毎年冬に放送されるJR東日本のスキー旅行キャンペーン「SKISKI」のCM。過去には本田翼、川口春奈、広瀬すずなどの若手女優が起用され、ゲレンデマジックを予感させるストーリーに心躍らせた男子も多いはず。今年はどの女優が起用されどんなCMになるのでしょうか。

昨冬は初のダブルヒロイン

JR東日本「SKISKI」のCMシリーズでは、美女たちがゲレンデでしか味わえない恋模様を描きます。ゲレンデを舞台に甘酸っぱい青春ストーリーが展開される内容の肝となるのは、やっぱりヒロイン。昨冬は、女優の山本舞香と平祐奈がシリーズ初のダブルヒロインを務めました。1人の男子を奪い合い、火花を散らす2人の可愛らしいやりとりに、心を奪われた男子も多いのではないでしょうか。例年注目のCMだけに今年のキャスティングを予想する声も多く、ネット上では「岡山の奇跡」こと桜井日奈子やNHK大河ドラマ「真田丸」にも出演した永野芽郁といった若手女優の名前があがっています。果たして、今年のヒロインが誰になるのか、非常に楽しみですね。

起用されればブレイク間違いなし!歴代ヒロインたち

同シリーズに起用された本田翼(2012-2013シーズン)、川口春奈(2013-2014シーズン)、広瀬すず(2014-2015シーズン)はそれぞれドラマや映画で主役級の活躍をしています。本田は映画『アオハライド』やフジテレビ系ドラマ「恋仲」で主演・ヒロイン務めたほか、現在放送中の日本テレビ系ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」にも出演しています。川口は映画『好きっていいなよ。』や2017年2月18日公開の映画『一週間フレンズ』で主演を務めており、広瀬も映画『ちはやふる』シリーズや『四月は君の嘘』などでも主演を務めました。いずれも人気女優で、山本と平(2015-2016シーズン)も主要キャストを演じることが多くなってきました。「SKISKI」のCMに起用されればブレイク間違いなしという法則も出来つつあるのかもしれません。

キャッチコピーやCMソングにも注目

「SKISKI」の広告では、キャッチコピーも魅力の1つです。
「青春は純白だ。」
「ぜんぶ雪のせいだ。」
「答えは雪に聞け。」
「そこに雪はあるか。」
といったキャッチコピーは、CMのストーリーとも相まって例年大きなインパクトを与えてきました。駅のポスターでもヒロインと共に描かれているため、通勤通学時この文字に目を奪われた人も多いのではないでしょうか。また、過去にテーマソングになったSEKAI NO OWARIの「スノーマジックファンタジー」やback numberの「ヒロイン」といった曲は、CM効果もあり冬ソングの定番となりました。今年は、どのアーティストの楽曲が起用されるのかにも注目です。

ここ最近、ますます寒さを感じる人肌恋しい季節となりました。多くの男子に“ゲレンデマジック”という夢と希望を与えるSKISKIのCM。今年はどんなCMになり、男子のハートをアツアツにするのか。放送が待ち遠しいですね。

(文/齋藤徹@HEW)