歯科医とミュージシャン、2つの夢を追う“顔出しNG”「GReeeeN」の知られざる物語

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

Kichigin  PIXTA(ピクスタ)

2008年放送のTBS系ドラマ「ROOKIES」の主題歌「キセキ」で一躍トップアーティストになった4人組グループ「GReeeeN」。ミュージシャンであると同時に歯科医でもある彼らは、これまでずっと顔出しNGで活動してきました。今やその名前を知らない人はいないほどの人気となった彼らですが、ここに至るまでの道のりは決して平坦なものではありません。そんな、歯科医とアーティスト、2つの夢を追いかけた兄弟とそれを支えた家族や仲間を描いた青春ムービーが、1月28日公開の映画『キセキ -あの日のソビト-』です。

松坂と菅田が夢を追いかけ続ける若者を好演

松坂桃李演じるジンはGReeeeNのメンバーであるヒデ(菅田将暉)の兄で、ヘヴィメタルバンドで活動していました。メジャーデビューまで果たしたものの、音楽性の違いからメンバーと衝突してしまい、事実上の解散状態に。そんな時、歯科大で仲間と音楽グループ「グリーンボーイズ」を結成したヒデからデモ曲のアレンジを頼まれます。そのデモを聴いたジンは弟のグループに可能性を感じ、プロデューサーを買って出るのでした。

歯科医とミュージシャンの2つの夢を追いかけるヒデと、ヒデやそのメンバーを支えるジンの兄弟がみせる青春ドラマ。菅田はヒデを演じるうえで、自分の人生を模索する若者の等身大の姿と、歯科大生と歌手を両立させる才能あふれる姿をうまく両立して演じています。一方の松坂もメタルバンドのボーカルらしく緑の髪にタトゥーなど大胆なビジュアルに挑戦しつつ、プロデューサーとしての苦悩や孤独といった繊細な心情を見事に表現しました。

あまりにも大きな父親という“壁”

ジンはメタルバンドとして活動するうえで、医者である父親と幾度となく対立していました。人生をかけて音楽活動をしたいと訴えるジンに対して、音楽は遊びだと言い切る父親。歯科大に進み、仲間と音楽を始めたヒデにとっても、やはり父親は大きな壁でした。それは、メジャーデビューの話があがっても「父親にバレるわけにはいかない」と断ってしまうほど。

夢を追いかける2人とは対照的に、命を扱う仕事に誇りを持ち音楽を仕事として認めることができない父親というキャラクターも、物語の重要なキーパーソンとなっています。ジンとヒデは最終的に父親を納得させることができるのでしょうか? 弟にデビューを諦めてほしくないジンはある秘策を持ちかけ、デビューへと背中を押します。

魂のこもった音楽に感動!!

アーティストを描いた作品だけに、作中で“音楽”は必要不可欠な要素であるだけでなく、物語の主役の一人でもあります。ジンがボーカルを担当するバンドのエネルギッシュな演奏や、ヒデと仲間たちが歌うグリーンボーイズのポップでありながら真っすぐで強いメッセージ性をもつ楽曲たちは、映画を盛り上げるとともに心にダイレクトに響きます。中でも作品のラストで流れる「キセキ」は、物語で描かれてきたエピソードも相まって心を揺さぶられること間違いなし! 松坂や菅田をはじめ、メンバーたちはクランクインの2カ月前からボイストレーニングに励み、作中では見事な歌声を聞かせてくれます。

今まで明かされることのなかったGReeeeNの知られざるキセキの物語は、ファンの人はもちろん、そうでない人にも2017年の最初の感動となってくれるでしょう。映画を観終わった後には、心が晴れるようなスッキリした爽快感を味わうことができる作品です。

(文/上野澪@HEW)

記事制作 : HEW

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。