かれていってしまうのでした。

愛子を演じる宮崎あおいは、「earth music&ecology」や「sugao」のCMでも見られるようにメイクも薄く自然で、元祖清純派というイメージですよね。しかし今作品では、冒頭から風俗店のシーンも入ります。お店で露出度の高い衣装をまとっている姿ももちろんですが、その後もどこか世間ずれした風俗嬢らしさを感じさせる「愛子」を演じました。

2:夏帆 ドラマ『みんな!エスパーだよ』

『新宿スワン』『ヒミズ』などを手がけ、国内外で絶賛される鬼才・園子温が監督・脚本を務めたドラマ『みんな!エスパーだよ』。愛知県東三河に住む高校生・嘉郎(染谷将太)は、ある日突然テレパシー能力を持つ超能力者に! そしてその町には彼以外にも、超能力を持つ人々が住んでいました。しかし彼らのうちほとんどは、その能力を自分の欲望のために使っていたのです。そして嘉郎と同じくテレパシーの能力を持っていたのが、平野美由紀という女子高生です。

平野美由紀役を演じた夏帆は、CM「三井のリハウス」にて11代目リハウスガールとして出演。ストレートの黒髪に制服姿を見て、清純派のイメージが強く根付いたのではないでしょうか。しかし今作品では丸見えのパンチラどころか、セリフも挑発的で衝撃的なものを連発します。また、ほぼ下着姿で色っぽい表情を見せつけるなど、今までの彼女からとは正反対のキャラを見事演じ高い評価を得ました。

3:有村架純 映画『ビリギャル』

『ハナミズキ』などの土井裕泰監督が務めた、青春感動作・ビリギャル。成績学年最下位の女子高生さやか(有村架純)が、塾教師の励ましを受けて慶應義塾大学合格という目標に向かって突き進むという、実話を元にした作品です。名古屋の女子高に通うお気楽なギャル女子高生さやかは毎日友人たちと遊び呆け、受験勉強なんか一切していませんでした。今の状態では大学への進学は難しいと案じたさやかの母は、塾に通うよう言いつけます。渋々入塾面接に行ったさやかは、そこで教師の坪田と出会うのでした。

ギャル女子高生さやかを演じた有村架純は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で人気に火が付きました。朝ドラ出演者らしい、素朴で純粋そうな外見が印象的です。しかし今作品では彼女は金髪パーマにピアス、厚化粧にミニスカートのへそ出しルックで登場します。喋り方もこれまで演じてきた役柄とは違い、ギャルらしい荒っぽい言葉遣い。有村架純の可愛さはそのままに、がらりと違う外見で今までのイメージと全く違うギャルの役を演じました。

いかがでしたか? 普段と大きくギャップのある役柄を見事に演じきった姿は、非常に魅力的ですよね。現在公開中の『怒り』では、広瀬すず演じる少女の演技も注目されています。何度も監督からやり直しをさせられたという今回の役柄に、体当たりで挑んでいます。映画にドラマ、これまで知らなかった姿をコロコロと変えて見せる女優の魅力は、さすが役者としか言いようがありません! こういった挑戦をした女優たちが、次はどんな役柄で私たちを魅せてくれるのか、今後も一層楽しみですね。

文●ロックスター金谷

akinotokusyu

 

記事制作 : ロックスター