ジョニーデップにブラッドピットも!2016年衝撃的“破局”を迎えたセレブとその後

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

12月に入り、一気に年末という感じがしてきましたが、今年は大物海外スターの離婚や破局が相次いた1年になりました。その5組の離婚・破局を振り返ります。

■4月 ドリュー・バリモア&ウィル・コペルマン(美術コンサルタント)

別れてもお友達。ドリュー&ウィル。(Getty Images)別れてもお友達。ドリュー&ウィル。(Getty Images)

恋多き女で知られ、バツ2のドリュー・バリモアも今や2児の母。夫は2011年から交際し、翌年、結婚した美術コンサルタントのウィル・コペルマンでしたが、4月にウィルとの離婚を発表、バツ3となりました。とはいえ、親権や資産について何も争わない協議離婚で、とても円満にお別れしており、今後もニューヨークとロサンゼルスを行き来しながらふたりで子育てをしていくのだそう。ふたりに近い関係者も「ドリューもウィルもまだ仲のいい友人で、一緒にいることも多いよ」と雑誌に証言しています。何で別れたの?とも思うけれど、夫婦にしかわからない何かがあったのでしょう。

■5月 ジョニー・デップ&アンバー・ハード

2015年9月のジョニー&アンバー。まだ仲良さそうです。(Getty Images)2015年9月のジョニー&アンバー。まだ仲良さそうです。(Getty Images)

5月23日に突如として申請されたアンバーからの離婚申立て。理由は「和解しがたい不和」。それまでもケンカしただの不仲だのという噂がなくはなかったものの、2015年2月の挙式から、まさかこんなに早く離婚するとは寝耳に水!――というのはマスコミもだけど、ジョニー自身もそうだったようで、その日、ロスであったジョニーの新作『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のプレミアに何も知らずに出席していたと言われています。その後、ジョニーのDV疑惑やジョニーの母親とアンバーの確執、アンバーが元恋人のもとへ戻っただの、さまざまな報道と憶測が流れて泥沼の様相を呈していたものの、ジョニー側は黙して語らず。8月にはジョニーが7億円支払うことで決着がつきました。

■9月 ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー

こんな泥沼になるとは誰が予想したでしょう。ブランジェリーナ。(Getty Images)こんな泥沼になるとは誰が予想したでしょう。ブランジェリーナ。(Getty Images)

『Mr.&Mrs.スミス』で共演して恋に落ち、10年以上。結婚したのこそ2014年だったけれど、3人の実子と3人の養子に恵まれ、ジョリー・ピット基金を設立して共に慈善活動に乗り出すなど、順調かと思いきや、9月15日付でアンジェリーナ側が電撃的に「和解しがたい不和」により離婚申請。アンジーが慰謝料や扶養手当などは要求せず、6人の子どもの単独親権を求めたことに端を発し、ブラッドの飲酒癖や長男マドックスくんへの虐待疑惑、さらには『マリアンヌ』の共演者マリオン・コティヤールとの浮気疑惑が勃発(マリオン自身がキッパリ否定)。虐待についてはFBIが捜査に乗り出すのでは?とまで言われ、離婚申請以降、ブラピと子どもの面会にマドックスくんだけ来ないなど、ブラッド側に不利な情報が次々と流れました。けれど、両親の争いを子どもたちに見せたくないという配慮から、11月には、6人の親権はやはりアンジーが持って一緒に暮らし、ブラピは子どもたちとセラピー的に面会をするという合意がなされたと報道されました。

■9月 リーヴ・シュライヴァー&ナオミ・ワッツ

今年9月のトロント映画祭にてナオミ&リーヴ。破局発表直前。(Getty Images)今年9月のトロント映画祭にてナオミ&リーヴ。破局発表直前。(Getty Images)

下積みは長かったものの、『マルホランド・ドライブ』や『21グラム』、『ダイアナ』などで、トップクラスの女優になったナオミ・ワッツ。ニコール・キッドマンの親友ということでも知られている彼女は、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』や『スポットライト 世紀のスクープ』などで渋い存在感を発揮するリーヴ・シュライヴァーと2005年から交際していました。ふたりは正式に結婚していたわけではないものの、2007年には長男が、その翌年には次男が生まれましたが、9月下旬、11年にわたるパートナー関係を解消。ナオミとリーヴは70年代に活躍したボクサー、チャック・ウェプナーの伝記映画『The Bleeder』で夫婦役で共演したばかりで、9月初めには各地の映画祭に仲睦まじく参加していたばかりだったのですが、そのときはもう別れることを決意していたのでしょうか。ふたりは「この数か月話し合いを続け、家族として前進するには別れることが最善だと結論を出しました。私たちは愛と敬意、友情を持って、一緒に子どもたちを育て、新たな関係を築いていきます」との共同声明を出しています。

■10月 トビー・マグワイア&ジェニファー・メイヤー(ジュエリー・デザイナー)

今年2月に撮られたトビー一家。美形姉弟!(Getty Images)今年2月に撮られたトビー一家。美形姉弟!(Getty Images)

『スパイダーマン』シリーズで一躍、スターとなったトビー・マグワイアは2003年からジュエリー・デザイナーのジェニファーと交際し、3年後に婚約。2006年に長女が誕生した後、2007年に正式に結婚。2009年には長男も生まれ、順調な結婚生活を送っていました。ジェニファーはユニバーサル・ピクチャーズの重役令嬢だったことから、トビーは逆玉の輿と言われていましたが、10月中旬、離婚を発表。ナオミ&リーヴ夫妻と同じように「熟慮を重ねた結果、別れることにしました。今後も愛と尊敬、友情をもって一緒に子育てしていきます」と共同声明を出したのみで、原因は明らかにされていません。離婚発表前に、ライオネル・リッチーの娘でモデルのソフィア・リッチー(18歳)とトビーがクラブで仲睦まじげにしている現場をパパラッチされていて、ソフィアとの火遊びが離婚原因なのではと書いた雑誌もありましたが、こちらはただ話していただけだそう。現在、トビーはハリウッド最後の(?)独身貴族で大親友のレオナルド・ディカプリオと共にクラブで夜遊び、久しぶりのシングル生活を満喫している様子です。

大物たちの相次ぐ破局に揺れた2016年のハリウッド。来年もビッグネームの熱愛・破局騒動が繰り広げられるかもしれませんね。

文=安藤千晴

記事制作 : iSM

シリーズ