原作そのまま!? “2.5次元俳優”神木隆之介が魅せる実写『3月のライオン』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

leo-500

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

2017年に2部構成で公開されることが決まった大友啓史監督の映画『3月のライオン』。17才の天才プロ棋士の少年を描いた、羽海野チカによる人気漫画を原作とした実写映画です。実写化というと原作ファンに複雑な感情で受け止められる場合が多いですが、主人公・桐山零役に神木龍之介が起用されたのは絶賛の嵐でした。

「次元を超越して桐山くん」と評判

主人公である桐山零を神木龍之介が演じると明らかになったときは、実写化では珍しく大好評でした。神木演じる桐山零は、幼いころに交通事故で家族を失い、父の友人である棋士の家に引き取られるも居場所を見つけられず、すがりつくように将棋を指す孤独な少年です。

原作ファンである神木は「大人気の原作なので、大きなプレッシャーはありますが、原作の中にある温かさを出せたらいいなと思っています」と語っています。孤独な少年が人の温かさに触れて成長していく様子を神木がどう演じるのか、非常に楽しみです。初めてキャラクタービジュアルが公開されたときは、原作ファンも認める再現度で話題になりました。ネット上では、

「神木くんの桐山くんが本当に桐山くんで、このナチュラルさが本当に素敵」
「神木くんもう桐山くんやん」
「予告で動く神木隆之介が次元を超越して桐山くんだった」

と絶賛する声があがっています。

ビジュアルだけでなく、神木は演技力だって折り紙付き。神木はこれまで『るろうに剣心』や『バクマン。』など数々の実写映画に出演し、原作ファンをうならせてきました。彼はまさに“2.5次元俳優”と呼ぶにふさわしい役者であるといえます。少なくとも桐山に関しては、実写映画化もまったく心配されていない様子です。

有村架純、“激情”の少女を演じる

神木の脇を固めるのは、清原果耶、倉科カナ、佐々木蔵之介、伊藤英明、加瀬亮といった豪華キャスト陣。その中でも今回とくに注目したいのが有村架純です。有村は同作で桐山が身を寄せる幸田家の娘・香子役を演じます。

香子は桐山が父親の関心を自分から奪ったと感じており、彼に対して強い態度であたるというキャラクター。そんな荒々しい性格の役を有村架純が演じることになり、こちらも注目されています。清純派美少女のイメージである有村に香子の役がハマるのかと心配する声もあるようですが……。

有村自身は、これまで演じたことのないタイプの役である香子を演じてみて、「何度も何度もテイクを重ねて作られていくシーンが不思議と心地よくて、まだまだ役を演じていたい思いでした」とコメントをしており、新境地も楽しんで演じることができたようです。

神木をはじめ、男性陣も女性陣も本当に豪華な役者さんが揃っています。原作ファンもうなるような面々が集う『3月のライオン』は、来年公開の映画の中でもトップクラスの注目度であることは間違いありません。2部作で前編は3月18日、後編は4月22日公開です。

(文/上野澪@HEW)

poinco_tori

記事制作 : HEW

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。