またいつか!2016年に活動休止・解散を選択したアーティストたち

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

2016年も様々なニュースがありましたが、音楽界では多くのアーティストが活動再開を発表し、世間を沸かせましたね。一方、思い返せば活動を休止したり解散を発表したアーティストもまた多い1年でした。

KAT-TUN10年の節目に“充電期間”に

ジャニーズの人気グループであるKAT-TUNが、5月に行われたデビュー10周年記念ドームコンサートツアーをもって充電期間に入り、メンバーはソロ活動に専念することになりました。2015年11月には田口淳之介がグループを脱退しジャニーズ事務所を去ることが発表され、結成時6人いたメンバーがついに3人になってしまったKAT-TUN。10周年という節目の年に活動休止を余儀なくされてしまいましたが、再びグループとして始動する日を待ちましょう……!!

『あの花』でお馴染みの人気ロックバンドGalileo Galilei

2007年に北海道・稚内市にて結成されたGalileo Galilei。2010に「ハマナスの花」でメジャーデビューを果たし、若者から絶大な支持を獲得。人気アニメーション作品『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の主題歌も担当しており、夏フェスにも名を連ねるなど人気ロックバンドとなりました。そんな彼らですが、今年、10月11日に開催される初の日本武道館公演をもって活動を終了しました。彼らはGalileo Galileiというバンドを終了し、さらに音楽に対してまっすぐ向き合っていこうという意気込みをオフィシャルブログで綴っています。さみしいですが、彼らの新しい道が素敵な道になることを期待しましょう!

紅白にも出場した人気ユニットWaT

2005年にメジャーデビューをし、なんとその年の紅白に出場をするという異例の経歴を持つWaT。2010年以降、2人の個々の芸能活動が多忙になったため事実上の活動停止状態が続いていましたが、昨年、活動10周年ということもあり再始動を発表していました。しかし、その年の12月、2016年2月に発売するアルバムをもって解散することを発表。ファンに惜しまれながらもそれぞれの道へむけて歩み出しました。

ハロプロの最年長グループ℃-uteが解散を発表

Hello!Project(ハロプロ)の最年長グループである℃-uteが今年8月、2017年6月をもって解散することを発表しました。メンバーのスキャンダル報道で一時は解散の危機かと思われましたが、作年の2月、メンバーが全員20歳以上になったタイミングで将来について話し合った後、「℃-uteとして、さいたまスーパーアリーナ公演をゴールに決めて、その日まで全力で突っ走り、以降はそれぞれの道を歩んでいきたい」という結論に至ったとのこと。来年のさいたまスーパーアリーナでの公演をやりとげることでグループの活動を全うしたと胸を張って言えるので、結成12周年を迎える同公演で解散することを決めたそうです。

国民的グループSMAP惜しまれながらの解散

2016年の解散報道でも特に注目を集めたのは言うまでもなくこのニュースでしょう。日本を代表する国民的アイドルグループであるSMAPが年内に解散することが報じられると、文字通り日本中に衝撃が走りました。数々の名曲を送り出したほか、アイドルの枠を超えた活躍でジャニーズの顔ともいえる存在である彼らの解散は未だに波紋を呼んでいます。解散を受けてファンの間では、「世界に一つだけの花」の購買運動が盛り上がりました。300万枚達成を目標に始まったこの運動もなんと12月に本当にその目標枚数の300万枚の売り上げを達成。もちろん解散の撤回は叶いませんでしたが、解散してほしくないというファンの熱い思いは確かに形になりました。

ここで紹介したほかにも、清竜人25が解散、N′夙川BOYSが活動の無期限休止を発表、ももちこと嗣永桃子が来年での引退を発表するなど、多くのアーティストが解散や活動休止を発表しています。ファンには寂しい限りですが、彼らのこれからの新しいスタートを応援しましょう。

(文/上野澪@HEW)

℃-uteのCDを買うなら「Neowing」で!
アプリからの注文で、3%ポイントアップ
『dケータイ払いプラス』ご利用で今だけdポイント20倍!

記事制作 : dmenu映画