タイタニックにバイオハザード…「監督と女優」カップルは意外と多い!

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

『バイオハザード』はふたりの愛の結晶(Getty Images)『バイオハザード』はふたりの愛の結晶(Getty Images)

日本発のゲームを映画化した人気シリーズの最終章『バイオハザード:ザ・ファイナル』がヒットを記録していますね。『バイオハザード』と言えば、主演のミラ・ジョヴォヴィッチと監督のポール・W・S・アンダーソンのロマンスでも有名。1作目(2002年)撮影中から交際が始まり、2009年に正式に結婚して、現在は二児をもうけています。ちなみに2007年に誕生した第一子エヴァちゃんは『バイオハザード:ザ・ファイナル』にも出演しています。ミラと言えば、過去、『フィフス・エレメント』のリュック・ベッソンとも結婚していたことがあり、監督に惹かれがちなのかもしれません。というわけで、他にも監督&俳優のカップルをご紹介します!

■『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインは新婚さん

新婚ほやほやのマーゴット&トム(Getty Images)新婚ほやほやのマーゴット&トム(Getty Images)

昨年、大注目だった『スーサイド・スクワッド』で、エロかわいいハーレイ・クインを演じてブレイクしたマーゴット・ロビーは、先月、イギリス人監督トム・アッカーリーと極秘挙式。現在、幸せいっぱいです。でも実はトム、監督と言っても、まだ助監督という立場。2013年にマーゴットがドラマ『フランス組曲』の現場でアシスタントだったトムを見て好意を寄せたことから交際に発展したのだとか。なるほど、トムはなかなかのイケメン。今後、妻マーゴット主演の監督作を発表することもあるかもしれませんね。

■オスカー女優J・ローレンスはあの奇才と

昨年10月、熱愛が報じられたのはオスカー女優ジェニファー・ローレンスと、ナタリー・ポートマン主演の『ブラック・スワン』でアカデミー監督賞にノミネートされた奇才ダーレン・アロノフスキー。ジェニファー26歳、ダーレン47歳の21歳差カップルです。以前、イギリス人のニコラス・ホルトと付き合っている時、「イギリス人はマナーを知っているから好き」と言っていたジェニファー、マナーがあって包容力のあるオトナの男性に惹かれたのでしょうか。ちなみにアロノフスキーは、女優のレイチェル・ワイズとの間に子どもがいます。

■巨匠スピルバーグの妻は『インディ・ジョーンズ』のヒロイン

名作・ヒット作を連発する巨匠スティーヴン・スピルバーグの妻は、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』のヒロインだったケイト・キャプショー。『インディ~』のオーディションにやってきたケイトを見初めたのがきっかけで、1991年に結婚。5人の子どもに恵まれています。現在、ケイトは女優休業中ですが夫婦仲は相変わらず順調! ちなみにスピルバーグはケイトと結婚する前は、『キャリー』などのエイミー・アーヴィングと結婚していました。

■『タイタニック』がきっかけで結婚

世界的に大ヒットした『タイタニック』の現場でもロマンスが生まれています。監督のジェームズ・キャメロンは現代パートに出演していたスージー・エイミスと2000年に結婚しました。強い女が大好きで、『ターミネーター』のリンダ・ハミルトンとの仲が有名なキャメロン監督、きっとスージーも家庭内ではキャメロンを尻に敷いているのかもしれません!?

■『アンダーワールド』シリーズが生んだ夫婦

ケイトは意外や肉食女子?(Getty Images)ケイトは意外や肉食女子?(Getty Images)

昨年、離婚が発表されてしまいましたが、ヴァンパイアと狼男(ライカン)の争いを描いたアクション映画『アンダーワールド』の主演ケイト・ベッキンセールと監督レン・ワイズマンも撮影現場で愛を育みました。とは言っても、このふたりの場合は紆余曲折あり。当時、ケイトにはマイケル・シーンという長年のパートナーがおり、しかもマイケルも『アンダーワールド』に出演していたのです。要するに“職場”の“同僚”と付き合っているのに、“上司”と恋に落ちてしまったというわけ。マイケルと別れたケイトは2003年にワイズマンと無事結婚しました。ケイトとマイケルとの間に生まれた娘のために、ケイト&夫&元カレという顔合わせで定期的に食事会をしていたそうです。みんな大人!

他にも別れてしまいましたが、監督&女優のカップルとしてはティム・バートン&ヘレナ・ボナム・カーター、ケイト・ウィンスレット&サム・メンデスなども有名ですね。ちなみにメガヒット中の『君の名は。』の新海誠監督の奥さんも映画『Versus』のヒロインだった女優三坂知絵子さんです。

文=安藤千晴

記事制作 : iSM

シリーズ