ハリウッドスターの“パパラッチ”対応は千差万別 戦うだけでなく「友好派」も!?

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

「ほら、あそこにいる」と言ってそうなアンドリュー&エマ(Getty Images)「ほら、あそこにいる」と言ってそうなアンドリュー&エマ(Getty Images)

常にカメラに狙われ、つきまとわれるのは職業柄、ある程度はしょうがないにしても、そのしつこさに怒りを表明したり、時には乱闘騒ぎになったり、中にはおちょくったり!? セレブたちのさまざまなパパラッチ“対応術”をご紹介します!

■直接抗議します!の武闘派

「撮るなよ!」とキレていそうに見えるショーン・ペン(Getty Images)「撮るなよ!」とキレていそうに見えるショーン・ペン(Getty Images)

『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリスはパパラッチが大嫌い(好きな人はあまりいないと思いますが)で、直接文句を言う男気タイプ。たいていのセレブが撮られていることに気付くと足早に逃げていくのに対し、ブルースは逆に近づいて行って「やめろ」と抗議。動画で撮られている場合、どんどんカメラに寄ってくるブルースはなかなか迫力があります。2006年には、LAのレストラン外で待ち伏せしていたパパラッチの顔面を負傷させたと告訴されたこともあり、ブルース側は名誉棄損で対抗告訴しています。オスカー俳優のショーン・ペンも武闘派で、2010年にはパパラッチの足を蹴り、カメラを壊したとして暴行罪で起訴されました。常にパパラッチに追われているジャスティン・ビーバーは、2014年、パリで食事を終えて出てきたところをパパラッチに囲まれて、思わず殴りかかった瞬間を撮られてしまい、そのまま報道されてしまいました。そんなふうに問題児イメージの拭えないジャスティンですが、「僕だって普通の人間なんだ」と、心情を吐露するコメントを動画で発表したこともあります。今は落ち着いているブリトニー・スピアーズも、若くして子どもを生んで結婚生活が破綻しかかった頃、パパラッチの前で丸坊主にしたかと思ったら傘で襲いかかったりしたことが。あの時は精神的にも不安定だったようですね。

■中指立てポーズで無言の抗議派

直接抗議したり殴りかかったりということはしなくても、無言で中指を立てる“ファ○ク・ユー”ポーズで対抗するセレブは多数。ジェニファー・ローレンスは中指が大きくプリントされている傘を陽除け代わりにして意思表示し、『スパイダーマン』での共演をきっかけに付き合い始めたアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンも、デート中にエマがさりげなく中指を立てている写真を撮られたことも。クリステン・スチュワートや、ミラ・ジョヴォヴィッチ、マギー・ギレンホール、ダニエル・クレイグなど、さまざまなセレブの中指立てポーズは検索すればほとんどがネットにあがっています。

■逆に利用しちゃう!?なユニーク派

パパラッチに手を振るアパトー夫妻。笑えます(Getty Images)パパラッチに手を振るアパトー夫妻。笑えます(Getty Images)

上であげたアンドリュー&エマのカップルはデート中に撮られているとわかって、世界孤児基金とニューヨークのがん患者支援組織の宣伝をする紙を持って宣伝したことがありました。今は別れてしまったふたりですが、そういう感性が似ていたのかもしれませんね。アン・ハサウェイ&アダム・シュルマン夫妻も「エマ&アンドリューのアイデアは素晴らしい」と書かれた紙と自分たちが支持する団体を書いた紙で顔を隠して同じ手法でパパラッチに対抗。『40歳の童貞男』などのジャド・アパトー監督と妻のレスリー・マンは、パパラッチに向かって満面の笑みでピースしたり、走り寄って手を振るなど、思わず笑ってしまうほどのあえての“歓迎”ムードを全開させて、苦笑を誘う手法を取っています。

■パパラッチが思う頭脳派!?なセレブとは

元パパラッチだった男性がネットで質問を受け付けた時に名前が挙がったのが『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフ。彼はいつも同じ服を着ているため、いつ撮っても全く新鮮味がなく、出版社などに写真を買ってもらえなくなってしまうのだとか。ダニエルがそこまで考えているかはわかりませんが、なるほど!な対処法。撮られたとしてもメディアに載らなければ意味がありません。さらにレオナルド・ディカプリオもサングラス、キャップ、時には怪しげなマスクなどで顔を隠して鉄壁のガードを誇るのですが、レストランに入ってもキャップやサングラスを取らず、注文する時も顔を決して上げない徹底ぶりで、顔を撮るのが難しいそう。

■時に良好関係を築く奇特なセレブも

ナイスガイで知られるヒュー・ジャックマンは、ベルリンのおもちゃ屋さんで子どもたちにお土産を買おうとしたものの、カードが使えず手ぶらで出てきたところ、パパラッチが代わりにそのおもちゃを買って、ヒューにプレゼントをしたのだとか。シドニーのビーチでバカンス中に息子が迷子になった時もパパラッチに息子を見つけてもらい、大喜びだったヒュー。彼がいい人だと評判だから、パパラッチも協力するのかもしれません。アンジェリーナ・ジョリーは自分につきまとっていたパパラッチの自転車がパンクしたのを見て、車で彼のホテルまで送ってあげたことがあり、彼女の元夫、ブラッド・ピットはブダペストで撮影中に迷子になってしまった時、パパラッチに道を教えてもらったり、ロスでバイクが故障した時はパパラッチの車に乗せてもらったりと、持ちつ持たれつの関係に。困っている時はお互い助け合うことができるのも面白いですね。

付きまとわれてしまうのはセレブという立場上、もうしょうがないのだから、こんなふうに余裕の対応をする方がストレスなく生活できるかもしれません!?

文=安藤千晴

記事制作 : iSM

シリーズ