【映画の料理Vol.22】『3月のライオン』公開記念!川本家のひな祭りお重と白玉とラムネ

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=金田裕美子/Avanti Press

3lion1
『3月のライオン』東宝=アスミック・エース配給
【前編】3月18日(土)【後編】4月22日(土)2部作連続・全国ロードショー
(c) 2017映画「3月のライオン」製作委員会

『3月のライオン』の底力は料理にあり

『3月のライオン』が前後編で映画化されました。わたくし、原作コミックのファンなので、現在12巻まで発表されているこの作品がどのような映画になるのかとても楽しみにしておりました。原作者・羽海野チカさんの作品は、前作『ハチミツとクローバー』もそうですが、一見ほんわかしているようで、実は普段あまり意識しない、心のふかーいところをぐりぐり刺激される感じがします。そしてもうひとつ、重要な特徴が。羽海野作品は、胃袋も大いに刺激するのです!

もちろんこの映画もしかり、美味しそうなものがたくさん登場します。今回はその中から、お重に詰めたおいなりさんとおかず、お祭りで販売する白玉のシロップかけ、そして映画には登場しませんが、原作を読んで「これ絶対やってみたい!」と思った手作りラムネに挑戦してみたいと思います。

『3月のライオン』の主人公は、17歳のプロ棋士、零(神木隆之介)。幼い頃に事故で家族を亡くし、今は高校生ながら隅田川沿いの部屋にひとりで暮らしています。ここから学校に通い、対局に出かけ、家ではひたすら将棋盤に向かって研究に没頭する毎日。カーテンすらない部屋で食べているのは、なるべく手間のかからないインスタント食品やコンビニのパンなどのようです。そんな零が、ひょんなことから近くの町に住む川本家の三姉妹と知り合い、彼女たちの住む古い家でにぎやかに食卓を囲むようになります。

3lion3
『3月のライオン』東宝=アスミック・エース配給
【前編】3月18日(土)【後編】4月22日(土)2部作連続・全国ロードショー
(c) 2017映画「3月のライオン」製作委員会

お父さんは家を出て行き、お母さんは亡くなって、川本家は一家を支える長女・あかり(倉科カナ)、中学生の次女・ひなた(清原果耶)、4歳の三女・モモ(新津ちせ)の3人。月島で和菓子屋を営むおじいちゃんの相米二(前田吟)も時々加わります。この家のご飯がまた、本当に美味しそうなのです。コロッケや唐揚げ、カレー、玉子焼き、ポテトサラダなど、ごくごくありふれたメニューなのですが、大きなお皿にどーんと盛って、とても家庭的な感じ。ここで家族の一員のように扱われるうち、子どもの頃からずっと孤独だった零の心は少しずつほぐれていきます。

おひな祭りの日、三姉妹はおいなりさんをたくさん作ります。原作では、おひな祭りの日のメニューを一般的なちらし寿司ではなくおいなりさんにするのは、モモちゃんが「おいなりさんっっ」と希望したから。「甘~~く煮たおあげに 中にきざんださっくさくのレンコンと タマゴのそぼろとゴマをたーっぷり入れて……」とあかりさんがうっとりすれば、妹たちも「ハフハフ」と大コーフン。そうなのです。川本家の女子たちは、本当に食べることに並々ならぬ情熱を傾けているのです。

川本家の料理で食べてみたいのは……

原作にはもっといろいろな料理が出てきます。うどんに甘く煮たおあげをのせるか、えび天にするか選べないから両方のせちゃった「甘やかしうどん」、ローカロリーでヘルシーだと思ったのに美味しくて止まらなくなって結局食べ過ぎる「豆腐とひき肉の甘辛味噌そぼろ」と「納豆と玉子の塩ネギそぼろ」のレタス巻き、カレー(おいしいもの)+唐揚げ(おいしいもの)=「すごくおいしいもの」、「すごくおいしいもの」+温泉たまご(おいしいもの)=「超おいしいもの」という数式(?)、川本家手巻き四天王「マグロのユッケ」「ツナマヨ」「トロタク」「イカ納豆」など、もう「今すぐここに出してっ」と言いたくなるものばかり。ひなたの高校合格祝いに唐揚げ(鶏肉2キロ分)を山盛りにして、「今日は唐揚げは飲み物だから」と言い放つあかりさんにもシビれました。

3lion2
川村家の晩ごはん。『3月のライオン』東宝=アスミック・エース配給
【前編】3月18日(土)【後編】4月22日(土)2部作連続・全国ロードショー
(c) 2017映画「3月のライオン」製作委員会

さて、話は戻っておいなりさん。零がここのところ川本家に姿を見せないので、三姉妹はおいなりさんをお重につめて届けに行きます。途中3人は、零が女性とただならぬ雰囲気で話しているのを目撃。ショックを受けますが、実は彼女は零の義理のお姉さん、香子(有村架純)でした。香子は零がもらったお重を勝手にあけて、おあげが「甘い」とか、別の段の筑前煮を「ババくさ」とか文句を言いつつ、どんどん食べてしまいます。確かにとっても美味しそう。止まらなくなるのもわかります。というわけで川本三姉妹を真似て、雛祭りにもお花見にもぴったりな、おいなりさんと筑前煮、ブロッコリーとオクラのナムル風inお重を作ります。

身近なようで初手作りなおいなりさん

まずはおいなりさん。これは子どものころから慣れ親しんだメニューで、今も時々お店で買ったりします。しかし……よく考えてみると、わたくしのこれまでの人生、おいなりさんは誰かが作ってくれるもの、または買うもので、自分で作ったことがない! こんなに身近な食べ物なのに、我ながら意外でしたが、おいなりさんに初挑戦です。

今回作ったのは、小さめのおいなりさん30個。油揚げ15枚にお米を3合という割合です。油揚げは、開きやすいように綿棒で表面をゴロゴロしてから半分に切り、開いて袋にします。鍋にお湯を沸かして油揚げをどさっと入れ、2、3分茹でて油抜きします。ざるにあけてある程度冷めたら、手でぎゅっと押して水けを切ります。鍋に出汁、しょうゆ、砂糖を入れ、なるべく均等に味がしみるように油揚げを並べます。落としぶたをして10分ほど煮て、鍋ごとしばらく冷まします。

3li5_1
美味しく煮あがりました。

酢飯を作ります。お米を研いで水と昆布を入れ、やや固めに炊きます。炊き上がったら熱いうちに酢、砂糖、塩を合わせたすし酢をざざっとかけ、しゃもじで切るように全体を混ぜ、うちわでパタパタあおいで冷まします。ここにあかりさんにならって、具を加えます。レンコンを薄いいちょうに切り、酢と塩少々を加えたお湯でしゃきしゃきに茹でたもの、タマゴのそぼろ、そしてゴマ。

3li10
すし桶がちょっと大きすぎですが。

もう1種類はわさびの葉漬けを刻んだもの。

3li17
大人向けのわさび入り

これらを混ぜたご飯をおあげの数だけ均等に分け、俵型に軽く丸めておきます。こうするとおあげに詰めやすいし、食べる時に崩れにくくなります。丸めたご飯をしっかりおあげの奥まで詰めれば、おいなりさんの完成です。今回は食べる時に分かりやすいように、わさび入りバージョンはおあげを裏返しにしました。これをお重に並べ、しょうがの甘酢漬けを添えます。

3lion20
いちど丸めてからおあげに詰めます。

筑前煮とブロッコリーとオクラのナムル風

もう1段のお重には、これまたあかりさんにならって筑前煮(【映画の料理作ってみたらvol.14】『海よりもまだ深く』の回をご参照ください)と、ブロッコリーとオクラを茹でてごま油と塩で和えたナムル風を詰めました。メニュー自体はどれもそんなに凝ったものではないのですが、人参を梅の花の形にするなどちょっとひな祭りチックにしてみたせいか、はたまた非日常なお重に詰めたせいか、ヤケに立派なものが出来上がってしまいました。天気のいい日にこれ持って出かけたい! やたらテンションがあがります。

3li20_1
筑前煮とブロッコリーとオクラのナムル風

はまぐりのお吸い物

おひな祭りなので、はまぐりのお吸い物も作ります。鍋に水と昆布、砂抜きして洗ったはまぐりを入れて中火にかけます。沸騰直前に昆布を取り出し、貝の口が開いたら酒と塩で味を調え、春らしく茹でた菜の花を飾って出来上がり。

3li21
はまぐりのお吸い物

白玉のシロップがけ

これだけで十分幸せな気分になるのですが、おひな祭りスペシャル! 川本家がお祭りで売る白玉のシロップがけも作っちゃいましょう。白玉粉200gをボウルに入れ、水160ccをちょっとずつ加えて練り、生地がまとまったら手で棒状に伸ばし、1口サイズに指でちぎって丸め、沸騰したお湯に入れて2、3分。浮いてきたらさらに1分茹で、氷水にとって身をしめます。

3li22
すぐに出来る白玉(右上)。そして1時間半茹でるタピオカ(右下)

シロップは、梅シロップと、こってりと甘いミルクティーの2種類。さらにここに、ハイカラにも(おじいちゃん談)ブラックパールタピオカを加えるのが川本家流です。わたくし今回初めて大粒の乾燥タピオカというものを使ったのですが、調理法を見てびっくり。茹で時間がなんと、1時間半なのです! 煮込み料理かっ。白玉ならすぐできる、と思ったのは大間違いでした。でもこれが不思議な食感で、白玉のもちもちといいコンビになります。

3li13
白玉の梅シロップがけと、ミルクティーがけ。

放課後将棋科学部で作るラムネ

さらに。もうこうなったらヤケクソです。『3月のライオン』映画化記念スペシャル! 映画には出てこないけど原作に登場するラムネを手作りしてみます。原作では、高校に入学したものの友だちが1人もできない零が、放課後将棋科学部、通称将科部(人数合わせのために将棋部と科学部をむりやり合体させた)に入部することになります。そこで部長の野口先輩(高校生なのに髭なんぞ生やして限りなく野口英世に近い)が作ってくれるのが、ラムネなのです。

ラムネもおなじみのお菓子ですが、何でできてるの? と聞かれると、わからない。口の中でさっと溶けるあの粉っぽいものは何なのかも、どうやって作るのかも、これまで全然知りませんでした。野口先輩が「まずは細かくくだいたブドウ糖をよくふるいにかけます」と言っているので、ブドウ糖を買ってまいりました。これを細かくくだくのね。

3li38_2
ビーカーで作ると俄然実験な感じ。ガンコなブドウ糖には要注意です。

しかし。敵は固い。想像以上の固さです。すり鉢でガシガシやってみましたが、すりこぎ棒に当たった塊が吹っ飛んでいくだけで、まったくくだけない。仕方なくミルで挽く作戦に出ましたが、これも固すぎてすぐに刃がダメになりそう。粉末のブドウ糖が手に入らなければ、粉砂糖を使ったほうが無難なようです。ビーカー(なつかしい! なければ器は何でも可)に片栗粉2gと水7㏄、クエン酸の粉末少々を入れて混ぜ合わせ、少々加熱します。粉末のブドウ糖または粉砂糖30gを少しずつ加え、手でギュッギュッともみます。まとまったら、あっさりとラムネの出来上がり。ええーっこれだけ? と思ってちょっと食べてみると、この甘さとクエン酸の酸っぱさ、ほろっと崩れる感じは、まさしくラムネです。これを棒状に伸ばして小さく切り分け、乾燥させれば、さらにラムネ感がアップ。重曹加えるとシュワシュワにもなります。

3li40
放課後将棋科学部風ラムネ。マンゴー&ストロベリー・バージョン。

せっかくなら市販のラムネのようにいろんな色もつけたい。食紅で色をつける方法もありますが、色だけでなく味にも変化をつけたいので、製菓用のストロベリーとマンゴーのパウダーを用意しました。緑にはメロンリキュールを使います。それぞれを白いラムネの生地に混ぜ、小さく切り分けて乾燥させれば、ピンクと黄色、緑のカラー・ラムネの完成です。かわいい! 美味しい! 色も味のバリエーションも、大満足の出来でした。

3li34
グラスに入れればおしゃれなお菓子みたい!

今回はつい、あれもこれもと欲張ってしまいました。川本三姉妹の食べ物への情熱につられたのでしょうか。おいなりさんも白玉もラムネも、どれもありふれたものですが、自分の手で作ってみるのはとても楽しく心躍る作業でした(ブドウ糖粉砕作業は除く)。厳しい将棋の世界でストイックに生きている零も、こんな料理や人々に囲まれて忘れていた温かさに触れ、そして成長していったのかな、と思ったのでした。

3li15
川本家のおいしいもの全部盛り

【川本家のおいしいものレシピ】
《おいなりさん》
油揚げ/出汁、醤油、砂糖 酢飯/米、昆布、水、酢、砂糖、塩 具材/レンコン、卵、ごま、わさび葉漬
甘酢漬けしょうが
《筑前煮》(【映画の料理作ってみたらvol.14】『海よりもまだ深く』の回参照)
《ブロッコリーとオクラのナムル風》ブロッコリー、オクラ、ごま油、塩
《白玉のシロップがけ》白玉粉、水、ブラックパールタピオカ/梅シロップ/ミルクティー
《手作りラムネ》ブドウ糖(粉末のもの!)または粉砂糖、片栗粉、クエン酸、水
重曹、ストロベリーパウダー、マンゴーパウダー(または食紅)などお好みで
《映画っぽい雰囲気を盛り上げる小道具》
お重、風呂敷、将棋の盤と駒、川沿いの部屋、下町の古い一軒家、ビーカー、白衣、理科室

 

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)

シリーズ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。