nakai


惜しまれつつ解散したアイドルグループのSMAP。現在はメンバーそれぞれの道を歩んでいますが、中居正広はさまざまな番組でMCとして評価されるなど解散後も変わらず大活躍しています。人気グループのリーダーだった中居、バラエティ番組では毒舌を発揮している印象ですが、実は共演者やスタッフ思いで情に厚いことでも知られています。中居からの驚きの差し入れとは何だったのでしょうか?

「スマスマ」最終回のプレゼントは三桁万!?

フジテレビ系バラエティ番組「SMAP×SMAP」は20年という放送期間を誇る人気番組でしたが、SMAPの解散とともに昨年の12月26日でもってその長い歴史に幕を降ろしました。その最終回で中居は番組スタッフに名前入りのスニーカーをプレゼントしたそうです。彼がプレゼントしたスニーカーはNIKE(ナイキ)のエアーマックスで、約200人に送ったということでその総額は三桁万を優に超えます。その額だけでも驚きですね……。

しかし、驚くのは金額だけではありません。そのスニーカーをプレゼントするにあたって、スタッフの名前や足のサイズを全て自分で聞いてまわったというのです。さらにナイキのスニーカーに名前をいれるにはナイキのIDが必要になるのですが、中居は200人分ものIDを作ったということで、その手間は相当なものだということがわかります。スタッフ1人1人にも深い感謝の気持ちを持っている中居の温厚な人柄がよく表れていますね。

実は、中居が以前主演していたTBS系ドラマ「ATARU」の劇場版公開の際も、スタッフキャスト全員に名前入りのスニーカーをプレゼントしているんです。みんなでお揃いのスニーカーで足並みも揃う、ということでしょうか。この懐の深さと男気にはネット上でも「かっこいい!!」「ファミリー意識に脱帽」と感動の声があがっています。

豪華な寿司に叙々苑弁当まで!

中居の差し入れはスニーカーだけではありません。彼が出演する日本テレビ系「ナカイの窓」では叙々苑弁当が中居から差し入れられていたことを出演者が明かしています。さらに、テレビ朝日系「中居正広VS芸能人50人!世代別クイズバトルジェネレーションチャンプ」では少なくとも出演者50人、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」では共演者やスタッフら約150人に豪華な折り詰め寿司を差し入れているのだから、本当に驚かされます。

番組で見る毒舌なイメージとは異なり、出演する番組の共演者やスタッフへの感謝を欠かさないその姿勢こそ、厳しい芸能界であれほどの人気を勝ち取っている秘密なのかもしれませんね。特に差し入れなどは、視聴者からは見えない部分。そんなところだからこそ、彼の本当の人柄が出ると言えるのではないでしょうか。SMAPは解散してしまいましたが、中居はその人柄でスタッフと団結力を高め、今後もテレビ番組などで私たちを大いに楽しませてくれるのでしょう。

(文/上野澪@HEW)