文=増當竜也/Avanti Press

3月25日(土)からいよいよ超大作『キングコング:髑髏島の巨神』が日本公開されるが、その前に今までどのようなコング映画が作られてきたか、ざっとおさらいしてみよう。

コング映画の原点、RKO製作『キング・コング』

『キング・コング』(1933)
発売元:アイ・ヴィ-・シ-
価格:Blu-ray¥4,800 DVD¥3,800(税抜)

まずコング映画の原点といえば、人形を一コマずつ動かしながら撮影するストップモーション・アニメ方式で制作されたRKO製作の『キング・コング』(1933年)だ。しかし、本作が発表される以前の無声映画時代からモンスター映画はコツコツ作られていた。『恐竜ガーティ』(1914年/アニメ映画)や『恐竜とミッシングリンク』(1915年/ストップモーションアニメ)などはその代表といえるだろう。その後、アーサー・コナン・ドイルの秘境SF小説『失われた世界』を原作とする『ロスト・ワールド』(1925年)が製作され、その中で恐竜たちをストップモーション・アニメで描いて脚光を浴びたのが、特撮クリエイターのウィリス・オブライエンだった。そして、彼が続いて着手したのが『キング・コング』なのだ。

『キング・コング』が世界的に大ヒットしたことで、コングの息子が登場する続編『コングの復讐』(1933年)も作られたが、同時に多くの亜流作品も生んだ。日本でも、ホームレスの男が『キング・コング』の大ヒットに倣って自らコングの着ぐるみを被って一儲けしようとする喜劇映画『和製キング・コング』(1933年)が作られており、批評も上々。1938年には『江戸に現れたキングコング』なる時代劇も作られている。

キング・コングとゴジラの出会い

『キングコング対ゴジラ <東宝DVD名作セレクション>』

『キングコング対ゴジラ <東宝DVD名作セレクション>』
DVD発売中 ¥2,500+税 発売・販売元:東宝

ウィリス・オブライエンは『キング・コング』の後、1949年にコングの親戚筋とでもいうべき『猿人ジョー・ヤング』の特撮を担当して、アカデミー賞視覚効果賞を受賞。やがて彼は、フランケンシュタイン博士が創造した怪物とコングが戦う『キングコング対フランケンシュタイン』を構想するが、これを持ち込まれたRKOは『キングコング対プロメテウス』と勝手に書き換えた企画でコングの使用権を世界セールスし、その結果として日本映画『キングコング対ゴジラ』(1962年)が誕生した。

円谷英二特技監督は『キング・コング』に感動して特撮の道を志しただけあって、意欲を持ってこの企画に取り組み、1967年には姉妹編『キングコングの逆襲』にも着手。ここではコングのロボット版たる“メカニコング”も登場する(ちなみに日米合作で製作され、全米では1966年から、日本では1967年に放送されたTVアニメ・シリーズ『キングコング』で、既にロボットコングが御目見えしている)。

キング・コングを殺したのは誰?

『キングコング(1976)』
DVD:¥1,429+税 Blu-ray:¥1,886+税
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
※2017年3月24日現在の情報です

70年代に入り、イタリアの大プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティスがリメイク版『キングコング』(1976年)を製作した。こちらは実物大のロボットや着ぐるみなどの特撮技術を駆使した超大作。監督のジョン・ギラーミンはオリジナル版を気に入っておらず、「前作は『美女が野獣を殺した』という結末だったが、美女は決して野獣を殺さない。だから私の映画は美女と野獣のラブストーリーだ』と宣言し、美女ではなく文明がコングを殺したという設定に作り替えた。またこの作品のクライマックスは、オリジナル版のエンパイア・ステートビルディングではなく、9.11で崩壊した世界貿易センタービルを舞台に置き換えている。

この時期、オリジナル版の時と同様、多数の模倣映画が各国で製作。その中でも香港映画『北京原人の逆襲』(1977年)は日本から特撮チームが招かれて作られ、クエンティン・タランティーノ監督も大のお気に入りという隠れた逸品だ。また『クイーン・コング』(1976年)なる珍品もカルト映画としてマニアの間では知られている。

1986年には『キングコング2』がギラーミン監督のメガホンで製作。こちらもコングの息子が生まれるお話であった。また1998年には『猿人ジョーヤング』のリメイク『マイティ・ジョー』も発表された。

原点回帰後、さらなるエンタメを追求するキング・コング

『キング・コング』

『キング・コング』
DVD:¥1,429+税 Blu-ray:¥1,886+税
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C) 2005 Universal Studios and MFPV Film GmbH. All Rights Reserved.
※2017年3月24日現在の情報です

2005年にはオリジナル版を愛し、ギラーミン版を否定するピーター・ジャクソン監督が『キング・コング』を発表。最新CG技術を駆使し、クライマックスもエンパイア・ステートビルディングに戻すなど、時代設定から何までオリジナル版をリスペクトした超ド級大作であった。

そして公開が控える最新作『キングコング:髑髏島の巨神』は、これまでのコング映画の要素を意識しつつ、ヴェトナム戦争の時代を舞台に据えた斬新なエンタメ快作となっている。『ゴジラVSコング(原題)/Godzilla vs. Kong』も2020年公開を目指して製作が発表された。コング映画のお楽しみは、まだまだこれからも続くのだ。

『キングコング:髑髏島の巨神』
3月25日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか、全国でロードショー
(c)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED