菅田将暉、長澤まさみ、山田孝之、高畑充希…、人気俳優の抜群すぎる歌唱力!

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

02_sub-500

(C)2017「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会GReeeeNの代表曲「キセキ」で奇跡の歌声を披露した菅田将暉

公開中の映画『キセキ ―あの日のソビト―』。本作は、メンバー全員が歯科医で、素顔や本名を明かさずに活動していることで知られるGReeeeNの名曲「キセキ」の誕生秘話を、兄でプロデューサーのジン(松坂桃李)と、弟でグループのリーダーであるヒデ(菅田将暉)という二人の兄弟の物語を軸に描いた青春ストーリーです。 本作の公開と合わせて話題になっているのが、劇中でグループのメンバーを演じた菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮によるユニット「グリーンボーイズ」のCDデビュー。映画公開に先駆け、1月7日には、さいたまスーパーアリーナで開催されたGReeeeNのライブのオープニングアクトに登場し、代表曲「キセキ」と「声」の2曲を熱唱。会場に駆けつけた1万6000人の観客から喝采を浴びました。 特に菅田将暉は、映画『何者』(2016年)の劇中で見せたライブパフォーマンスや、サッカー日本代表の応援ソング「見たこともない景色」(CMソング・限定配信)などでの歌声が「かっこよすぎる!」と前々から評判だっただけに、そのCDデビューを待ちわびたファンも多いはず。これを機に本格的な歌手活動も期待したいところですね。 ところで、これまでもCDデビューを果たした俳優は少なくありません。その中から、歌手としても十分やっていけそうなほどの歌唱力を持つ俳優を、筆者の独断と偏見で選んでみました!

コブクロが惚れた歌声! 2016年ブレイク女優1位・高畑充希

様々なCMで美声を披露している高畑充希。ネット上でも「ウマすぎる!」と評判ですが、歌唱力は早くから注目されており、芸能界デビュー間もない2007年に“みつき”名義の「大切なもの」でCDデビューしています。その実力は、彼女の歌声に惚れ込んだコブクロの小渕健太郎さんがプロデュースを買って出たほど。当時はまだブレイク前で“新人歌手”として扱うメディアもありました。2015年にリリースの配信限定シングル「ホームにて」(中島みゆきのカバー)以降、目立った音楽活動はしていませんでしたが、自身が声優を務めるアニメ映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』(3月18日公開予定)で主題歌を担当することが決定。名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」をカバーし、透明感のある伸びやかな歌声を聴かせてくれます。

14年前にCDデビューしていたカメレオン俳優、山田孝之

抜群の演技力ゆえ、“俳優一本”のイメージが強い山田孝之も、CDデビューを果たしている俳優のひとり。ドラマ「ちゅらさん」でのギター弾き語りや、「山田孝之の東京都北区赤羽」のカラオケシーン、「まるでオペラ歌手のようだ!」と話題になった某メンズコスメのCMなど、彼の歌唱力の高さはたびたび注目を集めていましたが、2016年には赤西仁とユニット“JINTAKA”を結成し、「Choo Choo SHITAIN」をリリース。この曲はオリコン週間ランキングで初登場4位を記録し、それに伴うライブイベントでの圧巻のパフォーマンスには、「美しすぎる」「想像以上のクオリティ」と絶讃の声が寄せられました。ちなみに、彼のCDデビューはこの時ではなく、実は2002年に「真夏の天使~All I want for this Summer is you~」でデビューしています。

吹き替え疑惑も浮上した、長澤まさみのウマすぎる弾き語り

ブロードウェイの名作ミュージカル『キャバレー』(2017年)で初主演を務めたことからも分かるよう、長澤まさみの歌唱力は折り紙付き。特に、ドラマ「若者たち2014」でのギター弾き語りシーンでは、あまりのウマさに「吹き替えでは?」という疑惑も持ち上がったほど。もっとも、2011年に福島県で開催されたイベント「LIVE福島 風とロック」でも見事な生歌を披露しているので、抜群の歌唱力の持ち主であることは間違いないでしょう。 そんな長澤まさみがこれまでにリリースしたCDは1枚。2006年に自身が主演したドラマと同名タイトルの楽曲「セーラー服と機関銃」を、劇中の役名“星泉”名義で発表したのが、デビュー曲にして唯一の公式音源(2016年現在)です。

演技力だけでなく歌唱力にも恵まれた、才能あふれる俳優たちは、ほかにもたくさん。“何かを表現する”というくくりでは、俳優も歌手も通じるところがあるのかも?

(文/三好キスケ@H14)

記事制作 : H14