ブラピからライアン・ゴズリングまで!意外な“元・恋人”関係とは?

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

サンドラ姉さんと若き日のライアン(Getty Images)サンドラ姉さんと若き日のライアン(Getty Images)

年末から2月にかけてはエンターテインメント界の賞レースが華やかになる時期。授賞式やパーティーに出席するセレブたちは、意図せず元カレ元カノと接近してしまうことも。本人たちの間ではすでにいい思い出として消化されているだろうけれど、今となっては「そういえば彼らって付き合っていたんだっけ!?」という意外な元カップルをご紹介します。

■今年のアカデミー賞を席巻する男優たちの元カノとは

アカデミー賞にやってきたジュリエット&ブラピ(Getty Images)アカデミー賞にやってきたジュリエット&ブラピ(Getty Images)

『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演男優賞候補になっているライアン・ゴズリング。今はエヴァ・メンデスとの間に子どもがふたりいますが、『完全犯罪クラブ』(02)で共演した16歳年上のサンドラ・ブロックと短い期間、恋人関係だったことがあります。オスカー作品賞にノミネートされている『ムーンライト』の製作総指揮を務めるブラッド・ピットが初めてアカデミー賞授賞式に出席したのは、当時の恋人ジュリエット・ルイスのエスコートをした92年。自由奔放で演技のキャリアもある実力派のジュリエットにブラッドはメロメロだったそうです。そのブラピとアカデミー賞でプロデューサー対決と言われているのが、自身のプロデュース作『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が作品賞候補になっているマット・デイモン。現在は4人の子どもを持つ愛妻家のマットは、97~2000年までウィノナ・ライダーと交際し、ゴシップ誌を騒がせていました。というのも、彼らの恋のキューピッドだったのがウィノナの親友だったグウィネス・パルトローだったから。しかもグウィネスは当時、マットの親友ベン・アフレックと付き合っており、若手スター4人が頻繁にダブルデートする様子が頻繁にパパラッチされていたのでした。

■アカデミー賞俳優となった彼らの元恋人たち

別れても友人。ニコラス&ジェニファー(Getty Images)別れても友人。ニコラス&ジェニファー(Getty Images)

こんなにラブラブでした、ジム&レニー(Getty Images)こんなにラブラブでした、ジム&レニー(Getty Images)

『世界にひとつのプレイブック』(12)でアカデミー主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンスは、『アバウト・ア・ボーイ』の子役から美青年に変身を遂げたニコラス・ホルトと2010年頃から交際。数年後に破局しましたが、“いいお友達”関係が続いており、その後も『X-MEN』シリーズで仲良く共演しています。『ダラス・バイヤーズクラブ』でオスカー俳優となったマシュー・マコノヒーは、現在はブラジル人モデルとの間に2児がいる良きパパですが、かつてはスペイン人のペネロペ・クルスとの交際が話題になっていました。ペネロペは同郷のハヴィエル・バルデムと結婚した今でこそ落ち着いていますが、ハリウッドに進出した当初は、共演者を次々と虜にした魔性のラテン美女として名を馳せたことも。浮名を流したのはマシューをはじめ、マット・デイモンやトム・クルーズ、ニコラス・ケイジら大物ばかり! 『コールド・マウンテン』(03)で助演女優賞を獲得したレニー・ゼルウィガーは、2000年頃、ジム・キャリーと婚約していたことがあったものの破局。はっきりした理由は明かされませんでしたが、実は繊細なジムとの性格が合わなかったようです。

■ハリウッドで最も稼ぐ俳優ロバート・ダウニー・Jr.の有名な恋

ふたりとも若い!ロバート・ダウニー&サラ・ジェシカ(Getty Images)ふたりとも若い!ロバート・ダウニー&サラ・ジェシカ(Getty Images)

ハリウッドで最も高額ギャラをゲットするロバート・ダウニー・Jr.は、1980年代に『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカーと長く同棲していたことは有名ですが、ロバートの薬物問題が深刻化してお別れ。彼は当時を振り返って「とてもつらかった」と語っていますが、その後もドラッグ関係でのトラブルや逮捕は続いており、サラが見切りをつけたのも納得? その後、サラはマシュー・ブロデリックと、ロバートは映画プロデューサーのスーザンと結婚しています。

■人気シリーズでブレイクした彼らの当時の恋は…

『トワイライト』シリーズで一躍トップスターの仲間入りをしたクリステン・スチュワートは、共演者ロバート・パティンソンとの関係が有名ですが、ロバート以前は『ロード・オブ・ドッグタウン』(05)などの俳優マイケル・アンガラーノと付き合っていました。『トワイライト』1作目のプロモーション来日(2009年)では、実はマイケルを伴って日本に来ていたので、後の恋敵(?)ロバートとも顔を合わせていたのが、なんともはや。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのレゴラス様ことオーランド・ブルームはミランダ・カーとの離婚を経て、現在、独身を謳歌中。そんな彼は2002年から4年間、ケイト・ボスワースと交際。破局後のケイトはそのショックからか激やせしてしまいました。サム・ライミ版『スパイダーマン』では、主演のトビー・マグワイアとヒロインのキルステン・ダンストが一時期、本当に恋人関係になったことが。1作目完成後に付き合い、2作目に入る前に別れましたが、シリーズ自体は3本作られているのだから、お互い、友人として良い関係を再構築したのでしょう。大人!

日本に比べて欧米の方が大らかで、別れても仲がいい元カップルが多いような気がしますよね。彼ら自身も今では「そんなこともあったなあ」と青春の思い出になっているかも!?

文=安藤千晴

記事制作 : iSM

シリーズ