『一週間フレンズ。』川口春奈 インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

実写映画化は賛否両論あっていい

1

映画『一週間フレンズ。』は2月18日より全国公開

テレビアニメ化、舞台化もされた葉月抹茶の人気コミックを映画化した『一週間フレンズ。』。一週間で友達のことを忘れてしまう記憶障害を持つヒロインの香織を演じた川口春奈が、実写映画化作品への持論や共演者の山崎賢人から受けた影響を語る。

人気原作の実写化への思い

Q:イメージチェンジされた『にがくてあまい』でのOL役後、本作で女子高校生の香織を演じることについて、どのように思われましたか?

学生役はこれまでもたくさん演じてきましたが、今回の映画は今までと少し違うキャラクターなので、新たに自分の殻を破れる作品になればいいなと思って、望みました。実年齢的にはドラマ「Chef~三ツ星の給食~」で演じた晴子が近いですが、香織もそこまで実年齢と離れているわけではないですし、高校生時代は経験していますし、そこに対する違和感は特にありませんでした。

Q:過去には、映画化もされたドラマ「桜蘭高校ホスト部」や、『好きっていいなよ。』にも主演されていますが、原作コミックの実写化作品で演じるうえでの心得のようなものは?

特にないですね。ただ原作者の方や、原作のファンの方がいらっしゃって、持っているイメージがそれぞれ違うと思うので、実写映画化というといろんな声があって当然だと思うんです。でも、実写映画化されるぐらいいい原作だと思うので、そこに携われているありがたさはありますね。

Q:いかに原作のキャラクターに近づけるか、ということを具体的に監督やスタッフとお話することはありますか?

今までの作品を思い返すと、「ここは原作に忠実にやりたい」「ここは寄せたい」といった話しを、監督やスタッフさんと話したことはあります。今回の香織で言うならヴィジュアル面をどれだけ近づけるか? 髪型や制服などこだわりはありました。とはいえ、どこかで原作にすべてを囚われたくない気持ちもあります。

Q:それは具体的にどういったことでしょうか?

自分が出演していない原作の実写化作品も、気になったらできるだけ観るようにしているんですが、そのときにまったく同じにする意味はないと思うようになったんです。実写化される意味というか、自分に何が求められているかや、自分にしかない表現をどう出して伝えられるか? そういうことを深く考えるようになりました。

前向きな気持ちになってほしい

2

Q:香織を演じるうえで、一番考えられたことは?

香織の心情が一番大事だったと思います。あとは、彼女が抱えているものやその理由、バックグラウンドをしっかり演じないと成立しないと思いました。だから、そこをどう見せていくかということを考えました。あと、とにかくキャラクター全員が一生懸命に頑張って生きている作品なので、観た方が「自分も頑張ってみよう」と前向きな気持ちになってほしいという気持ちで演じました。

Q:ちなみに、共演の山﨑賢人さんは、川口さんより原作実写化作品に多く出演されていると思いますが、彼と共演して感じたことは? 

この作品はもちろん、ほかの作品を観ても、その作品に懸ける熱量というか、熱いものを感じていました。今回は共演者として一緒にいることで、とても刺激的でしたし、ご一緒できてよかったと思います。撮影中は共演者の方に影響されることも多いですが、山崎さんの影響もあって、いい芝居ができた自分もいたと思います。また、機会があれば、ご一緒したいと思いました。

Q:それは具体的に、どのシーンに表れていると思いますか?

後半になるにつれて、いろんな関係が変わったり、過去が見えてきたりしたときに、香織が悩んで葛藤する。そこに寄り添ってくるのが、山崎さんが演じた長谷くんの存在なので、そういうシーンを撮っているときは、山崎さんに持っていかれたというか、とても影響された感じがします。

持つべきものは何でも話せる友達

3

Q:本作は、“友達”がテーマの作品ですが、川口さんのプライベートのお友達のお話も聞かせてください。

そんなに多いわけではないですが、持つべきものは友達だと思いますし、近くにいるとても大事な存在だと思っています。同じ業界で働いている人もいますし、一般の人もいます。年齢は年上年下、バラバラですね。壁にぶつかったときに相談することもありますし、ただ話すだけでも気持ちが落ち着くということも多いので、それに付き合ってくれる友達がいることだけでも、本当にありがたいです。

Q:お仕事について相談されることはありますか?

仕事の話はほとんどしないです。それに、「よし、聞いてもらうぞ!」と話すために会うというより、会って話しているうちに、いろんな考え方があることに 気付かされる。それによって、元気をもらったりしています。

Q:また、本作は“交換日記”が重要なアイテムになっていますが、日頃、自分の気持ちを言葉として書き留めることはありますか?

普段思ったことを日記やメモとして書き留めることはありませんが、できるだけ相手に伝えることはします。会ったときに口にも出しますが、時間がなくてなかなか会えないときは、誕生日とかに手紙を送ったり、直接渡したりすることも多いです。

Q:原作は若い層を中心に支持されました。実写版は、どのような人たちに観てほしいですか?

ただ単にキラキラした、キュンキュンするだけの作品ではなく、いろんなキャラクターの性別を超えた友情や絆、家族愛や温かさを描いた作品になったと思います。老若男女、いろいろな方に刺さると思います。改めて、家族や友達など、自分の周りにいる人と向き合ったり、その人のことを考えたりする時間を持つきっかけになればうれしいです。

取材・文: くれい響 写真: 尾藤能暢

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

関連映画