main-500

(C) 巴亮介/講談社 c 2016映画「ミュージアム」製作委員会

大人気サイコスリラーコミックが原作の『ミュージアム』が、11月12日(土)より公開されます。主演・小栗旬×大友啓史監督(『るろうに剣心』シリーズ)の“コミック実写化ヒットメーカー”の初タッグで大注目の本作。過激な描写とスリリングな展開に興味をかき立てられる人も多いのでは? 『ミュージアム』の気になる結末はぜひ劇場で確かめていただきたいのですが、ここではどうしても“最悪の結末”を予想しながら観てしまう、ショッキング&モヤモヤがクセになる映画を厳選してみました!

1:殺人を演出する…サイコキラーが跋扈する『セブン』

『ミュージアム』は、「ドッグフードの刑」「母の痛みを知りましょうの刑」「均等の愛の刑」などなど……謎のカエル男が次々と残虐な私刑を執行する物語ですが、こうした、テーマを持った「見せる殺人」が、サイコ・サスペンスの傑作『セブン』を彷彿とさせるという点でも話題になっています。 犯人を追いつめる刑事コンビをブラッド・ピットとモーガン・フリーマンが演じた『セブン』では、キリスト教の“七つの大罪”にちなんだ連続殺人事件が起こります。第一の事件は「暴食」。被害者は超肥満体の男で、食べ物の中に顔が埋められていました。拘束されて大量の食事を強要され、その状態で腹部を殴打されたことによる内臓破裂。そして現場の冷蔵庫の裏から、脂で書かれた「GLUTTONY(暴食)」の文字が…。続いて、「強欲」「怠惰」「肉欲」「高慢」の順に、欲にまみれた人間を制裁するかのような殺人が次々と起こります。最後に登場する死体は、多くの人の心にトラウマを残したことで有名です。いちいちショッキングな殺害現場と降り続く雨は、コントラストの強い陰鬱な映像もあいまって、観る者の心理に強烈に焼きつきます!

2:えっ、実話ベース? 未解決!? 絶望的な後味『殺人の追憶』

『ミュージアム』と同様、決まって雨の日に起きる猟奇殺人事件。韓国で実際に起きた未解決の連続殺人事件をベースにした『殺人の追憶』もまた、とんでもなくイヤな後味を味わわせてくれます。何よりも、「未解決」の部分がピリつきませんか? 1980年代のソウル近郊の農村の閉塞した空気が、さらに一昔前の日本の片田舎の風景を思わせ、陰湿な犯罪がどこか他人事ではなく感じられる緊迫感があります。物語は主人公がある会話をして終わりますが、これによって、主人公も私たちも恐怖のどん底! 何日間もゾワゾワした余韻を引きずりますよ!

3:いちばん怖いのはおじさんの笑顔…ヤバすぎる怪物が日本にもいた!『冷たい熱帯魚』

最後にお見舞いする『冷たい熱帯魚』は、またまた実際の事件をベースにしたR-18指定の犯罪映画。『愛のむきだし』『ヒミズ』『リアル鬼ごっこ』など問題作を数々送り出してきた鬼才・園子温監督による本作のストーリーの元になっているのは、1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件。 このグロい描写のエピソードが実話なんだ…そう思うとあらためて落ち込んでしまうほどの、鬼畜の所業。食欲減退120%間違いなしムービーなんですが、なんといっても、大型熱帯魚店を経営する村田役・でんでんの演技が怖すぎるんです。どこにでもいる、ちょっとウザい、人のよさそうな笑顔のでんでんが、じつはイカレた連続殺人鬼。「ボディを透明にする」という死体解体行為。エキセントリックなまでの人生哲学。狂気の向こう側にスッと入った瞬間のでんでんに、心の底から震えます。

『冷たい熱帯魚』を観たら、そのあとどんな作品ででんでんを観ても、全部怖い。いい人役であればあるほど怖い! こんな圧倒的な後味、ありますか? 怖いもの観たさで観てしまったら最後、ボディを透明にされるまで、後戻りはできませんよ!

(文/三浦順子@H14)