トランプ氏も仰天のキャリア!?大工やドアマンから“転身”したハリウッドセレブ

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

ある意味、大工としても成功していたのかもしれないH・フォード(Getty Images)ある意味、大工としても成功していたのかもしれないH・フォード(Getty Images)

11月8日はアメリカの大統領選。民主党のヒラリー・クリントンと共和党のドナルド・トランプが熾烈な争いを繰り広げているわけですが、大統領になろうと立候補する以前の彼らの職業と言えば、ヒラリーは弁護士→上院議員→国務長官と錚々たるもの。対するトランプも不動産会社会長兼社長&TV番組司会者という多彩な顔を持っています。というわけで、今回はセレブたちがまだ有名になる前に就いていた意外な前職をご紹介します。

■大工からハン・ソロへと劇的転身を遂げたハリソン・フォード

大学中退後、コロンビア映画と契約して細々と俳優活動をしていたハリソンだけど、全く鳴かず飛ばずの状態が続き、独学で技術を学んで大工に。しかし大工仕事を通じて映画プロデューサーと知り合い、のちに『スター・ウォーズ』のハン・ソロ役に抜擢されます。この時のことをハリソンは「オファーが来てびっくりしたよ。だってその頃の本業は大工だったんだから」と語っています。その後、ハン・ソロ役以外にも、『インディ・ジョーンズ』という大ヒットシリーズを得て、大スターとなったのはご存知の通り。

■ブラッドリー・クーパーはあのセレブを間近で見て嫉妬!?

2013年に撮られたレオとの2ショット。ブラッドリー、誇らしげ!?(Getty Images) 2013年に撮られたレオとの2ショット。ブラッドリー、誇らしげ!?(Getty Images)

2009年の『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』で、34歳でブレイクするまでは下積みが長かった遅咲きのブラッドリー。彼がアクターズスタジオで演技の勉強をしながらホテルのドアマンとしてアルバイトしていた時、『タイタニック』で一躍大人気になった直後のレオナルド・ディカプリオと仲間ご一行を部屋に案内したことがあるそうです。同年代で(レオ1974年生まれ、ブラッドリー1975年生まれ)、こんな近くにいるのに、レオと自分は世界の果てほどに遠いところにいるように思えて狂おしい想いをしたと語っているブラッドリー。後に、レオとはあるパーティーで同席して一緒に笑っている写真が撮られているので、その時はさぞ嬉しかったかも!?

■Mr.ナイスガイ、ヒュー・ジャックマンは体育の補助教員

当たり役となった『ウルヴァリン』の最新作が来年公開されるヒュー・ジャックマンは俳優として売れる前、イギリスの学校で体育の補助員として子どもたちの指導していました。そんなヒュー、とある映画祭のティーチインで、「どんなことに怒りを感じるか」という質問をした取材記者がかつての教え子だったことに気付き、「先生の話を聞かない子ども、体操服を忘れて来る子ども、プールに飛び込みなさいと言っているのに無視する子ども。それらに怒りを感じるよ、ロロ!」と記者の名前を突然呼んだのだそう。「どんどん君のことを思い出してきたよ」と、意外な場所での教え子との再会にニコニコ笑顔だったというヒュー。記者もまさか世界的に売れっ子になったスターが自分のことを覚えているとは思っていなかっただろうから、ビックリですよね。そんなふうに教え子をちゃんと覚えているのもMr.ナイスガイ!

■あのナイスバディを前職でも活かしていたチャニング・テイタム

『マジック・マイク』で男性ストリッパーを演じたチャニング・テイタムはその筋肉隆々のマッチョボディで女性に大人気。そんな彼、実は本当にストリップダンサーとして働いていたことがあったのです。「大学を中退して、自分が将来、何をしたいか全然わかっていなかった時、狂ったことをやってみたい気分で始めたんだ。その時の同僚たちに聞いたら、みんな必ず、あの頃は自分にとって一番楽しい時期だったと言うと思う。眠れる猛獣の近くにこっそり近づいてそっと触ろうとするワクワクする感覚なんだ」と、ストリップが自分にとって魅力的だったことを語っています。その経験をスティーヴン・ソダーバーグ監督に話したことが『マジック・マイク』映画化に繋がったのだそう。なるほど、あのチャニング演じるマイクのセクシーストリップは本物だったのですね!

■空軍の機械工というお堅い系職業だったのはモーガン・フリーマン

『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー賞助演男優賞を受賞し、『ダークナイト』シリーズでも渋い存在感を発揮する大ベテラン、モーガン・フリーマンは小学校時代から演劇に親しんでいて、大学進学に際して演劇の奨学金をもらえるほどだったのだけど、高校卒業後には空軍の機械工になる道を選びます。早くに父親を亡くし、男兄弟3人を女手ひとつで育てていた母親を早く楽にさせてあげたかったのでしょうか。空軍で6~7年ほど働いた後は、ロサンゼルス・シティー・カレッジ(ロサンゼルス市立短期大学)の事務員をしていたこともあり、その後、1960年代後半からオフブロードウェイなどで活躍するようになり、今に至ります。

セレブたちも成功するまではさまざまな職業に就いて、頑張っていた過去があるから、今があるのですね。ヒラリーやトランプのように最初からエリートコースまっしぐらというわけでもない彼らに、何となく親近感が沸いてしまうかも!?

文=安藤千晴

記事制作 : iSM

シリーズ