清純でミステリアスな、女優・小松菜奈のブレイクっぷりがすごい

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

oboreruknife-500

(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

累計160万部を超える伝説的少女コミックを原作とした映画『溺れるナイフ』が11月5日に公開となります。菅田将暉の相手役であるヒロインに抜擢されたのが現在人気上昇中の女優、小松菜奈。話題作への出演が続き、先日は人気グループBIGBANGのリーダーG-DRAGONとの熱愛疑惑が報道されるなど、今なにかと注目の女優です。いままさにブレイク中の小松菜奈とはどんな女優なのでしょうか?

女優だけじゃない、ハイセンスなファッションモデルの小松菜奈

現在は女優として多くの作品に主演している彼女ですが、2014年公開の映画『渇き。』で女優デビューする以前に、2008年からモデルとして活動しています。アンニュイな雰囲気がとても魅力的な彼女のおしゃれな着こなしは、メディアで取り上げられることも多く、そのファッションセンスは多くの女性たちが支持。instagramのアカウントのフォロワーはなんと87万人を超えています。すごい人気っぷりで、彼女のカリスマ性が伺えますが、意外にも古着が大好きだという一面も。「シカゴ」という古着屋が好きでよく足を運んでいることをブログやインタビューなどで明かしています。

クセのある役から王道ヒロインまでこなす演技力

女優としてのデビュー作である『渇き。』では、男性を翻弄する魔性の女を演じました。その演技は、新人ながら型にはまらず見る人を惹きこんでいくもので、別格とも言える存在感を放っていました。同作では報知映画賞や日本アカデミー賞の新人賞を受賞しています。その後、『近キョリ恋愛』や『バクマン』にヒロインとして出演。恋に夢に一生懸命な繊細な女性を熱演しました。まさに王道の清純な女性を演じて若い女性の心情の変化を見事に表現した小松菜奈。『渇き。』とはまったく異なる小松のそのピュアな演技に心を奪われた男性も多いのではないでしょうか。

小松は12月17日から公開される、大ヒット小説を原作とする映画『ぼくは明日、昨日の君とデートする』にもヒロインとして出演し、福士蒼汰の相手役を演じます。さらに先日、2017年夏公開の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』への出演も発表されました。まさにノリに乗っている女優と言っていいでしょう。話題作であるだけでなく、“実写映画化”作品が多いのも面白いですよね。もしかしたら、そのうち山崎賢人と並ぶ“実写化御用達俳優”として、映画界に欠かせない女優になっているかもしれません。

もともとクールな印象を受けやすい彼女ですが、実は明るくておしゃべりな性格だそうです。こういったところも、ミステリアスと清純さを併せ持つといわれる所以でしょう。また、努力家で負けず嫌いだそうなので、これからも今まで以上に幅広い役柄に挑戦していくのではないでしょうか。今後の出演作品も目が離せませんね。

(文/上野澪@HEW)

deathnote

記事制作 : HEW