『きょうのキラ君』中川大志インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

実際は非モテ男なので、キラキラ男子に悪戦苦闘

 

1

映画『きょうのキラ君』は2月25日より全国公開

NHK大河ドラマ「真田丸」豊臣秀頼役で話題になった中川大志が、少女漫画の『きょうのキラ君』で主人公のキラ君こと吉良ゆいじを演じる。若手俳優として注目される中川が、キラキラ男子を演じる秘訣や高校卒業後の進路について語った。

中川大志の意外な素顔は?

Q:本作で秘密のあるキラ君を演じましたが、中川さんご自身の「実は◯◯です」という意外な素顔を教えてください。

これはキラ君との共通点になりますが、意外と涙もろいです。プライベートでは学校の卒業式や感動的な行事に弱いですね。子供の頃はクリスマスプレゼントが願っていたものと違ったことがショックで大泣きしたこともあります(笑)。仕事では撮影のクランクアップのときとか、つい……。

Q:感動屋さんなのですね。劇中に登場するようなサプライズはお好きですか?

するのもされるのも大好きです!

意外にもキラキラ男子役に苦戦?!

2

Q:ズバリ! キラキラ男子を演じるための秘訣を教えてください。

素でキラキラしていますから! と言いたいところですけど、キラキラとは無縁なので正直大変でした(笑)。女の子から見て「キラキラしている」と思ってもらわないといけないのですが、よく分からなくて川村(泰祐)監督といっぱい話し合いました。手の動かし方や手を差し出すときの角度など、細かく研究しました。

Q:実体験やどなたかを参考にしたとか、監督から事前に鑑賞して欲しい作品などのリクエストはありましたか?

僕は学校でも男友達とつるんでいることが多くて、キラ君のようなモテモテの経験がないので、実体験は含まれていないです。監督から事前にというのも特になかったです。ただ、監督は元祖・壁ドンを演出されていますし、いろいろ教えていただきました。知らないことばかりで、「へぇ」の連続でした。特に劇中の「カーテンの刑」は、僕らの動きはもちろん、カーテンの素材までこだわった場面になっています。ぜひ期待してください。

Q:キュンキュンするシーンですよね。キスシーンの回数も予想外の多さでした。そういった撮影で照れないためのコツは?

そうなんです……多いですよね。キラ君を演じているときはキラ君の気持ちになっているので、気負うことなく自然体でできるのでコツは特にないです。あ、もちろんすごく緊張します!

Q:確かご家族の仲がとても良く、お仕事への理解もおありだそうですね。愚問ですが、ご両親が本作をご覧になったらどういう反応をされるでしょうか?

どうでしょう。出演作を観て感想を言ってくれますが、こういう撮影をしたとか日頃からけっこう話をしているので、キスシーンも初めてではないですし、サラッと観てくれる気がします。

恋愛も友情も家族も大事!

3

Q:お気に入りのシーンは?

親友の矢部(葉山奨之)との海辺のシーンですね。純愛映画ですけど、男同士の友情もきちんと描かれているんです。クラスでもムードメーカー的な彼が、あのときだけは真剣な表情で「明日も生きてるって言い切れるヤツなんて、1人もいねぇよ」って言うんですが、本当にそうだよなって改めて思いました。

Q:確かに、本作は恋愛だけでなく家族、青春と友情も大切に描かれていました。中川さんが人生で大切にしていることは?

今はまだよくわからないです。すいません。ただ、今春で僕は高校を卒業するんです。これまでは学業と仕事を両立させてきましたけど、大学への進学はしないことに決めたので、これからは仕事に専念できます。周りの方からどのように思われているかは分かりませんが、これまでも手を抜くことはなく自分なりに一つ一つに真剣に向き合ってきました。これからはより一層気合いを入れていこうと思っています。

取材・文:南樹里 写真:金井尭子

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。