これまで数々の映画で主演を務めてきた亀梨和也の最新作『PとJK』が、3月25日に公開されます。同作は意外にも亀梨としては初挑戦となる本格恋愛映画で、作中で亀梨は土屋太鳳演じるピュアな女子高生と“禁断の恋”に落ちる真面目な警察官を演じています。ジャニーズのセックスシンボルとも言えるほど普段から色気ムンムンの亀梨ですが、今回は“セクシー封印”で、まっすぐにひとりの女性を愛しぬく無骨な男性を好演しています。亀梨と土屋の新婚生活は女子の憧れが満載で……?

亀梨と土屋のラブラブ新婚生活

同映画は、累計260万部を突破した三次マキによる大ヒットコミック『PとJK』の実写化作品。P(=警察官)とJK(=女子高生)のドキドキの新婚生活が描かれます。

ひょんなことから年齢を偽り、合コンに参加することになってしまったヒロイン・歌子は、その合コンで真面目な警察官の功太と出会う。帰り道、いい感じになるふたりだったが、歌子が実は高校生であることを明かすと、真面目な警察官である功太の態度は一変。しかし、その後、功太のピンチを歌子が身を挺して救ったことで、功太の中で強い思いが芽吹き始める。警察官として女子高生と適当な付き合いをすることはできないと、思いきって結婚を決める功太。歌子は戸惑いながらもそれを受け入れ、ふたりのドキドキの新婚生活が始まる……。

ふたりのピュアでドキドキの新婚生活は、女の子なら一度は夢見たことがあるような胸キュンシチュエーション満載です。例えば、功太がいないのをいいことに、功太の警察官の制服に歌子がギューッと抱きつくシーン。部屋に戻ってきた功太に、制服に抱きついているところを見られてしまう歌子ですが、そんな歌子に功太は「中身がないのに抱きついてもしょうがねぇだろ? ほら来い」と、それまで歌子が抱きついていた制服を奪ってはおり、歌子を抱きしめます。

作中にはこんな胸キュンシチュエーションが次々に登場。無骨ながらも男らしく歌子をリードする功太の姿にキュンキュンすること間違いなしです。

亀梨が“セクシーを封印”!?

また、今回の見どころのひとつのも言えるのが、“セクシーを封印した亀梨”です。亀梨といえば、ジャニーズの中でもセクシーやスマートといったイメージを持たれがちですが、今回の役柄は、真面目で誠実でありながら、どこか一本気な部分も感じさせる男性です。

2月に行われた同作の完成披露パーティーでは今回の役について、常に出てしまいがちな自分のセクシーな部分が漏れ出ないように意識したと明かしていた亀梨。そういういった意味でも、今回の映画は亀梨にとって俳優としての新境地に挑んだ作品と言えるかもしれません。プロデューサーも「今回は“亀梨和也”が見せたことのない表情を見せてほしいということをお願いしました」と語る同作。功太を演じることで、どんな新しい表情が見られるのかも必見です。

亀梨のコスプレ姿も必見!

警察官役ということで、警官姿の亀梨をたっぷり堪能できることでもファンにはたまらない作品と言える同作ですが、さらに作中では警察官の他に、2種類の学生服を着用した亀梨も見ることができます。

功太は過去に辛い傷を負っている男性でもあるのですが、作中に出てくる回想シーンでは、亀梨が功太の高校生時代を熱演。現在30代の亀梨ですが、ちょっぴりチャラさを感じさせる学生服姿は、まだイケる……? また、歌子の高校の文化祭に訪れた際にも功太は無理やり学生服を着させられてしまします。コスプレ姿のままカコと校内デートをすることになる功太。茶髪のウィッグをかぶり学生服を纏った姿は、どこか「ごくせん」時代を思い返させます。

セクシーを封印した新たな一面の他、警察官や学生服と様々な格好をした亀梨も見ることができる同作。ファンにはたまらない作品になっていること間違いなしですね!

(文/木村彩乃@HEW)