羽生結弦が殿サマに! 織田信成&浅田舞…フィギュアスケーターの演技にも注目

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

場面写真 ★15313殿_12735s

(c)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

氷上の美しい演技を競うフィギュアスケート選手たち。そんな彼らの多くが、実は映画やアニメ声優としての演技にもチャレンジしていたことをご存知でしょうか?

マゲ姿のキレイな羽生結弦…『殿、利息でござる!』

2月に開催された四大陸選手権で今季自己ベスト得点をマークし、平昌五輪でのメダル獲得に期待がかかる羽生。そんな彼の映画デビュー作は、東日本放送開局40周年記念作品『殿、利息でござる!』(2016年)。実話をもとにした時代劇です。財政難の仙台藩で重税を課され、小さな宿場町の将来を案じたのは主人公の十三郎(阿部サダヲ)。「殿様に大金を貸し付け、庶民がその利息を得る」という斬新な秘策を打ち立て、篤平治(瑛太)、弟の甚内(妻夫木聡)らと大金集めに奔走します。

仙台出身の羽生が務めたのは、当時の殿様である伊達重村。ちなみに共演者たちは、リハーサル当日まで殿様役が誰なのか知らされていなかったそう。庶民が初めてお上と対面するシーンで羽生が登場し、一同はびっくり&歓喜。フィギュアで培った美しい所作と表情で魅せる羽生を、キャスト陣は「キレイ」、「オーラがある」と称賛。マゲ姿もハマっており、若様風の存在感を示していました。

ここでも熱演の織田信成&スイスのイケメン…「ユーリ!!! on ICE」

「ユーリ!!! on ICE」は、昨年12月までテレ朝系・BS朝日で放送されたフィギュアスケートアニメ。主人公の特別強化選手・勇利が強力なコーチと出会い、グランプリファイナルを目指すという物語です。ゲスト声優として、第11話では試合解説役で織田が、翌最終話ではスイス出身のトリノ五輪銀メダリスト、ステファン・ランビエール選手が登場。もともと同作のファンであった2人は意気込み高く、持ち前のキャラが発揮された本人役を務めました。

岡山弁の高橋大輔にほっこり…「みんなのおかやま犬(けん)」

「みんなのおかやま犬(けん)」は、おかやま犬(けん)、デニム・雉(きじ)、こうらく猿(えん)の3匹がゆるーく進行し、岡山の県政を伝えるネット配信アニメ。昨年12月公開の回には、高橋が本人キャラで登場。「ぼっけぇ好きな岡山を応援しとるんよ」などと、のんびりとした岡山弁で地元をPRしました。ほかにもauのCM三太郎シリーズでは一寸法師役でおなじみ、前野朋哉が桃太郎の声を務め、お笑い芸人・千鳥や岡山県知事も本人キャラで登場。アニメは公式サイトやYouTubeで視聴できます。

このほか、プロスケーター・西田美和主演の『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』(2010年)には安藤美姫、荒川静香、伊藤みどりらが出演。安藤といえば引退直後の2014年に日テレ系「奇跡の教室」、テレ朝系「ママが生きた証」などスペシャルドラマにも出演し、脇役ながらも華やかな存在感を放っていました。

「アスリートだから、(演技も)どんどんうまくなりたいという気持ちがある。すごいですよね」とは、『殿、利息でござる!』で羽生を見て阿部サダヲが語った言葉。強い精神と集中力、表現力を要するフィギュアスケーターは、極めればスゴイ俳優になる可能性を秘めているのかも!

また、現在公開中の『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』では、織田信成&浅田舞ペアがゲスト声優として参加しています。公式サイトやテレビアニメ版のエンディングでスケート靴を履いて踊る「パオパオダンス」を披露し、こちらをほのぼのとした気分にさせてくれています。

(文/藤岡千夏@H14)

trg_tonosamadvdjct_sell
『殿、利息でござる!』Blu-ray&DVD発売中!
http://tono-gozaru.jp/dvd/
(c)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

記事制作 : H14

関連映画

PICK UP