斎藤工、もっと仕事選んで!“サンシャイン池崎モノマネ”以外にも珍仕事

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

(C)つるたま / ぱくたそ

ハイテンション芸で知られるお笑い芸人・サンシャイン池崎のモノマネに全力で挑んだ斎藤工。イケメン俳優でありながら、タンクトップに短パン姿で「イェェェェイ!!」と絶叫してみせた彼に対して、称賛も込めて「仕事選べ」という声がネット上であがりました。 しかし、斎藤が珍仕事をこなしたのは、今回が初めてではなかったんです――。

“ヤバい自分”に出会いたい一心で!?

ですが、まずは視聴者を騒然とさせた、サンシャイン池崎のモノマネについておさらいしておきましょう。昨年大みそかに放送された日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! ダウンタウンの大晦日年越しスペシャル!絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」で、斎藤は、池崎のパロディネタを披露。タンクトップに短パン姿で、「空前絶後の超絶怒涛のセクシー俳優」「浮気、不倫、ダブル不倫。すべてのセクシーの生みの親」と元ネタをアレンジした名乗りを上げて、最後はカッと目を見開き「イェェェェイ!! ジャスティス!」と絶叫しました。 その頑張りの甲斐あって、斎藤の池崎ネタは大反響をよびました。本人も手応えを感じたようで、1月11日放送の日本テレビ系「ZIP!」で、「自分でも見たことないヤバい自分に出会うっていうのは、僕のテーマでもあった」と明かしています。

大量野菜の“盛り頭”も披露

その“ヤバい自分に出会いたい”という思いからでしょうか。これまで斎藤は、イケメン人気俳優とは思えない仕事も数々こなしてきました。2013年放送のTBS系「日10☆演芸パレード」では、ニッチェとコラボコントを披露。黄色い帽子に短パン(また短パン!)で幼稚園児に扮して、「俺は今、ウンコがもれている」という下ネタも飛び出しました。 また、2015年には、女性向けカップヌードル「カップヌードルライトプラス」のイメージキャラクターを担当。ツナギ姿で「美味いだろ?」とほほ笑むスペシャルムービーは、いかにもイケメン俳優の仕事という感じでしたが、テレビCMでは、野菜のかぶりもの姿も披露。頭にカボチャやらレンコンやらナスを大量に“盛って”、「いい食べっぷりだ」……。これ、笑わせようとしているでしょう! さらに昨年12月よりオンエアされた桧家ホールディングスの冷暖システム「Z空調(ゼックウチョウ)」の新CMでは、妄想とダジャレをこよなく愛する謎のマスクマン“ゼックウチョウ”に変身。Z型のマスクを装着して、「ダジャレはお嫌いですか?」と甘くささやきました。

下積み期間が貪欲さ生んだ?

斎藤のサービス精神の旺盛さは、一体どこからくるのでしょう? もしかすると、彼が過ごした長い下積み期間も理由のひとつになっているかもしれません。さまざまなバラエティで「ネクストブレークと長年言われてきた」と自虐ネタを飛ばしている斎藤ですが、その頃のもどかしい思いが、ひとつひとつのオファーを大切にする姿勢に繋がっていったのかもしれません。また、大のお笑い好きであるところも大きそうです。 なお、斎藤は「ZIP!」1月11日放送で他にも、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で複数の企画案の中からサンシャイン池崎のモノマネを選んだのは自分だったと明かしていました。「俳優の枠の中で活かしてくださっているような企画が多かったんですけど、(池崎のネタは)演じる自分が想像できなかった」とその理由を説明していましたが、この役者としての貪欲さ! あっぱれです。 そんな“仕事を選ばない”斎藤が、次はどんな姿を見せてくれるのか。楽しみですが、ちょっと怖いような気もしちゃう!?

(文/原田美紗@HEW)

記事制作 : HEW