2017年最初の大ヒットとなるか?万華鏡のような映像美『ドクター・ストレンジ』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

null

(C)2016MARVEL

2017年が始まり、続々と注目映画が公開されていますね。それらの映画の中でも特に大注目の映画が1月27日公開の『ドクター・ストレンジ』です! マーベル・スタジオが生んだニュータイプヒーローの物語。2017年の幕開け早々に大ヒットが期待できる非常にエキサイティングな作品となっています!

まるでアトラクション!?未体験の臨場感

『ドクター・ストレンジ』の映画を形作る大きなテーマに“魔術”があります。この非現実的世界観を、最新VFX(視覚効果)を用いて驚くほど壮大かつ芸術的に描いている点を評価せずにはいられません。特に、ロンドンやニューヨークの高層ビル群が魔術によってみるみるうちにブロックのように分解されたり、折り畳まれたり、波打つ映像は未だ経験したことのない迫力で圧倒されること間違いなし。さらにこの作品では次元という概念さえ超えた世界観を表現しており、主人公たちが目にする多次元空間は、まるで万華鏡のように幾何学的で幻想的な世界が広がっています。それらの映像はもはや“革命”であり、今までの映画の常識を変えることでしょう。

この映画をより楽しむためにおすすめしたいのが3D版で観覧すること。変幻自在に私たちの知る世界が歪んでいく様子が、3Dになることでさらなる臨場感が加わって私たちの前に広がります。ぐるぐると変貌していくその世界を見ていると自分の上下左右の感覚までなくなってしまいそうになります。まさにアトラクションさながらのエンターテイメント!

今までのマーベル作品のように光線やミサイルが飛び交い、敵と激しく殴り合うといったアクションとはがガラっと変わり、魔法陣から武器を出現させ戦う“魔術 VS 闇の魔術”のファンタジックな戦闘を楽しむことができるのも『ドクター・ストレンジ』ならではの醍醐味といえるでしょう。

今までになかった新たなヒーロー像!

『ドクター・ストレンジ』が新しいのは映像だけではありません。その主人公であるストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)も今までにないヒーローなんです! 天才外科医として活躍するストレンジですが、交通事故で大切な両手が不自由になってしまい彼の輝かしいキャリアが崩壊してしまいます。なんとか再生しようと奔走し、最後の望みを託した先が魔術でした。

厳しい修行の末に魔術師になったストレンジは世界を救う戦いに巻き込まれていきます。しかし、医師として命を救うことに誇りをもつ彼は敵を殺めることに躊躇し葛藤するのです。“救うこと”に生きた人間が“戦うこと”を選択できるのか、というテーマが今までのヒーローにはなかった新しいヒーロー像を生み出しました。

今年最初に映画館で観たい作品!!

観る人を引き込んで離さない映像美、そして起伏の激しいジェトコースターのような展開で飽きさせないストーリーに映画を観ている時間があっという間に感じること間違いなし。未体験の連続で見終わった後もそのワクワクとした興奮は冷めることはないかと思います! また、『ドクター・ストレンジ』がこの先、他のマーベル作品とコラボレーションすることも期待できますし、コンテンツとしての成長も楽しみな作品です。ぜひ、新年1本目にいかがでしょうか?

(文/上野澪@HEW)

記事制作 : HEW

関連映画