“ムエタイの闘神”が中国武術の達人と共演!空中飛び膝蹴り健在『ドラゴン×マッハ!』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

『ドラゴン×マッハ!』
トニー・ジャー(左)、ウー・ジン(右)

文=望月美寿/Avanti Press

『ドラゴン×マッハ!』がついに日本で公開されます。この映画の原題は“殺破狼II”。先ごろ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でハリウッドスターの仲間入りを果たしたドニー・イェンの伝説の傑作『SPL/狼よ静かに死ね(原題“殺破狼”)』(2005年)の続編です。もっとも続編といっても登場人物も物語もまったく別ものなので、前作を観ていない方にも安心して観てもらえます。『ドラゴン×マッハ!』という邦題からもわかるように、この映画の最大の見どころは、タイ映画『マッハ!』シリーズで知られるムエタイの闘神トニー・ジャーが香港映画に招かれ、中国武術の達人ウー・ジンとW主役を張ったことなのです。

物語の舞台はタイと香港。闇の臓器売買組織に潜入した香港の刑事チーキットは、正体がバレてタイの刑務所に監禁されてしまいます。そこで働く真面目な看守のチャイは、白血病を患う愛娘の高額な入院費用を稼ぐために、所長の非道な行為に目をつぶっていました。しかしある事実を知ったチャイは、命がけでチーキットを助けることを決意します。甥でもあるチーキットを必死で捜すベテラン刑事チャン、己の欲のために肉親も犠牲にする組織のボス、ホン。それぞれの男たちの命を巡る熾烈な戦いが展開していきます……。

『マッハ!』のトニー・ジャーと
“第2のジェット・リー”ことウー・ジンによる凄まじいアクション

『ドラゴン×マッハ!』
トニー・ジャー

正義の心を持ち、娘想いで純朴なチャイを演じるのは、タイが生んだ国際的アクションスターのトニー・ジャーです。2003年の『マッハ!』で彗星のごとく現れた彼は、少年時代は象使い(!)でスタントマン出身という異色の経歴の持ち主。最近はドルフ・ラングレン共演の『バトルヒート』や『ワイルド・スピード SKY MISSION』などに出演、得意のムエタイを武器に世界で大活躍しています。その動きはとにかくスピーディーでパワフルでアクロバティック! なかでも凄いのが空中飛び膝蹴りで、本作でもトラックの窓を突き破るといった無茶なアクションをこれでもかと披露してくれます。戦いの最中、言葉が通じないチャイとチーキットが携帯電話の翻訳機能を使って心を通わせていくシーンは見どころのひとつでしょう。

そんなトニーに対し、潜入捜査のストレスと麻薬で身も心もボロボロになったチーキットに扮し、男の哀愁を漂わせるのがウー・ジン。中国の武術チャンピオン出身で“第2のジェット・リー”として人気を呼んだクンフースターです。若い頃は色白童顔でつるんとしたイメージだった彼も、年を重ねた今では味のあるいい面構えになってきました。監督・主演を兼ねた『ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』が2015年に中国で公開され大ヒットしたことが自信につながったのかもしれません。もちろん、キレ味するどいクンフーアクションも健在! 10年前の彼自身を彷彿させる寡黙で不気味なナイフ使い(演じるのはアクション界期待の新星チャン・チー)との壮絶な一騎打ちは必見です。

脇役にも注目! スーツ姿でアクションをこなす美形マックス・チャン

『ドラゴン×マッハ!』
トニー・ジャー(左)、マックス・チャン(右)

さらに注目してほしいのが、そんな2人の前に立ちはだかる冷酷無比な最強ラスボス=刑務所所長を演じるマックス・チャンです。シュッとした美形の彼がスーツ姿で見せるアクションは優美にしてクール! 新世代クンフースターの誕生に興奮してしまいます。香港を代表するベテラン俳優のサイモン・ヤムが刑事役で、イケメンスターのルイス・クーが組織のボス役で豪華共演しているのも見逃せません。

監督はバイオレンス映画『ドック・バイト・ドック』で知られるソイ・チェン。アクション監督はベテランのニッキー・リー。刑務所内での200人の大乱闘からクライマックスの死闘までを手掛け、香港電影金像奨アクション監督賞を受賞しました。『ドラゴン×マッハ!』=“クンフー×ムエタイ”=“ウー・ジン×トニー・ジャー”、つまりはアクション映画好き必見の傑作。トニー・ジャーのファンとしては、これからも彼がどんどん香港映画に出てくれることを期待したいです。

『ドラゴン×マッハ!』
2017年1月7日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー!
監督:ソイ・チェン アクション監督:ニッキー・リー
出演:トニー・ジャー、ウー・ジン、サイモン・ヤム、ルイス・クー、マックス・チャン
配給:ツイン
(c)2015 SUN ENTERTAINMENT CULTURE LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

poinco_tori

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)