PとJK WEBメイン

(C) 2017 「PとJK」製作委員会

3月25日より公開される映画『PとJK』は、亀梨和也×土屋太鳳による、警察官(POLICE)と女子高生(JK)の秘密の結婚生活を描くラブストーリー。三次マキ原作のコミックを『オオカミ少女と黒王子』(2016年)などの廣木隆一監督が実写化しました。ある日出会った真面目な警察官・功太と恋愛初心者のカコは惹かれ合うも、功太は“職務上、軽々しく付き合えない“と気持ちを自制。しかし、カコの一途な想いを知り、ついに結婚を決意。誰にも内緒の新婚生活を始めた2人でしたが、ある大事件が発生して……。

警察官と女子高生が結婚、とは斬新な設定ですが、年齢や立場などのギャップを抱えた夫婦は、現実社会にも多数存在することでしょう。特に華やかな芸能界には、多少のギャップはあれど、ラブラブの生活を謳歌する夫婦がたくさんいますよね。今回はちょっと意外な組み合わせに思われる芸能人夫妻を取り上げます。

異職種だからこそ惹かれ合う?

元競泳選手の北島康介は、元girl next doorのボーカル・千紗とお互い現役時代の2013年に結婚。競泳選手と歌手、「どこで出会ったんだろう?」とちょっと不思議に思える組み合わせですが、二人は知人を介して知り合ったようです。「チョー気持ちいい」「何も言えねぇ」の名言を残した北島の、プロポーズの言葉が何だったのかも気になりますね!

FUJIWARAの藤本敏史&木下優樹菜、品川庄司の庄司智春&藤本美貴など、お笑い芸人とモデルやアイドルの結婚も大きな話題を呼ぶもの。今年で結婚12年目に突入した藤井隆&乙葉には、意外なプロポーズ秘話もあります。結婚を意識した当時、「1年経ってお互い気持ちが変わっていなければ」と、時間を置いた2人。そして1年後、「僕は(気持ちが)変わってしまいました」と藤井に告げられショックを受ける乙葉に、「僕は一年前よりもっと、好きになってしまいました」との一言! なんともお茶目でロマンチックですね。

うーんと年上・年下でも気にしない!

芸能界にはよくみられる年の差婚ですが、ここ数年で世間を驚かせたのは、加藤茶と綾菜との45歳差婚でしょうか。32歳差婚を成し遂げたラサール石井もなかなかスゴイ! 前妻との離婚後に婚活を始め、当時24歳の女子大生とゴールインしました。女性が年上のパターンでは、磯野貴理子の24歳差婚が記憶に新しいですね。お相手とは共同でバーを経営。2014年に脳梗塞に倒れた際は、夫による早期の発見と付き添いのおかげで難を逃れることができたそうです。ただし緊急搬送される際、隊員が夫に「お母さまですか?」と言って貴理子がショックを受けた、という一コマもあったよう。

凸凹感が目を引く仲良し夫婦

身長差が大きい夫婦は、パッと目を引きやすいですね。俳優の濱田岳&モデルの小泉深雪は、奥さんの方が19㎝高い“逆身長差カップル”といわれています。飲み屋で偶然居合わせたのが最初の出会いで、シャイな濱田は小泉の連絡先を聞きたいのに切り出せず、5、6回“リバース”するまで飲んで、翌朝ようやく聞き出せたのだとか。彼のそんな誠実な人柄も小泉のハートを射止めた理由の一つかもしれません。

いつのまに!? あの人が国際結婚

ボクサーの亀田三兄弟の三男・和毅は2015年に3歳上のメキシコ人女性と結婚。アマチュア時代に修行した現地で出会い、9年間交際したそう。これまで何人かの俳優と噂されていた女優の佐藤江梨子も、2015年にブラジル人の一般人男性と結婚、同年に出産。シンガーソングライターの広瀬香美は、大沢たかおと協議離婚後、2008年に米国人の会社員と再婚。皆さんいつのまにか海を越えて、素敵な伴侶とめぐり逢っていたんですね。

何かしらギャップがあっても、愛があれば無問題。それに、お互いに違う個性をもつからこそ、強く惹かれ合うのかもしれませんね。

(文/藤岡千夏@H14)

<作品情報>
『PとJK』 3月25日(土)全国ロードショー!
(C) 2017 「PとJK」製作委員会