被害額は”10億円”相当も!? ケタ外れの強盗や盗難に遭ったセレブ達

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

キム・カーダシアンとカニエ・ウェスト。夫婦仲はいいようです。(Getty Images)キム・カーダシアンとカニエ・ウェスト。夫婦仲はいいようです。(Getty Images)

■キム・カーダシアン、巨額被害に!

10月上旬のその日、カニエ・ウェストはニューヨークで開催されていたフェスのヘッドライナーとしてライブ中でした。けれど1時間ほど過ぎたとき、突如、「家族の緊急事態だ」と言ってライブを中断、一路フランスに向かいました。その理由はカニエの奥さんであるお騒がせタレントのキム・カーダシアンが、パリのホテルで警察官を装ったふたり組の強盗に襲われ、4億円以上とも10億円相当とも言われる宝石などを奪われる被害に遭ったため。不幸中の幸いで肉体的な被害はなかったものの、銃をつきつけられ、死ぬかと思ったというキムのそばに夫カニエが飛んで行ったというわけなのです。まだ犯人は捕まっていないので早期解決を願うばかりです。

■セレブ宅ばかりを狙った連続空き巣事件の犯人は女子高生!

前述のキム以外にも強盗や窃盗などの被害に遭ったセレブはいます。有名なのはソフィア・コッポラ監督がメガホンをとった『ブリングリング』でも描かれた窃盗事件。犯人はセレブに憧れる女子高生たち。ネットでセレブの自宅を調べ、SNSを通じて今、セレブ本人がどこにいるかを把握した上で空き巣に入っていたのです。宝飾品、美術品、ブランドバッグや洋服など、被害総額は300万ドル以上! 被害者にはパリス・ヒルトン、キルステン・ダンスト、ミランダ・カー&オーランド・ブルーム夫妻(当時)、リンジー・ローハン、レイチェル・ビルソンらがいます。ちなみに映画化の際、パリス・ヒルトンは実際の自分の部屋を撮影に提供するという、“転んでもタダでは起きない”精神を発揮しています。

■ミランダ・カーの自宅に不審な男が侵入

来年、富豪E・シュピーゲルとの結婚を控えているミランダ。新居は被害に遭わないといいね!(Getty Images)来年、富豪E・シュピーゲルとの結婚を控えているミランダ。新居は被害に遭わないといいね!(Getty Images)

女子高生窃盗集団の被害にも遭っているミランダ・カーですが、つい最近も彼女のマリブの自宅に不審な男が侵入しようとする事件が発生。幸いなことにミランダと息子のフリンくんは不在で、警備員が男を捕まえたために実際の被害はなかったものの、ここは雑誌の取材で公開していた家なので、容疑者の男もミランダの自宅だと知っていて侵入を試みたのでしょう。

■アートコレクションを盗まれたケイト・モス

スーパーモデルのケイト・モスも、ロンドンの自宅で就寝中に窃盗被害に遭ったことがあります。当時、婚約中だったジェイミー・ヒンスと娘ライラ、さらにたまたま泊まりに来ていたケイトの母親もいるなか、犯行グループは午前4時頃、ケイト宅に侵入。覆面アーティスト・バンクシーの8万ポンドもする作品を含むアートコレクション3点が盗まれてしまいました。しかもバンクシーの絵画はわざわざケイトがリクエストして描いてもらったポートレイトだったそう。犯人グループのひとりがその数日後に逮捕されています。

リアリティ番組や雑誌での取材、さらにハリウッドにはスター豪邸ツアーなどもあるので、簡単にセレブの自宅がわかってしまううえ、さらにSNSで今現在、本人がどこにいるかというのもわかってしまう昨今。もちろんセレブはセキュリティも厳重にしていて、ボディガードもついているのだろうけれど、キム・カーダシアンのようにSNSで高価な私物を公開していれば、ただでさえ狙われやすくなってしまうのが怖いですね。ともあれ、皆さん、ケガがなくて良かったです!

文=安藤千晴

記事制作 : iSM

シリーズ