12月17日公開の『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』は、かなりチャレンジングな作品となる予感です。大ヒットゲーム『妖怪ウォッチ』の映画第3弾なのですが今回は実写……といってもただの実写化ではありません。従来のアニメと実写の世界がクロスした、画期的な世界観が繰り広げられるんです!

遠藤憲一がコワモテ“じんめん犬”演じる

主人公の小学生・ケータ(声:戸松遥、実写:南出凌嘉)たちが住む“さくらニュータウン”に空飛ぶ巨大クジラが突然現れた。そしてケータや妖怪たちにも変化が起こる。なんと突然実写の世界が訪れたのだ。皆はアニメと実写の世界を行き来しながら、原因を探ることに――。

おなじみのキャラたちが実写とアニメ、ふたつの世界を股にかけて大冒険するのですが、実写版のキャストがなかなか豪華! エンマ大王役に山﨑賢人、ぬらりひょん役に斎藤工、エミちゃん役に黒島結菜と旬の役者たちをキッチリ抑えているほか、なんとじんめん犬役にコワモテ俳優・遠藤憲一を起用。どういうキャスティングだよと一瞬戸惑ってしまいますが、予告映像を見る限りむしろ一番ハマッているかも。ちなみに遠藤は子供たちへのメッセージとして、「おじさんの顔は怖いけど、ちょっとしか出ないから大丈夫だよ」とコメントしています。なんだか切ない。

アニメ×実写という世界観は出演陣にとっても新鮮なものだったらしく、山﨑や斎藤たちは始め声優としてオファーされていると勘違いしてしまったことを明かしています。

実写化が“安易”と批判される一方…

Twitter上では、

「アニメと実写がまざるのって楽しそう」
「アニメ漫画の実写化ほんと増えたなーって思ってたけど、ああいう形でやってくるのはちょっと驚いた」
「実写とアニメのコラボなんて画期的だし、しかもその実写が今の所すごくしっくりきてる……あの妖怪ウォッチだよ??絵柄的に実写にするの難しそうなのに」

といった声が上がっており、実写とアニメのコラボに期待する人は多い様子。同じような演出を行った映画といえば過去に『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』(昨年5月日本公開)がありましたが、こちらはメインキャラクターはCGで描かれているので、多くのキャラクターを役者が演じている『妖怪ウォッチ』はさらに1歩進んだ形といえそうです。

人気の漫画やアニメの実写化は、「人気俳優を使っておけばいいだろうという考えが透けて見えて安易だ」のように批判されがちですが、実写とアニメの融合なんていう斬新なスタイルに挑戦している『妖怪ウォッチ』は、安易どころかむしろ“攻めまくり”なのでは!? ひょっとしたら『妖怪ウォッチ』が今後の実写映画を変えるかも……。

(文/原田美紗@HEW)