『3月のライオン』【前編】3月18日(土) 【後編】4月22日(土) 2部作連続・全国ロードショー
(C)2017映画「3月のライオン」製作委員会

「神木隆之介のドキュメンタリーを撮るつもりで」大友啓史監督が明かす『3月のライオン』

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=高村尚/Avanti Press

史上5人目の中学生プロ棋士となった高校生・桐山零の成長を描く、羽海野チカのベストセラーコミックの実写映画化『3月のライオン』。9歳のときに家族を事故で失い、自分の居場所を確保するために、父の友人であったプロ棋士・幸田の家に内弟子に入る。が、同様にプロを目指す幸田家の姉弟と激しくぶつかり、家を出る。生きる術は将棋のみと幼いころから棋譜を読み続けてきた零を、天才子役の名を欲しいままにした神木隆之介が演じる。このシンクロニシティは、大友啓史監督が意図的に作り出したものだという。コミックとはまた異なる魅力を持つ本作の秘密と、神木との仕事について、大友監督に聞く。

ファンタスティックな『3月のライオン』を実写化するには

Q.ハードなテーマを描きつつも、絵のタッチやストーリー運び、ギャグの入れ方などファンタスティックな部分も多い漫画原作の実写映画化にあたり、気を配った部分は?

原作を初めて読んだときは、心から感動しました。ですが、漫画ならではのポップでキュートな演出や登場人物たちをそのまま実写にしたら成立しない、と冷静に思いましたね。二次元と実写では、お客さんが望むことも感じることもそもそも違うはず。優しさということの表現ひとつにしても、「人が簡単に優しい気持ちに辿り着けるのであれば、世の中こんなことになってないよな」というシニカルな思考が、そもそも自分の中にあるわけです。「世の中もっと傷ついている人いるよね」「もっとその痛みって鮮烈だよね」と。原作を読んで感じたのは、むしろ原作に書かれてあることを、実写では、より痛みとか厳しさが伝わるようにちゃんと届けなきゃいけない。登場人物たちが感じている痛みや辛さを、しっかり観ている人に伝えたいという思いがありました。

Q.天才に対する相対し方が厳しい昨今。少し前ならある種の才能があれば許されたことにも、今の時代は少しの隙も許さず、攻め込む不寛容さを感じます。この映画の人間関係も同様の不寛容さで成立していると感じる部分がありました。

外から見ると17歳の“天才将棋少年”。でも“天才”って確実に欠けた人で、欠けている分、能力を一つのことに注ぎ込めるわけです。一方、“天才”ではない香子や歩は、思春期になるとゲームや携帯電話を買ってもらえたことを素直に喜んじゃう。でも零には将棋しかできないので、それでは喜べない。彼がどういうきっかけで将棋に向き合っているかという経緯を考えると、本当に将棋しかないんですよね、彼の場合。ある意味、落ちこぼれ。だから小さい頃から「将棋ばか」といじめられてきた。将棋だけやって、ずっと棋譜にしがみついている人間に比べたら、いじめている方が生きていくのには楽ですよね、きっと。周りは天才というけれど、本人にはそんな気はないでしょう。天才と皆が勝手に持ち上げますが、何か失敗したらあっという間に引きずり下ろされる。メディアだけじゃなくて全てがそういう思考。そういう環境に押しつぶされそうになりながら、今の時代、不器用な“天才”たちは必死に闘っているんだと思います。金メダリストとか優秀なアスリートも然り、例外ではありませんよね。若くしてメダルを取り、持ち上げられ、場合によっては勘違いさせられる。普通はメディアも含めて心配するんです、大人がね。あまり持ち上げちゃいけないとか、しっかり練習できるコンディションを邪魔しないようにしよう、とか。節度を持ってしかるべきなのに、今はそういうタガがない。教育と商売すらごっちゃになって、線引きがない。ネットが普及してから急速に拡大した考え方だと思います。批評的な視点を持って生きるのは大変だし、あまりいいことないんですが、何かを作るときに大事なのは批評性なのかもしれません。例えば、映画を作る際も題材に対する批評性や、社会に対する批評性など。でも、それを声高に取り入れたいわけではなく、そういうスタンスで取り組んでいるかどうかということ。どういうスタンスなのかは、スクリーンから立ち現われてくればいいのだと思います。

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)