10月29日公開した、人気コミックを実写映画化した大ヒット映画『デスノート』シリーズ最新作『デスノート Light up the NEW world』。東出昌大、池松壮亮、菅田将暉と新進気鋭の若手俳優3人をメインキャストに迎えて製作された話題作ですが、東出演じるデスノート事件を追う警察官の“三島”と、池松演じるLの後継者“竜崎”の関係が腐女子の餌食になりそうな絶妙さを感じさせているんです!

仲間なのに対立するふたりの関係

今回の舞台となるのは、犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとした“キラ”こと夜神月と、暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵“L”の対決から10年後の世界。新たな6冊のデスノートが再び地上に出回り、それぞれが自分なりの正義のもとにノートを集め始めます。

今回の主人公である“三島”は、「デスノート対策本部」の一員。10年前のキラ事件を徹底的に調べ上げ、デスノートのことを知り尽くしたキャラクターです。“ザ・主人公”といった生真面目で実直な性格をしており、作中では人間界に存在するとされる6冊のノートを手に入れて封印することを誓います。

一方、“竜崎”は、Lの遺伝子から生まれた“Lの後継者”。CPOにより三島のいる「デスノート対策本部」に送り込まれるものの、全面的に協力する気はなく、独自のスタイルで調査を進めていきます。同作のプロデューサーが「前作の月とLは完全に対立していましたが、今回の三島と竜崎はともに捜査をする関係。しかし、そこには対立と疑念がある…という構図です」と語っているように、仲間なのになぜかいちいち互いにつっかかるという絶妙な関係が描かれています。

敵なの? 仲間なの?

序盤から何かと対立するふたりですが、中盤では三島が竜崎の“秘密”を暴いてしまいます。実は竜崎には、警察にも明かしていない秘密があったのです。とあることからそれに気づいた三島は竜崎の自宅に押し入り、竜崎に銃を突きつけます。しかし、竜崎はそんな状況でも飄々としたそぶりを見せながら弁明をします。しかし、そんな言葉では信用ができないと言い返す三島。そこで竜崎は、Lとの約束について語り出します。自分にはLに誓ったことがあるのだと……。

竜崎の話を聞いた三島は、完全には竜崎を信用してはいないもののそのまま部屋を後にします。しかし、家を出るとなぜか警察から三島が疑われてしまうことに。そんな彼のもとに訪れたのは竜崎で……?

死神も認める関係!?

ストーリーが進めば進むほど言葉では言い表せないほど絶妙になっていくふたりの関係。仲間なのか、敵なのか、それは最後まで見ないとわかりません。そんなふたりの関係は、腐女子から見ると格好の大好物。もう、妄想がとまらなくなります。関係性だけで萌えられるのが腐女子なのに、そのふたりがまたイケメンときた日には……もうたまりません!

また、竜崎につく死神は、死神の友達がいない女性のアーマ。自分と同じく孤独そうな竜崎を見る目には、何か特別な想いが感じられます。そんなアーマが終盤に口にする言葉もちょっと意味深!? 最後まで何が起こるかわからない衝撃作、ぜひ劇場で確かめてください。

(文/木村彩乃@HEW)