日本もアメリカ国家に盗聴されている!?史上最大の“ヤバイ告発”がわかる『スノーデン』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

snowden-500

(c)2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

芸能人や政治家など、個人情報を暴露され世間を騒がせるニュースが増えた近年。世間にプライベートが晒されたことにより、ある日突然人生が大きく変わってしまった人たちを目にすることも多くなりました。1月27日公開の映画『スノーデン』は、2013年にアメリカ政府の監視システムを告発した元CIA職員エドワード・スノーデンの実話を元にした作品。監視社会の危険性を暴いていく経緯をドキュメンタリー的に追いながら、スノーデンの行動に影響を与えた恋人とのロマンスも描かれ、ラブストーリーとしても楽しめる作品です。

デジタル化されすぎた世界に生きる脅威とは?

ITの天才だからこそ知り得た危険なシステムを民間人にも伝えるため、優秀な頭脳がそろう国家権力にたった1人で立ち向かうことを決めたスノーデン。今作は普段のパソコンや携帯電話の使い方を改めたくなるほど、個人情報を監視される怖さを訴えかけてきます。サイバー空間を利用することによって、世界にはまるで隠れる場所などないかのような危険性も映像美で表現。見終わった後は盗撮されないように、パソコンや携帯電話が内蔵するカメラにおもわずシールを貼りたくなる心境に……。

たわいもない通話の内容や友人にメールした冗談が、監視の目が入ることによって国を脅かす暴言として捉えられ、知らぬ間に危険人物認定されてしまう可能性もあることを今作は教えてくれます。しかもアメリカだけの話ではなく、スノーデンが日本に滞在していた経験から、日本でもアメリカ国家によって盗聴が行われていたことが明かされています。

インターネットの発達で世界が繋がりやすくなった半面、国家単位によって行われるITの頭脳戦が軍事力に直結するなど、現代の戦場はサイバー空間にまで広がっているようです。29歳の若者スノーデンが非凡な頭脳と勇気を持って、スマートに国家権力をやり込める姿は爽快です。

今もアメリカに戻れないスノーデン

昨年公開された『シチズンフォー スノーデンの暴露』は、スノーデン本人が登場するドキュメンタリー映画でした。アメリカ国家の妨害を恐れながらメディアに告発する緊迫した状況が捉えられていましたが、今作はそこで知ることができなかったスノーデンの恋人、リンゼイ・ミルズとの関係も詳細に描かれています。健康美をふりまく正直で明るいリンゼイを演じるのは“第2のジェニファー・ローレンス”とも言われているシャイリーン・ウッドリー。このリンゼイの存在が、仕事を遂行しているのか犯罪に手を染めているのかの狭間で悩みながらも、大切な人を守りたいと思うスノーデンの人間性も浮かび上がらせます。

最後は、声色まで限りなく本人に似せたスノーデン役を演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットのなりきりぶりに改めて驚かされるシーンが差し込まれ、今もアメリカに戻ることができないスノーデンのリアルな状況が伝えられています。

現在も捜査が続けられているスノーデンの大暴露事件。海外ドラマで見たことがあるような大組織による監視シーンもいくつか出てきますが、それは決してフィクションの世界だけではなかったのです……。

(文/岩木理恵@HEW)

記事制作 : HEW

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。