「名探偵コナンかよ!?」ツッコみたくなる橋本環奈×佐藤勝利主演『ハルチカ』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る


(C)2017「ハルチカ」製作委員会

初野晴の人気小説を実写化した映画『ハルチカ』(3月4日公開)は、女性から高い人気を誇る男性アイドルグループSexy Zoneのセンター・佐藤勝利と橋本環奈のW主演の注目作。ちょっぴり頼りないけど気の優しい美少年・ハルタ(佐藤)と、まっすぐで負けん気の強いチカ(橋本)が高校の入学式で再会を果たし、廃部寸前の吹奏楽部を再興していく青春物語となっています。美男美女が主演だけに「恋愛映画だろ?」と思っている君、ちょっと待った! そんな単純な作品ではないのです。

もはやコナン君!? 名探偵のような推理が展開!

今作では、廃部寸前の吹奏楽部を救うため、ハルタとチカはあの手この手を使って部員集めに奔走します。サックス経験者の元野球部、登校拒否中のパーカッション、難聴の天才クラリネット奏者といったワケありのメンバーを吹奏楽部に勧誘します。その中で、彼らの入部を決心させる、ハルタの説得方法が天才レベル。頭脳明晰なハルタですが、ワケありメンバーの“悩み”を見抜く洞察力や推理がずば抜けていて「名探偵かよ!?」とツッコミを入れたくなるほどです!

それもそのはず、原作となった小説『ハルチカ』シリーズ(角川文庫)は、恋愛小説ではありません。吹奏楽部のハルタとチカが、校内で起こる様々な難事件を解決していく“推理小説”なのです。今回公開される映画は、青春作品として作られたオリジナルストーリーですが、映画にも原作由来のミステリーのエッセンスが散りばめられた映画となっています。

“吹キュン”ブームが本格化! 出演者はガチ

近年、ドラマ「仰げば尊し」(TBS系)、映画『青空エール』、アニメ「響け!ユーフォニアム」となど、吹奏楽部をテーマにした作品が連続でメディア化されています。それに続いての映画『ハルチカ』。作中でも、吹奏楽部員のキュンキュンする恋愛模様“吹キュン”が盛りだくさんで、今後も“吹キュン”ブームは持続しそうです!

部活がテーマの作品では、経験者から否定的な声が多々上がるのが常ですが、今作出演者の“演奏への本気度”はなかなかのものです。出演者は、クランクインの4ヶ月前から音楽プロデューサーやプロの講師のもと、それぞれの楽器を猛特訓。主演・ハルタ役の佐藤は、多忙なスケジュールの合間を縫ってホルンのレッスンにも通ったそう。“世界一難しい金管楽器”と呼ばれるホルンですが、練習の甲斐あり、佐藤は実際にホルンで楽曲が演奏できるまでに成長。去年8月に行われたSexy Zoneのライブで披露した他、先日行われた今作の完成披露試写会では、18歳の誕生日を迎える橋本に「ハッピーバースデートゥーユー」のホルンの生演奏をプレゼントし、会場は拍手喝采に包まれました。

あのちびっ子芸人はすっかり俳優が板に付いた!?

吹奏楽部を舞台にした今作で、吹奏楽部長を演じたのは、お笑いコンビ「まえだまえだ」の兄・前田航基! “浪速のスーパーキッズ”の触れ込みで「エンタの神様」(日本テレビ系)デビューしてから、早くも10年。すっかり大人となった航基は、近年、映画『ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判』や『人狼ゲーム ラヴァーズ』に出演。俳優としても実績を残しています。また、弟の旺志郎も現在放送中のドラマ「カルテット」(TBS系)に出演中。ちびっ子お笑いコンビとしてではなく、若手俳優として、今後の活躍にも注目です。

吹奏楽という部活動に真剣に向かい合う少年少女を描いた映画『ハルチカ』。今作を通して青春時代を思い出し、物思いにふけるなんてことがあったらステキ! ぜひ劇場に足を運んでみてください!

(文/齋藤徹@HEW)

記事制作 : HEW

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。