メンバーたちも寝耳に水だったらしい投票イベント「AKB48 夢の紅白選抜」。AKB48グループの国内全メンバー300人以上の中から、大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」のステージに立てるメンバー48人を投票で決めるイベントです。発表当初はメンバーやファンから戸惑う反応もありましたが、ついに中間結果も発表されて結構盛り上がっている!?

投票イベントを増やすのは「残酷」?

11月24日の発表当初は、メンバーの間に波紋が広がりました。なんとメンバーたちは紅白選抜の実施について事前に知らされていなかったのです。とくにHKT48・指原莉乃は、「サプライズにするのはさ いいけどさ みんなが一斉に知るわけじゃないんだからさ ニュースサイトで知るとかじゃなくてさ ちゃんとした文章を運営からこちら側に送ってくれないとみんな詳細わからないし、コメントに困るよねw」とTwitterで苦言を呈しました。

また、AKB48選抜総選挙でメンバーが感じるプレッシャーの強さを知っているだけに、さらに投票イベントを増やすことを「残酷」と批判するファンの声もあがりました。とはいえ、投票は紅白公式アプリとデータ放送から可能ということで、選抜総選挙に比べて大量投票しづらいため、実際の知名度に近い結果が出るのではないかと期待する声もあがりました。

AKB48・大家志津香が意外な(?)ランクイン

そして、ついに12月15日に中間結果が発表されました。AKB48からは、入山杏奈、大家志津香、大和田南那、岡田奈々、柏木由紀、加藤玲奈、木﨑ゆりあ、小嶋陽菜、小嶋真子、込山榛香、島崎遥香、高橋朱里、峯岸みなみ、向井地美音、武藤十夢、村山彩希、横山由依、渡辺麻友。SKE48からは、大場美奈、須田亜香里、高柳明音、古畑奈和、松井珠理奈。

また、NMB48は、市川美織、太田夢莉、木下百花、渋谷凪咲、上西恵、白間美瑠、須藤凜々花、藤江れいな、矢倉楓子、薮下柊、山本彩、吉田朱里。HKT48からは、兒玉遥、指原莉乃、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、松岡菜摘、松岡はな、宮脇咲良、本村碧唯、森保まどか、矢吹奈子。NGT48からは、北原里英、中井りか。計48名です。

納得のメンバーが多いですが、総選挙では圏外の年も珍しくないAKB48・大家志津香が入っているのは少々驚きです。総選挙で大量投票するような濃いファンはいなくとも、バラドルとしてテレビ朝日系バラエティ「くりぃむクイズ ミラクル9」にレギュラー出演しているため、ライトなファンは結構いたということかもしれません。やはり総選挙との順位のズレが、紅白選抜の面白いところかも。

「大勢見るのは疲れる」「人気メンバーを見たい」人々

これまでのAKB48グループのステージは“総出演”という印象のものでした。画面を埋め尽くすほど大勢のメンバーが歌い踊る光景は、年末にふさわしい豪華さを感じさせるものの、ファンの間では、「本当に見たいメンバーがどこにいるかわからない」という意見もありました。

また、2014年はAKB48、SKE48、NMB48、HKT48と当時の国内全AKB48グループがそろいましたが、近年は乃木坂46の台頭もあり、48系グループの枠は減少。今年は、乃木坂46と欅坂46が出場したかわりに、48系グループはAKB48のみの出場となりました。

しかし、出場できるのがAKB48だけとなると、姉妹グループのメンバーたちは年末に見られないということ。ちょっと意地の悪い本音を言えば、せっかくの紅白、よく知らないAKB48のメンバーよりは、姉妹グループの大人気メンバーを見たいなぁ……。

「好きなメンバーを落ち着いて見たい」「姉妹グループも含め、とにかく人気のメンバーを見て年を終えたい」、そんな視聴者の思いを汲んだのが「AKB48 夢の紅白選抜」なのかもしれません。

今回の盛り上がりによっては、紅白選抜は毎年恒例のイベントにもなりそうな予感。12月16日よりデータ放送での投票受付も開始して、〆切は28日まで。29日に選抜メンバー48名が発表される予定です。大みそかのステージに立つのは一体誰になるのか――。

(文/原田美紗@HEW)