取材・文=新田理恵/Avanti Press

1991年に公開された台湾映画『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』は、世界の映画人や映画ファンに影響を与える“衝撃”だった。台湾ニューウェイブを代表する存在であり、2007年に59歳という若さで亡くなったエドワード・ヤン監督の最高傑作と言われる本作。3時間を超える長尺でありながら、一切無駄のない映像、音、人物の表情で観客を引き込み、一人の少年とその家族という小さな世界を通して、物語の背景にある台湾全体の“気分”までも味わわせてしまう、まさに誇張なしに「傑作」と呼べる一本だ。

そんな『牯嶺街~』が四半世紀を経て、現在リバイバル上映されている。主役を演じたのは、撮影当時14歳だった張震(チャン・チェン)。アジア映画ファンでなくとも、サントリーウーロン茶のCMや『レッドクリフ』シリーズでご存じの方も多いかもしれない。今回、デジタルリマスター版公開にあわせて来日したチャン・チェンに、自身の俳優人生の原点となった『牯嶺街少年殺人事件』について、そして彼を映画の道に導いたエドワード・ヤンの凄さについて語ってもらった。

俳優を続けることを運命づけたシーン

main3

『牯嶺街少年殺人事件』(c)1991 Kailidoscope

『牯嶺街少年殺人事件』の舞台は1960年代の台湾。チャン・チェン演じる少年・小四(シャオスー)の家族は、1949年の中華人民共和国成立の前後に、共産党に敗れた国民党とともに大陸から台湾に渡った「外省人」だ。大陸へ帰ることを夢見ながら、台湾での厳しい暮らし向きと、叶えられない大陸へ帰るという夢の間で焦燥感を募らせる大人たち。親世代の不安を感じ取り、小四ら少年たちも徒党を組んで脆い心を懸命に守っている。そんな小四の心の闇が、やがて悲惨な事件に発展していくのだが……。エドワード・ヤンはこの小四という難しい役柄に、演技経験がほとんどなかったチャンを大抜擢。彼は大役を見事に果たしてみせた。

*       *

Q.小四は非常に複雑な心理状態を抱えた少年です。エドワード・ヤン監督は、どうやってあなたをあの役に入らせたのでしょうか?

チャン・チェン(以下、チャン):『牯嶺街少年殺人事件』にとっては、ヤン監督自身が一番のロードマップのような存在でした。なので、基本的なお芝居の訓練をした後は、シーンに合わせていろいろ違う方法で監督の演出を受けるという感じでした。

Q.本作は、1961年に実際に台北で起きた少年によるガールフレンド殺人事件をモチーフにしています。撮影当時14歳だったあなたにとって、人を殺める心理を理解するというのは難しく、ある意味残酷な作業だったのではないでしょうか? 

チャン:実はあまりいろいろ考えていませんでした。もちろん殺人者の心理を理解するのは難しいことですが、小明(シャオミン)を刺すシーンを撮ったのは、もう数ヵ月も撮影をした後だったので、僕は既に自分と小四(シャオスー)の境界がわからなくなっていました。あの場面はすごく印象に残っていて、その後僕が俳優を続けていくことになるきっかけになった大事な芝居でもあります。あの時、あの少年は僕ではなかった。でも同時に僕だったのです。その感覚がとても面白くて、自分自身「役になれた」と感じました。

性格が変わるほどのインパクトだった小四役

sub6

『牯嶺街少年殺人事件』(c)1991 Kailidoscope

Q.『牯嶺街~』に出演して性格が変わったと聞いたのですが、本当ですか?

チャン:本当です。出演前は活発だったのに、小四の影響で無口で内向的になりました。今はもうお芝居と現実をしっかり分けられるようになりましたが、 『牯嶺街~』は初めてだったので。

Q.フィルモグラフィを拝見すると、内面を表情で表現していくような作品が多いですよね。その後の作品選びに『牯嶺街~』出演の影響はあったと思いますか?

チャン:多かれ少なかれありますね。たぶん、ホウ・シャオシェン監督の影響も受けていると思いますが。でも、僕自身そういうお芝居が好きなんだと思います。

Q.俳優として最初に演技指導を受けたのがヤン監督だったということは、その後のお芝居のやり方に何かしら影響を与えていますか?

チャン:芝居のやり方への影響というより、演技のトレーニングの機会を与えてもらって、俳優としていいスタートを切ることができたなと感じています。

そうそうたる監督の作品でキャリアを重ね

チャン・チェンのキャリアは眩いばかり。名匠エドワード・ヤンの作品で演技開眼するという幸せな役者人生のスタートをきった後は、『ブエノスアイレス』でウォン・カーウァイ、『グリーン・デスティニー』でアン・リー、『百年恋歌』でホウ・シャオシェン、『レッドクリフ』でジョン・ウーと中華圏の名だたる監督たちに起用され、今や台湾を代表する俳優に成長。また、韓国のキム・ギドク(『ブレス』)、日本の行定勲(『遠くの空に消えた』)など海外の監督の作品にもフットワーク軽く出演し、今年2月のベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品されたSABU監督の『ミスター・ロン』(2017年公開予定)にも主演している。

*       *

Q.そうそうたる映画監督たちとお仕事をされていますが、エドワード・ヤンが唯一無二だったところは何だと思いますか?

チャン:「自信」だと思います。ヤン監督は一人一人の人物像を非常に明確に把握して、自信を持って演出していました。それはつまり、ヤン監督が築き上げた人物像を俳優がしっかり理解していないと、監督の要求を満たすことができないということでもあります。『牯嶺街~』では、登場する若者たちが虚勢を張ったような汚いスラングを使います。これについても監督には解釈がありました。1960年代当時の台湾は、今よりもっとモノがなかった時代であって、脆い人間は自分を大きく見せることで何かを保たなければいけなかった。その姿というのが、まさにこの映画で描いている(徒党を組んで抗争する)若者たちのようだったんです。僕たちに演技指導をするとき、ヤン監督がとても重視したのは、そんな時代の雰囲気を表現することでした。そういうところまで考えて演出していました。

とにかく皆に愛される!映画に対する謙虚な姿勢

sub6

チャン・チェン 撮影=伊藤さゆ

取材を行ったのは、東京で『牯嶺街~』舞台挨拶が行われた翌日。舞台挨拶では、公私ともに親交のある妻夫木聡が駆けつけ、チャンが日本アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞のお祝いにと『JAWS/ジョーズ』のサメのイラスト入りの海水パンツをプレゼントするという一幕も。それは最近、妻夫木がジョーズ柄の勝負パンツを穿いているという記事をインターネットで読んだからだそうで、チャンの細やかで優しい人柄がよくわかる。舞台挨拶で妻夫木も「すごく良い人」と絶賛していたが、映画監督や俳優をはじめ、チャンと交流のあった人の口から、彼の人柄に魅了されたという話を筆者は幾度となく耳にしたことがある。

Q.あなたを知る人はもちろん、中華圏の芸能ニュースを読んでいても、ネガティブな報道をほとんど見たことがありません。一体、どうすればそんなふうになれるのですか(笑)?

チャン:良い人ぶるのが得意なだけです(笑)。

Q.仕事の現場でスタッフや他の出演者らと接する時、人として気をつけていることはありますか?

チャン:ないですよ。実際、僕だって現場で怒ることがあります。でも、それは「事」に対してであって、「人」に怒ることはありません。自分も若い頃、スタッフをしていた経験があるので、映画を撮るということがどういうものかよくわかっています。俳優だけではなく、映画に関わるすべての人、すべてのプロセスがとても大切で、尊重されるべきだと思っています。だから、僕もみんなを尊重するし、もちろん僕自身もみんなから尊重されたい。怒ることがあるとしたら、よりスムーズに撮影を進めるためにやむを得ず、という場合ですね。

張震(チャン・チェン) 1976年10月14日、台北生まれ。エドワード・ヤンに見出され、『牯嶺街少年殺人事件』の主演に抜擢。続く同監督の『カップルズ』(96)、ウォン・カーウァイ監督の『ブエノスアイレス』(97)などに出演。兵役から復帰後は『グリーン・デスティニー』(00)、『2046』(04)、『レッドクリフ』シリーズ(08&09)、『グランド・マスター』(13)、『黒衣の刺客』(15)など、アジアを代表する監督たちから引く手あまたに。ティエン・チュアンチュアン監督の『呉清源 極みの棋譜』(06)では日本語を猛特訓し、昭和の囲碁界で天才と称された呉清源を演じている。
『牯嶺街少年殺人事件』
角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて大ヒットロードショー中!
監督:エドワード・ヤン
出演:チャン・チェン、リサ・ヤン、ワン・チーザン、クー・ユールン、エレイン・ジン
配給:ビターズ・エンド
(c)1991 Kailidoscope
※上映は、4Kレストア・デジタルリマスター原版から変換した2K上映となります。